物質・材料研究機構 「放射性物質の吸着材開発」に成功 実用化に向けて

[ 2012/06/29 ]


独立行政法人物質・材料研究機構(NIMS)が、多くの細孔を持つ「メソポーラス物質」という新規材料で、放射性物質の吸着材を開発した。除染における利用に向け、実用化が進められている。(参照:東大生産技術研究所 放射性汚染水から放射性セシウムを吸着する「除染布」を開発


image from 物質・材料研究機構

今回吸着材の材料とされて注目が集まったのは、「メソポーラス物質」。多くの大きさ2~50ナノメートル程の孔(あな)を持つ、多孔性材料である。表面積が大きいことが特徴の、約20年前日本で発見された材料だ。

NIMSはそのメソポーラス物質を使って、溶液に含まれるヨウ素やセシウムなどの放射性物質を選択して捕まえ、除去もできる吸着材を開発した。開発したのは、元素戦略材料センターのエジプト人、シェリフ・エル・サフティ主幹研究員だ。

化学反応を利用して、目的の放射性物質だけを吸着するという同吸着材。シェリフ氏は「この吸着材は、選択性が高いのが特徴です。特定の物質しか捕獲しないので、塩分やミネラルが含まれている海水でも、目的の放射性物質だけを取り除くことができます」とコメントしている。

一方で、NIMSの国際ナノアーキテクトニクス研究拠点、山内悠輔独立研究者らは「プルシアンブルー」という顔料を用いたセシウム吸着材を開発した。

原発の放射性物質処理問題は、まだ続き、長期化が予想されている。今回の吸着材はいまだ実用化に向けては課題があるものの、除染システムへの新たな光として、今後が期待される。</p>


関連する記事

アーカイブス

株式会社クボタ、次世代の水道管を開発

パイプメーカーの株式会社クボタが新耐震管のGENEX管を開発した。 (参照:和歌山市、水道水の濁りで3万5千世 [&he・・・

記事全文

自然環境を破壊しない水力発電、「Cappa」

茨城製作所が開発した新しい水力発電「Cappa」 (参照:ライオン、排水リサイクルシステムを開発、自社の千葉工 [&he・・・

記事全文

ウォータージェン、空気から飲料水出来る装置の開発。

イスラエルの企業、ウォータージェンが空気から飲料水を作る装置を開発。 (参照:太陽光発電で空気から飲料水を作り [&he・・・

記事全文

和歌山市、水道水の濁りで3万5千世帯に影響

和歌山市、誤操作により水道水に濁り。3万5千世帯に影響。 (参照:霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍の [&he・・・

記事全文

福島第一原発、汚染水を巡り公聴会開催へ

福島第一原発の汚染水処理を巡り、今夏公聴会を開催することが決定 (参照:福島第一原発、台風の影響でで汚染水1万 [&he・・・

記事全文

アサヒ飲料、透明なのにカフェラテ?「アサヒクリアラテ from おいしい水」を新発売

アサヒ飲料、低カロリー・カフェインゼロ・脂肪ゼロのカフェラテ「アサヒ クリアラテ from おいしい水」を新発 [&he・・・

記事全文

成分は100%水の家庭用洗剤。「ウォータークリーナー」

成分が100%水の家庭用エコ洗剤、「クラスアッシュ ウォータークリーナー」発売中。 (参照:花粉を水に変えるス [&he・・・

記事全文

月に大量の氷か。月の隕石からその痕跡を発見。

東北大、月の隕石から月に大量の氷がある可能性を発見。 (参照:ブラジル、ブラジリアで第8回世界水フォーラム開催 [&he・・・

記事全文

霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍のヒ素検出。

霧島連山、硫黄山の噴火後、宮崎側の河川で2,4倍のヒ素検出も被害報告なし。 (参照:東京五輪、お台場会場で基準 [&he・・・

記事全文

新潟、「水と土の芸術祭」のパスポート前売り始まる

新潟で7月〜10月に開催される「水と土の芸術祭」。お得に回れるパスポート前売り発売始まる。 (参照:静岡・三島 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR