川崎市環境審議会「今後の水環境保全のあり方」を答申

[ 2012/03/01 ]


2012年2月27日、川崎市環境審議会は「今後の水環境保全のあり方」をまとめ、阿部孝夫川崎市長に答申した。同報告書は雨水の有効活用自然環境配慮に力点をおいた内容となっている。
(参考:ブリヂストン 生物影響を指標とした先進的手法で国内4工場の工場排水の環境影響評価試験を実施

今後の水環境保全のあり方

image from 今後の水環境保全のあり方

今回の答申は、川崎市では宅地化が急速に進む中、雨水が地下水に浸透せず、水循環機能が不全に陥っているという問題について、同市長が審議会に諮問した結果となるものである。

答申では、雨どいで雨水を集め「雨水浸透升」に入れ、砕石、透水シートによって地下に浸透させ地下水として再生させる方法を提案している。また、このシステムの設置基準や助成についても言及したものとなっている。

そして、同市の水質中心であった水環境対策に対し、水生生物の生息調査、ビオトープづくり、親水施設整備などの生態系、水辺環境に配慮した施策を行うように提案を行っている。また、緑地保全の対象として「白山神社」、「柿生の森」を指定していることも適切であるとしている。


関連する記事

アーカイブス

NPO法人はちろうプロジェクト 遊びながら学べる環境カードゲーム完成

NPO法人はちろうプロジェクト 遊びながら学べる環境カードゲーム「はちリバ」完成 (参照:小山市 「土地改良施 [&he・・・

記事全文

(株)チック 水中ドローンのWEBショップ開設 導入や運用、専門スクールも

(株)チック 水中ドローン「BlueROV2」のWEBショップ開設 導入や運用、専門スクールも (参照:CFD [&he・・・

記事全文

DCMホールディングス 水に浸して使う土のう袋を発売

DCMホールディングス 水に浸すと膨らむ土のう袋を発売 (参照: 厚生労働省 平成31年度予算「災害拠点病院等 [&he・・・

記事全文

ラストワンマイル協同組合 水やペットボトル入りドリンク類専用新配送サービスを開始

ラストワンマイル協同組合 水やペットボトル入りドリンク類専用の新しい配送サービスを開始 (参照:ヒルトン名古屋 [&he・・・

記事全文

アトラスコプコ(株) 東ティモールで「Water for All」プロジェクトを始動

アトラスコプコ(株) 東ティモールで水や衛生環境改善のための「Water for All」プロジェクトを始動 [&he・・・

記事全文

ヤマハ発動機 新興国に向けた小型浄水装置、本格スタート

ヤマハ発動機 新興国に向けた小型浄水装置、セネガルで本格導入 (参照:三井住友建設(株) カンボジアでの上水道 [&he・・・

記事全文

未来工業と和仁農園 田んぼで使える自動止水装置を共同開発 

未来工業と和仁農園 田んぼの自動止水装置を共同開発 (参照:メタウォーター(株)の共同研究体 下水処理設備を統 [&he・・・

記事全文

サントリー 山梨県と「育水の推進等に関する連携協定」を締結

サントリーホールディングス(株) 山梨県と「育水の推進等に関する連携協定」を締結 (参照:(株)バスクリン 森 [&he・・・

記事全文

産総研 地下水情報が目で見てわかる地図「水文環境図」を更新

産総研 地下水情報が可視化された地図「水文環境図」を更新しWEBで公開 (参照:日大工学部 水田が持つ貯水機能 [&he・・・

記事全文

埼玉県 海のマイクロプラスチック問題を受け川の調査へ

埼玉県 海のマイクロプラスチック問題を受け、川のプラごみ調査を開始 (参照:美祢市 名水育ちの養殖ニジマス「ま [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR