トーエルと戸田化学工業が「放射性物質を含有する汚染水の浄化方法及び浄化装置」に関する記者会見を実施

[ 2011/12/12 ]


2011年12月7日、株式会社トーエル戸田工業株式会社は、より安全・安心な飲料水ご提供への取り組みについてとして、「放射性物質を含有する汚染水の浄化方法及び浄化装置」に関する記者会見を行った。
(参考:東京電力 福島第一原発5、6号機滞留水の浄化後の使用を発表

トーエル

image from トーエル

放射性物質を含有する汚染水の浄化方法及び浄化装置」は、 2011年9月12日に特許庁に両社が特許出願したものであり、放射性物質に汚染された水を早急に、しかも安価に浄化できるシステムを提供するものとなっている。

現在も、福島第一原発の影響により食品や飲料水などの不安感を拭いさることができないでいる。事故はまだ収束したといいきれる状況ではなく、首都圏各地でホットスポットが次々と発見されている状況であり、食品の放射物質の汚染のニュースも絶えることがない。そして、原発事故が発生した場合、最も問題となるのは汚染された水をいかにして短時間で、しかも安価に除染するかという点である。

現在、放射性物質で汚染された水を除染するために使用されているゼオライト RO膜等は完全にその条件を満たすとはいいがたいものがある。

今回、両社が特許出願した放射性物質の吸着速度において既存物質を大きく上回るハスクレイ・シリーズ「ARE」を吸着材として使用した放射性物質汚染水の浄化システム、および装置になっている。ハスクレイ・シリーズ「ARE」は、産業技術総合研究所で開発された調湿剤をベースに、戸田工業株式会社と産業技術総合研究所が放射性物質吸着材として改良したものである。

従来の飲料水製造に同装置を使用することで、より安全で早急な除染が可能となる。また、メンテナンス費用の高いRO膜など劣化を防止できるので費用面でのメリットも大きなものとなる。もちろん、飲料水だけではなく家畜飲料水・灌漑水・植物工場水耕液等への利用も可能となっている。放射性物質吸着後は、AREをガラス固化することで、完全に放射性物質を閉じ込め処理することが可能となっている。


関連する記事

アーカイブス

花粉を水に変えるスーツが新登場。はるやま商事が「ハイドロ銀チタン®︎スーツ」発売。

業界初のスーツが登場。はるやま商事が服に付着する花粉の悩みをハイドロ銀チタン®︎で軽減する「ハイドロ銀チタン® [&he・・・

記事全文

スターバックスから透明スパークリングドリンク新発売

スターバックス、コーヒーチェリー(生豆を含む)由来のカフェインを配合した新しい透明スパークリングドリンクを発売 [&he・・・

記事全文

コーセー、髪と体に使える水を使わないドライシャンプーを発売

コーセー、髪と体に使える水を使わないスプレータイプの「ボタニカル ドライシャンプー」を発売。 (参照:プラスチ [&he・・・

記事全文

静岡・三島の源兵衛川が世界水遺産に登録。

静岡・三島の源兵衛川の水管理システムが世界水遺産に登録される。 (参照:郡上発!水出しコーヒープロジェクト始ま [&he・・・

記事全文

株式会社スカイディスク、水処理関連の工場にAI・loT導入に向け、関連企業を連携に踏み出す。

株式会社スカイディスクと中島工業株式会社が水処理向けAI・IoTサービス構築検討のため基本合意書を締結。 (参 [&he・・・

記事全文

トヨタとFuelCell Energy社、米国カリフォルニア州でバイオマスから水素・電気・水を生み出す「Tri-Gen」を建設。

トヨタがFuelCell Energy社と共同で、米国カリフォルニア州でバイオマスから水素・電気・水を生み出す [&he・・・

記事全文

(株)赤ちゃん本舗、「水99%Superシリーズ」で「第9回マザーズセレクション大賞2017」を受賞

2017年11月28日、株式会社赤ちゃん本舗は「水99%Superシリーズ」で「第9回マザーズセレクション大賞 [&he・・・

記事全文

プラスチックごみもCO2排出も減らせる、新発想の新しいシャンプー。『Twenty』

プラスチックごみもCO2排出も抑える環境に優しい、新発想の固形状シャンプー、「Twenty」 (参照:原料は、 [&he・・・

記事全文

福島第一原発、台風の影響でで汚染水1万トン。

福島第一原発、台風による降水量増加の影響で汚染水が1万トンに。 (参照:原子力規制委員会、福島第一原発の凍土壁 [&he・・・

記事全文

東京都水道局、「東京水」のデザインをリニューアル。

東京都水道局がペットボトル入り飲料水「東京水」のボトルデザインを一新。 (参照:国土交通省、日本の下水道インフ [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR