佐賀県唐津市 水道料金27年間、1500万円の過少請求

[ 2011/12/22 ]


2011年12月20日、佐賀県唐津市は、水道料金について27年間で約1,500万円の過少請求をしていたことを発表した。このミスは水道口径の誤りによるものと説明されている。同市では、水道部長を減給1カ月、水道管理課長と水道営業課長を戒告処分とした。
(参考:熊本市上下水道システム開発遅延問題でトップを含む3人が懲戒処分へ

唐津市image from 唐津市

水道料金の過少請求が続いていたのは、養母田鬼塚の県営住宅養母田団地。水道口径20ミリの基本料金を請求しなければならないところ、13ミリの基本料金契約となっていた。今年の11月に、居住者より水道料金についての質問があり、調査の結果、66世帯中4世帯が20ミリ、62世帯が13ミリの請求であったことが判明した。

請求時効は2年となるので2010年以降の過少請求の差額分は請求することが可能である。同団地では2012年1月からは全て20ミリ口径の基本料金契約に設定しなおすとのことである。今回のミスの原因はシステムの基本設定データー入力ミスであるとしている。20ミリと入力すべきするところを13ミリと入力していたのが原因とみられる。今回の過少請求により、時効の範囲内請求を行ったとしても、約1385万円の損失となった。


関連する記事

アーカイブス

株式会社クボタ、次世代の水道管を開発

パイプメーカーの株式会社クボタが新耐震管のGENEX管を開発した。 (参照:和歌山市、水道水の濁りで3万5千世 [&he・・・

記事全文

自然環境を破壊しない水力発電、「Cappa」

茨城製作所が開発した新しい水力発電「Cappa」 (参照:ライオン、排水リサイクルシステムを開発、自社の千葉工 [&he・・・

記事全文

ウォータージェン、空気から飲料水出来る装置の開発。

イスラエルの企業、ウォータージェンが空気から飲料水を作る装置を開発。 (参照:太陽光発電で空気から飲料水を作り [&he・・・

記事全文

和歌山市、水道水の濁りで3万5千世帯に影響

和歌山市、誤操作により水道水に濁り。3万5千世帯に影響。 (参照:霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍の [&he・・・

記事全文

福島第一原発、汚染水を巡り公聴会開催へ

福島第一原発の汚染水処理を巡り、今夏公聴会を開催することが決定 (参照:福島第一原発、台風の影響でで汚染水1万 [&he・・・

記事全文

アサヒ飲料、透明なのにカフェラテ?「アサヒクリアラテ from おいしい水」を新発売

アサヒ飲料、低カロリー・カフェインゼロ・脂肪ゼロのカフェラテ「アサヒ クリアラテ from おいしい水」を新発 [&he・・・

記事全文

成分は100%水の家庭用洗剤。「ウォータークリーナー」

成分が100%水の家庭用エコ洗剤、「クラスアッシュ ウォータークリーナー」発売中。 (参照:花粉を水に変えるス [&he・・・

記事全文

月に大量の氷か。月の隕石からその痕跡を発見。

東北大、月の隕石から月に大量の氷がある可能性を発見。 (参照:ブラジル、ブラジリアで第8回世界水フォーラム開催 [&he・・・

記事全文

霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍のヒ素検出。

霧島連山、硫黄山の噴火後、宮崎側の河川で2,4倍のヒ素検出も被害報告なし。 (参照:東京五輪、お台場会場で基準 [&he・・・

記事全文

新潟、「水と土の芸術祭」のパスポート前売り始まる

新潟で7月〜10月に開催される「水と土の芸術祭」。お得に回れるパスポート前売り発売始まる。 (参照:静岡・三島 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR