津軽広域水道企業団 水道異臭問題の再発防止に向け”活性炭接触池”を新設

[ 2012/11/02 ]


2012年10月31日、9月末から10月にかけ水道異臭問題が発生した津軽広域水道企業団は、今後の再発防止に向け対策会議を行った。協議の結果、原因物質除去のため来年夏までに活性炭接触池を新設することに合意した。
(参考:津軽広域水道企業団の水道水異臭問題、弘前市が”給水車で飲料水供給”へ

津軽広域水道企業団
image from 津軽広域水道企業団

津軽広域水道企業団が水道を供給する青森県の8市町村では9月の終わりから10月の中旬にかけ水道異臭問題が発生した。水道水に臭気の原因となるメチルイソボルネオールが国の基準値を超え含まれていたことが原因となっていた。このため弘前市などでは給水車による配水を行った。

異種問題は同企業団より10月13日に終息宣言が出されている。尚、この対策の費用には企業団の収入の8%当たる1億5600万円がかかったことも明らかとなった。

今回はこの水道異臭問題の再発防止に向け、約10億円を投じ原因物質を除去する活性炭接触池を設置することが決定した。設置することで、原因物質を臭気は感じない1リットル当たり5ナノグラム以下に抑制できるとしている。工事費に合わせ運用費に毎年7000万円が必要となる。この分に関しては水道料金に転嫁することなく対応を行ってきたいとしている。


関連する記事

アーカイブス

株式会社クボタ、次世代の水道管を開発

パイプメーカーの株式会社クボタが新耐震管のGENEX管を開発した。 (参照:和歌山市、水道水の濁りで3万5千世 [&he・・・

記事全文

自然環境を破壊しない水力発電、「Cappa」

茨城製作所が開発した新しい水力発電「Cappa」 (参照:ライオン、排水リサイクルシステムを開発、自社の千葉工 [&he・・・

記事全文

ウォータージェン、空気から飲料水出来る装置の開発。

イスラエルの企業、ウォータージェンが空気から飲料水を作る装置を開発。 (参照:太陽光発電で空気から飲料水を作り [&he・・・

記事全文

和歌山市、水道水の濁りで3万5千世帯に影響

和歌山市、誤操作により水道水に濁り。3万5千世帯に影響。 (参照:霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍の [&he・・・

記事全文

福島第一原発、汚染水を巡り公聴会開催へ

福島第一原発の汚染水処理を巡り、今夏公聴会を開催することが決定 (参照:福島第一原発、台風の影響でで汚染水1万 [&he・・・

記事全文

アサヒ飲料、透明なのにカフェラテ?「アサヒクリアラテ from おいしい水」を新発売

アサヒ飲料、低カロリー・カフェインゼロ・脂肪ゼロのカフェラテ「アサヒ クリアラテ from おいしい水」を新発 [&he・・・

記事全文

成分は100%水の家庭用洗剤。「ウォータークリーナー」

成分が100%水の家庭用エコ洗剤、「クラスアッシュ ウォータークリーナー」発売中。 (参照:花粉を水に変えるス [&he・・・

記事全文

月に大量の氷か。月の隕石からその痕跡を発見。

東北大、月の隕石から月に大量の氷がある可能性を発見。 (参照:ブラジル、ブラジリアで第8回世界水フォーラム開催 [&he・・・

記事全文

霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍のヒ素検出。

霧島連山、硫黄山の噴火後、宮崎側の河川で2,4倍のヒ素検出も被害報告なし。 (参照:東京五輪、お台場会場で基準 [&he・・・

記事全文

新潟、「水と土の芸術祭」のパスポート前売り始まる

新潟で7月〜10月に開催される「水と土の芸術祭」。お得に回れるパスポート前売り発売始まる。 (参照:静岡・三島 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR