世界規模で巻き起こる水戦争にスポットを当てた問題作「ブルー・ゴールド 狙われた水の真実」

[ 2010/05/31 ]


意外と知られていないことだが、6月1日~7日までは水道週間である。水や水道に興味を持ってもらうため1959年に当時の厚生省により制定され、今年で52回目。

そこで水道だけの話ではないものの、2010年6月4日にDVDが発売となる2008年に公開されたサム・ボッゾ監督の水資源の利権を巡るドキュメンタリー映画「ブルー・ゴールド 狙われた水の真実」を紹介したいと思う。

ブルー・ゴールド 狙われた水の真実

今後ますます人口が増加していくことを思えば、生きていく上で必要不可欠な“”の問題を巨大なビジネスと考える企業も少なくないはず。「ブルー・ゴールド 狙われた水の真実」では、20世紀を「石油戦争」、21世紀を「水戦争」とし、世界各国で巻き起こる巨大な水ビジネスの市場を巡る利権争いについてスポットが当てられている。

人類の共通資産であるはずの水だが、ボトリングして販売するというビジネススキームで利益を独占しようとし、そこに国家や軍までが絡んでくるといった様子も描かれている。世界規模の水戦争を映し出し、人類と水とのあり方を考えさせる社会派ドキュメンタリー。興味がある方はぜひチェックしてみて欲しい。




関連する記事

アーカイブス

COOL JAPAN AWARD2019 那須の「水庭」が受賞決定

COOL JAPAN AWARD2019 受賞53作決定。「水庭」の受賞も (参照:(株)バスクリン 森林を整 [&he・・・

記事全文

アリゾナ州立大学 小惑星イトカワの粒子から水の痕跡を発見

アリゾナ州立大学 「はやぶさ」が持ち帰った小惑星イトカワの粒子から水の痕跡を発見 (参照:NASA探査機OSI [&he・・・

記事全文

メタウォーター(株)の共同研究体 下水処理設備を統合制御、国交省事業に採択

メタウォーター(株)を含む共同研究体 下水処理設備を統合制御、国交省事業に採択される (参照:大阪市水道局と日 [&he・・・

記事全文

兵庫県 瀬戸内海への排水基準を緩和方向へ見直し

兵庫県 瀬戸内海への排水基準を見直しへ 基準緩和への動き (参照:浪速工作所と日本スレッド 工業用水を浄化する [&he・・・

記事全文

高知県宿毛市 日本初スポーツクライミング設備のあるダムを整備へ

高知県宿毛市 横瀬川ダムの壁面をスポーツクライミングとして活用へ (参照:日大工学部 水田が持つ貯水機能を活用 [&he・・・

記事全文

東芝 岩手県における工業用水道の浄水場建設事業を受注

東芝インフラシステムズ(株) 岩手県における工業用水道の浄水場建設事業の受注を発表 (参照:三井住友建設(株) [&he・・・

記事全文

CFD販売(株) 水中ドローンを使用したダム点検の実証試験

CFD販売(株) 水中ドローンを使用し、大分県でダム点検実証試験を実施 (参照:(株)ディーゼル・ワークショッ [&he・・・

記事全文

名古屋市 おいしい水道水PRへ向けてPR用300ml缶製造

名古屋市 おいしい水道水PRへ向けてPR用「名水」300ml缶製造 (参照:双葉地方水道企業団 福島の安全な水 [&he・・・

記事全文

三井住友建設(株) カンボジアでの上水道拡張整備工事を落成

三井住友建設(株) カンボジアで上水道拡張整備工事の落成式を挙行 (参照:カンボジア 国内最大級の水力発電ダム [&he・・・

記事全文

大阪市水道局と日立製作所 中長期の水需要予測に関する共同研究開始

大阪市水道局と日立製作所 ビッグデータやAIを駆使した水需要予測に関する共同研究開始 (参照:米Flo Tec [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR