東京海上研究所が京都大学と共同研究-「将来気候下での水災リスク評価に関する共同研究契約」の締結を発表

[ 2012/10/24 ]


2012年10月22日、東京海上日動グループのシンクタンクである株式会社東京海上研究所は、京都大学と「将来気候下での水災リスク評価に関する共同研究契約」の締結を10月1日に行ったことを発表した。
(参考:環境省が地球温暖化対策  大雨、水災害の防止、節水栽培法の開発へ 

東京海上日動グループ
image from 東京海上日動

共同研究は2012年10月1日から2015年9月30日まで行われることになる。京都大学の大学院工学研究科・立川 康人准教授を研究代表者として「将来気候下での水災リスク評価」の研究を行っていく。

同研究の目的は、将来の気候変動が予想される条件下で、水災リスクを定量的に評価することを可能にする手法を確立することにある。近年、数十年に1度というレベルの記録的な規模の自然災害が頻発している。今後も、極端な気象変動の元、将来における気象災害のリスクを的確に評価することは、損害保険会社にとっては火急の課題となっている。

今回の共同研究では、降雨後の河川水量を物理的に予測する「河川流量モデル」を新たに構築し、水害リスクを定量評価する方法を開発していくことを目標としている。


関連する記事

アーカイブス

(株)星野リゾート 「星のや」ブランドでペットボトルを廃止し、ウォータージャグへ

(株)星野リゾート 「星のや」でペットボトルを廃止し ウォータージャグの設置へ (参照:星のや沖縄 「星空ホットプール」・・・

記事全文

日本製粉(株)  「ユニセフ支援ギフト」による支援を実施

日本製粉(株)  日本ユニセフ協会の「ユニセフ支援ギフト」による支援を実施 (参照:阿寒湖のマリモ保全推進委員会 マリモ・・・

記事全文

AQUA JACKET(株) 社会貢献できる2種類のミネラルウォーターを発売

AQUA JACKET(株) 社会貢献できるミネラルウォーター「NOT JUSTA BOTTLE」発売 (参照:(株)J・・・

記事全文

国際水路機関 海図の日本海の呼称継続暫定 数字表記も

国際水路機関 海図の日本海の呼称継続暫定 「東海」含まず (参照:2020年の世界水週間の中止が決定 新型コロナで)

記事全文

(株)フォレストホームサービス 浄水システム「WACOMS WATER SYSTEM」を新発売

(株)フォレストホームサービス 国内初 天然サンゴ使用の浄水システムを新発売 (参照:株式会社Gloture スマホで管・・・

記事全文

南房総市 ダム渇水のため、断水で売上が減少した事業者に対し給付金支給へ

南房総市 小向ダム渇水で売上減少事業者に対し給付金支給へ (参照:宇都宮市 田んぼダム普及で水害に強い街づくりを目指す)・・・

記事全文

小向ダム

セイスイ工業(株) 油分や有害物を分離して処理する「災害時排水処理システム」を提供

セイスイ工業(株) 「災害時排水処理システム」を提供 被災現場での早期復旧を目指す (参照:渋谷駅 地下雨水貯留施設供用・・・

記事全文

(株)一条工務店 防災科学技術研究所と開発の「水に浮かぶ家」商品化、発売へ

(株)一条工務店 「水に浮かぶ家」商品化、発売へ 浸水対策を強化 (参照:(株)竹中工務店ら VOC汚染土壌・地下水に対・・・

記事全文

水に浮かぶ家

(株)竹中工務店ら VOC汚染土壌・地下水に対する新しい浄化システムを開発

(株)竹中工務店ら VOC汚染土壌を温めて浄化を促進する新しいシステムを開発 (参照:NEDO・東北大ほか 温泉スケール・・・

記事全文

環境省 瀬戸内海の「栄養塩」の濃度が下がりすぎた問題で法改正へ

環境省 瀬戸内海の「きれいになり過ぎた」問題で法改正へ 水域を分けて対策 (参照:長野県 諏訪湖の貧酸素水のメカニズム解・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR