トーエルと戸田化学工業が「放射性物質を含有する汚染水の浄化方法及び浄化装置」に関する記者会見を実施

[ 2011/12/12 ]


2011年12月7日、株式会社トーエル戸田工業株式会社は、より安全・安心な飲料水ご提供への取り組みについてとして、「放射性物質を含有する汚染水の浄化方法及び浄化装置」に関する記者会見を行った。
(参考:東京電力 福島第一原発5、6号機滞留水の浄化後の使用を発表

トーエル

image from トーエル

放射性物質を含有する汚染水の浄化方法及び浄化装置」は、 2011年9月12日に特許庁に両社が特許出願したものであり、放射性物質に汚染された水を早急に、しかも安価に浄化できるシステムを提供するものとなっている。

現在も、福島第一原発の影響により食品や飲料水などの不安感を拭いさることができないでいる。事故はまだ収束したといいきれる状況ではなく、首都圏各地でホットスポットが次々と発見されている状況であり、食品の放射物質の汚染のニュースも絶えることがない。そして、原発事故が発生した場合、最も問題となるのは汚染された水をいかにして短時間で、しかも安価に除染するかという点である。

現在、放射性物質で汚染された水を除染するために使用されているゼオライト RO膜等は完全にその条件を満たすとはいいがたいものがある。

今回、両社が特許出願した放射性物質の吸着速度において既存物質を大きく上回るハスクレイ・シリーズ「ARE」を吸着材として使用した放射性物質汚染水の浄化システム、および装置になっている。ハスクレイ・シリーズ「ARE」は、産業技術総合研究所で開発された調湿剤をベースに、戸田工業株式会社と産業技術総合研究所が放射性物質吸着材として改良したものである。

従来の飲料水製造に同装置を使用することで、より安全で早急な除染が可能となる。また、メンテナンス費用の高いRO膜など劣化を防止できるので費用面でのメリットも大きなものとなる。もちろん、飲料水だけではなく家畜飲料水・灌漑水・植物工場水耕液等への利用も可能となっている。放射性物質吸着後は、AREをガラス固化することで、完全に放射性物質を閉じ込め処理することが可能となっている。


関連する記事

アーカイブス

JR東海 リニアトンネル工事に伴う大井川水系流量問題で妥協案

JR東海、リニア新幹線南アルプストンネル静岡工区の大井川水系流量問題で妥協案 (参照:現代につながる江戸時代か [&he・・・

記事全文

アサヒ飲料、小学生向け出張「水育」授業~こどもSDGsスクール~

アサヒ飲料が小学生にSDGsの観点から「水育」の出張授業を行う (参照:アサヒ飲料、透明なのにカフェラテ?「ア [&he・・・

記事全文

国土交通省「ダムを見に行こう(秋号)」発刊

国土交通省は9月、平成25年6月以降第23回目となる「ダムを見に行こう(秋号)」を発刊した。 (参照:東北整備 [&he・・・

記事全文

滋賀 茨城ほか3県で「湖沼水環境保全に関する自治体連携」設立 世界湖沼会議で

滋賀県や茨城県を含む5県で水環境保全のため「湖沼水環境保全に関する自治体連携」を設立、世界湖沼会議で発表予定 [&he・・・

記事全文

長野原町役場、八ッ場ダム建設で消えゆく町の景色を動画とフリー素材で後世へ

長野原町役場、ジモフルやぱくたそと提携し、八ッ場ダム建設で消える町の姿を動画とフリー素材で後世へ残す (参照: [&he・・・

記事全文

JAXA、はやぶさ2「リュウグウ」にロボット投下を発表 水の存在を探る

JAXA、探査機はやぶさ2が小惑星「リュウグウ」に小型着陸機MASCOTを投下したことを発表。「リュウグウ」で [&he・・・

記事全文

ソニー、水中でも音楽が楽しめるワイヤレスイヤホン「WF-SP900」を発売

ソニーが水中でも音楽が楽しめる防水防じん機能搭載のワイヤレスイヤホンを「WF-SP900」10月27日に発売す [&he・・・

記事全文

全清飲、清涼飲料水の賞味期限表示を年月表示へ自主ガイドライン策定

2018年9月27日、全清飲が清涼飲料水の賞味期限表示を従来の年月日表示から年月表示へ切り替える自主ガイドライ [&he・・・

記事全文

現代につながる江戸時代からの上水

かつて世界最大の都市であった江戸から現代の東京に受け継がれている上水 (参照:東京都水道局、「東京水」のデザイ [&he・・・

記事全文

炭酸水・強炭酸の人気は定着化のきざし

炭酸水・強炭酸飲料は一過性のブームに留まらず、日常生活に溶け込みつつある。 (参照:サントリー食品インターナシ [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR