物質・材料研究機構 飲料水中に含まれるヒ素を除去する粉末状の新素材を開発

[ 2012/01/09 ]


2012年1月6日、茨城県つくば市の「独立行政法人物質・材料研究機構」の研究チームが飲料水中に含まれるヒ素を除去する粉末状の新素材を開発した。この新素材は飲料水によって、ヒ素に汚染されている、途上国の飲料水の汚染を解消すること期待されている。
(参考:宮崎県都城市の学校の井戸を使用している学校から基準値を上回るヒ素検出

物質・材料研究機構image from 物質・材料研究機構

ヒ素毒の汚染はアジア、アフリカなどの途上国では深刻な問題となっている。ヒ素は水に溶けやすく人体にとって非常に危険な毒物の一つである。

今回、新素材を開発したのは、同機構の資源循環設計グループである。研究リーダーはエジプト人の、シェリフ・エル・サフティ主幹研究員。新素材は酸化アルミニウムをベースとし表面に5~8ナノメートル(ナノは1/10億)の無数の穴を作った構造体となっている。この穴の内壁にヒ素だけを吸着する物質が塗り込まれている。

日本の基準値で200倍の濃度のヒ素を含む水にこの新素材をいれた場合、半日で90%の除去が可能となる。ここから2段階の浄化を行うことで完全にヒ素を除去できるという。今後は途上国において安全な飲料水確保のために活用されることが考えられる。


関連する記事

アーカイブス

株式会社クボタ、次世代の水道管を開発

パイプメーカーの株式会社クボタが新耐震管のGENEX管を開発した。 (参照:和歌山市、水道水の濁りで3万5千世 [&he・・・

記事全文

自然環境を破壊しない水力発電、「Cappa」

茨城製作所が開発した新しい水力発電「Cappa」 (参照:ライオン、排水リサイクルシステムを開発、自社の千葉工 [&he・・・

記事全文

ウォータージェン、空気から飲料水出来る装置の開発。

イスラエルの企業、ウォータージェンが空気から飲料水を作る装置を開発。 (参照:太陽光発電で空気から飲料水を作り [&he・・・

記事全文

和歌山市、水道水の濁りで3万5千世帯に影響

和歌山市、誤操作により水道水に濁り。3万5千世帯に影響。 (参照:霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍の [&he・・・

記事全文

福島第一原発、汚染水を巡り公聴会開催へ

福島第一原発の汚染水処理を巡り、今夏公聴会を開催することが決定 (参照:福島第一原発、台風の影響でで汚染水1万 [&he・・・

記事全文

アサヒ飲料、透明なのにカフェラテ?「アサヒクリアラテ from おいしい水」を新発売

アサヒ飲料、低カロリー・カフェインゼロ・脂肪ゼロのカフェラテ「アサヒ クリアラテ from おいしい水」を新発 [&he・・・

記事全文

成分は100%水の家庭用洗剤。「ウォータークリーナー」

成分が100%水の家庭用エコ洗剤、「クラスアッシュ ウォータークリーナー」発売中。 (参照:花粉を水に変えるス [&he・・・

記事全文

月に大量の氷か。月の隕石からその痕跡を発見。

東北大、月の隕石から月に大量の氷がある可能性を発見。 (参照:ブラジル、ブラジリアで第8回世界水フォーラム開催 [&he・・・

記事全文

霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍のヒ素検出。

霧島連山、硫黄山の噴火後、宮崎側の河川で2,4倍のヒ素検出も被害報告なし。 (参照:東京五輪、お台場会場で基準 [&he・・・

記事全文

新潟、「水と土の芸術祭」のパスポート前売り始まる

新潟で7月〜10月に開催される「水と土の芸術祭」。お得に回れるパスポート前売り発売始まる。 (参照:静岡・三島 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR