トーエルと戸田化学工業が「放射性物質を含有する汚染水の浄化方法及び浄化装置」に関する記者会見を実施

[ 2011/12/12 ]


2011年12月7日、株式会社トーエル戸田工業株式会社は、より安全・安心な飲料水ご提供への取り組みについてとして、「放射性物質を含有する汚染水の浄化方法及び浄化装置」に関する記者会見を行った。
(参考:東京電力 福島第一原発5、6号機滞留水の浄化後の使用を発表

トーエル

image from トーエル

放射性物質を含有する汚染水の浄化方法及び浄化装置」は、 2011年9月12日に特許庁に両社が特許出願したものであり、放射性物質に汚染された水を早急に、しかも安価に浄化できるシステムを提供するものとなっている。

現在も、福島第一原発の影響により食品や飲料水などの不安感を拭いさることができないでいる。事故はまだ収束したといいきれる状況ではなく、首都圏各地でホットスポットが次々と発見されている状況であり、食品の放射物質の汚染のニュースも絶えることがない。そして、原発事故が発生した場合、最も問題となるのは汚染された水をいかにして短時間で、しかも安価に除染するかという点である。

現在、放射性物質で汚染された水を除染するために使用されているゼオライト RO膜等は完全にその条件を満たすとはいいがたいものがある。

今回、両社が特許出願した放射性物質の吸着速度において既存物質を大きく上回るハスクレイ・シリーズ「ARE」を吸着材として使用した放射性物質汚染水の浄化システム、および装置になっている。ハスクレイ・シリーズ「ARE」は、産業技術総合研究所で開発された調湿剤をベースに、戸田工業株式会社と産業技術総合研究所が放射性物質吸着材として改良したものである。

従来の飲料水製造に同装置を使用することで、より安全で早急な除染が可能となる。また、メンテナンス費用の高いRO膜など劣化を防止できるので費用面でのメリットも大きなものとなる。もちろん、飲料水だけではなく家畜飲料水・灌漑水・植物工場水耕液等への利用も可能となっている。放射性物質吸着後は、AREをガラス固化することで、完全に放射性物質を閉じ込め処理することが可能となっている。


関連する記事

アーカイブス

赤穂化成 海洋深層水で幻の魚「サツキマス」を養殖、販売へ

赤穂化成 海洋深層水で幻の魚「サツキマス」を養殖、2020年9月より販売へ (参照:赤穂化成(株) 手軽にマグ [&he・・・

記事全文

渋谷駅 地下雨水貯留施設供用開始へ 再開発で整備

渋谷駅東口 地下雨水貯留施設供用開始へ 再開発で整備 (参照:大阪府 治水用の地下神殿「寝屋川北部地下河川讃良 [&he・・・

記事全文

宇都宮市 田んぼダム普及で水害に強い街づくりを目指す

宇都宮市 田んぼダム普及で水害に強い街へ 目標雨水貯留量を達成 (参照: 農研機構 農業用水路の流水熱をヒート [&he・・・

記事全文

福島県郡山地方消防本部 水難救助隊に水上バイクを導入

福島県郡山地方消防本部 水難救助隊に水上バイクを導入、配置式と訓練を行なう (参照: (株)セキド 水中スクー [&he・・・

記事全文

静岡県富士山世界遺産センター 富士山の湧水についての秘密に迫る企画展スタート

静岡県富士山世界遺産センター 企画展「富士山の湧水―その道のりと歴史」10/4まで (参照:(一社)海洋連盟  [&he・・・

記事全文

近畿地方整備局 天ヶ瀬ダムのトンネル工事完了で国内最大級の放流設備へ

近畿地方整備局 天ヶ瀬ダムのトンネル貫通、国内最大級の放流設備が完成へ (参照:国土交通省 ダム貯水の事前放流 [&he・・・

記事全文

(株)JR東日本ウォータービジネス From AQUA 天然水ゼリー好調により緊急増産

(株)JR東日本ウォータービジネス 天然水ゼリーの出荷実績好調、緊急増産を決定 (参照:無印良品 「自分で詰め [&he・・・

記事全文

クボタ機工(株) 排水機場河川ポンプのサビ点検をAIで検知するツールを開発

クボタ機工(株) 排水機場河川ポンプのサビ点検、AI検知ツールで効率化へ (参照:)[ 2020/09/28 ]

記事全文

国土交通省 下水処理場を広域管理できる監視システム 本格検討へ

国土交通省 下水処理場を広域管理できる監視システム検討 省力化へ (参照:国土交通省 下水処理場を広域管理でき [&he・・・

記事全文

キリンビバレッジ(株) 年内で「ボルヴィック」の国内販売終了を決定

キリンビバレッジ(株) 2020年末で「ボルヴィック」の国内販売を終了 (参照:無印良品 「自分で詰める水のボ [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR