トーエルと戸田化学工業が「放射性物質を含有する汚染水の浄化方法及び浄化装置」に関する記者会見を実施

[ 2011/12/12 ]


2011年12月7日、株式会社トーエル戸田工業株式会社は、より安全・安心な飲料水ご提供への取り組みについてとして、「放射性物質を含有する汚染水の浄化方法及び浄化装置」に関する記者会見を行った。
(参考:東京電力 福島第一原発5、6号機滞留水の浄化後の使用を発表

トーエル

image from トーエル

放射性物質を含有する汚染水の浄化方法及び浄化装置」は、 2011年9月12日に特許庁に両社が特許出願したものであり、放射性物質に汚染された水を早急に、しかも安価に浄化できるシステムを提供するものとなっている。

現在も、福島第一原発の影響により食品や飲料水などの不安感を拭いさることができないでいる。事故はまだ収束したといいきれる状況ではなく、首都圏各地でホットスポットが次々と発見されている状況であり、食品の放射物質の汚染のニュースも絶えることがない。そして、原発事故が発生した場合、最も問題となるのは汚染された水をいかにして短時間で、しかも安価に除染するかという点である。

現在、放射性物質で汚染された水を除染するために使用されているゼオライト RO膜等は完全にその条件を満たすとはいいがたいものがある。

今回、両社が特許出願した放射性物質の吸着速度において既存物質を大きく上回るハスクレイ・シリーズ「ARE」を吸着材として使用した放射性物質汚染水の浄化システム、および装置になっている。ハスクレイ・シリーズ「ARE」は、産業技術総合研究所で開発された調湿剤をベースに、戸田工業株式会社と産業技術総合研究所が放射性物質吸着材として改良したものである。

従来の飲料水製造に同装置を使用することで、より安全で早急な除染が可能となる。また、メンテナンス費用の高いRO膜など劣化を防止できるので費用面でのメリットも大きなものとなる。もちろん、飲料水だけではなく家畜飲料水・灌漑水・植物工場水耕液等への利用も可能となっている。放射性物質吸着後は、AREをガラス固化することで、完全に放射性物質を閉じ込め処理することが可能となっている。


関連する記事

アーカイブス

株式会社オーミヤ 木製や大理石製に見える排水管「空間のP」「空間のS」発売

株式会社オーミヤ 空間になじむ排水管「空間のP」「空間のS」発売 (参照:株式会社AQUA JACKET 「捨 [&he・・・

記事全文

米Flo Technologies社 家庭の水漏れをAIで管理する商品を開発

アメリカ Flo Technologies社 家庭の水漏れをAIで管理、異常を警告する商品を発表 (参照:マク [&he・・・

記事全文

山口大と大起理化工業共同開発 地下水の流速と流向を紙で測定

山口大と大起理化工業 「紙」を使った地下水の流速と流向の新測定法を共同開発 (参照:魚津埋没林博物館 地下水に [&he・・・

記事全文

JTB、ソラシドエアほか 宮崎活性のためのインフラツーリズムを本格推進

JTB、ソラシドエアほか 宮崎県活性に向けインフラツーリズムを本格推進する方針 (参照:長野県 茅野市の農業水 [&he・・・

記事全文

日本ミネラルウォーター協会 統計資料、ミネラルウォーター生産山梨トップを更新

2019年3月22日 日本ミネラルウォーター協会が統計資料を更新、山梨がミネラルウォーター生産トップ更新 (参 [&he・・・

記事全文

P&G 「子どもたちのための安全な飲み水」プログラムにて新規目標を設定

P&G 「子どもたちのための安全な飲み水」プログラムの目標達成、新規目標を再設定 (参照:双葉地方水 [&he・・・

記事全文

株式会社デンソー 工場見学コースに浄化施設見学コースを新設

株式会社デンソー 工場見学のコースに団体見学者向けの浄化施設見学コースを新設 (参照:長野県 茅野市の農業水利 [&he・・・

記事全文

株式会社矢野経済研究所 ミネラルウォーターや宅配水市場に関する調査の結果を公開

株式会社矢野経済研究所 宅配水ほか水市場に関する調査の結果を公開 (参照:山梨県 ミネラルウォーター税導入検討 [&he・・・

記事全文

小山市 「土地改良施設カード」作成 農業水利施設への興味促す

小山市 「土地改良施設カード」作成&配布し、農業水利施設への興味促す (参照:長野県 茅野市の農業水利施設を利 [&he・・・

記事全文

(株)ディーゼル・ワークショップ 陸上型ドローン開発 地下水路の調査にも

(株)ディーゼル・ワークショップ 陸上型調査ドローン開発 地下水路の調査に活用 (参照:魚津埋没林博物館 地下 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR