物質・材料研究機構 飲料水中に含まれるヒ素を除去する粉末状の新素材を開発

[ 2012/01/09 ]


2012年1月6日、茨城県つくば市の「独立行政法人物質・材料研究機構」の研究チームが飲料水中に含まれるヒ素を除去する粉末状の新素材を開発した。この新素材は飲料水によって、ヒ素に汚染されている、途上国の飲料水の汚染を解消すること期待されている。
(参考:宮崎県都城市の学校の井戸を使用している学校から基準値を上回るヒ素検出

物質・材料研究機構image from 物質・材料研究機構

ヒ素毒の汚染はアジア、アフリカなどの途上国では深刻な問題となっている。ヒ素は水に溶けやすく人体にとって非常に危険な毒物の一つである。

今回、新素材を開発したのは、同機構の資源循環設計グループである。研究リーダーはエジプト人の、シェリフ・エル・サフティ主幹研究員。新素材は酸化アルミニウムをベースとし表面に5~8ナノメートル(ナノは1/10億)の無数の穴を作った構造体となっている。この穴の内壁にヒ素だけを吸着する物質が塗り込まれている。

日本の基準値で200倍の濃度のヒ素を含む水にこの新素材をいれた場合、半日で90%の除去が可能となる。ここから2段階の浄化を行うことで完全にヒ素を除去できるという。今後は途上国において安全な飲料水確保のために活用されることが考えられる。


関連する記事

アーカイブス

(株)サーフレジェンド 海専門の気象情報サービスにリアルタイム風予報を追加

(株)サーフレジェンド 海の気象情報「マリンウェザー海快晴」に風の新機能追加[ 2021/06/19 ]

記事全文

Apple社 水辺や水中での動作モードの自動切り替えで米特許を取得

Apple社 水辺や水中で動作モードを自動切り替えするスマホ 特許を取得 [ 2021/06/17 ]

記事全文

「From AQUA」 業務用商品「From AQUA リターナブル瓶」2021年4月発売開始

「From AQUA」 「From AQUA リターナブル瓶」発売開始 ホテルや飲食店向け[ 2021/06/14 ]

記事全文

豊かで清らかな「水」でつながる「にっぽんのKIREI」展開催 6月22日~7月7日まで 

豊かで清らかな「水」でつながる「にっぽんのKIREI」展開催 東京都昭島市にて[ 2021/06/12 ]

記事全文

滋賀 大戸川ダム建設凍結解除へ 6府県すべてが容認

滋賀 大戸川ダム建設凍結解除へ 6府県すべてが容認 治水効果の検証必須[ 2021/06/10 ]

記事全文

(株)クラダシ 長野県松本市の備蓄用飲料水を仲介しフードバンク団体へ寄付 

(株)クラダシ 長野県松本市の備蓄用飲料水を福島県のフードバンク団体へ寄付[ 2021/06/08 ]

記事全文

(株)商船三井ら3社 新造木材チップ船1隻にマイクロプラスチック回収装置を搭載

(株)商船三井ら3社 新造木材チップ船にマイクロプラスチック回収装置搭載 5隻目[ 2021/06/01 ]

記事全文

サントリーホールディングス(株) 水育「出張授業」オンラインでも 参加校募集始まる

サントリーホールディングス(株) 「出張授業」参加校募集始まる オンライン授業導入[ 2021/05/30 ]

記事全文

アンヴァール(株) 海水由来の水酸化マグネシウムの量産に向けた体制を強化へ

アンヴァール(株) 海水を利用した水酸化マグネシウムを量産へ 2021年度内に構築[ 2021/05/26 ]

記事全文

Refill Japan「Refill Japan給水スポット大賞2020」受賞団体決定 大賞は生駒市

Refill Japan「Refill Japan給水スポット大賞2020」受賞団体決定 生駒市が大賞を受賞 (参照:西・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR