IHI 「榎本藻」からバイオ燃料を作り出す実験施設を公開 ‐2020年の事業化を目指す

[ 2012/11/29 ]


2012年11月7日、株式会社IHIでは「榎本藻」からバイオ燃料を作り出す実験施設を公開した。「榎本藻」は品種改良を重ね、燃料生産に適するよう開発された藻、繁殖力が非常に大きなものとなっている。
(参考:仙台市、筑波大、東北大が石油を作る藻「オーランチオキトリウム」の共同研究推進の連携協定を締結

藻

image from IHI

IHIは、神戸大学発祥のベンチャー企業であるジーン・アンド・ジーンテクノロジーと共同開発した設備で「榎本藻」の実験を行う。

「榎本藻」は光合成により重油に近い成分のバイオ燃料を生成する。また繁殖力が大きく、1ヶ月後のバイオ燃料の生産量は従来種の10万倍になるとされている。

現在の実験ではリットル当たりの単価は1000円以上となり、石油に比べ10倍以上の価格になっている。今後は培養技術の改善、土地代金の安い海外生産などを検討していく。IHIでは2014年から、ジェット燃料のサンプル出荷を開始し、2020年度を目標に事業化を計画している。


関連する記事

アーカイブス

国土交通省 下水処理場を広域管理できる監視システム 本格検討へ

国土交通省 下水処理場を広域管理できる監視システム検討 省力化へ (参照:国土交通省 下水処理場を広域管理でき [&he・・・

記事全文

キリンビバレッジ(株) 年内で「ボルヴィック」の国内販売終了を決定

キリンビバレッジ(株) 2020年末で「ボルヴィック」の国内販売を終了 (参照:無印良品 「自分で詰める水のボ [&he・・・

記事全文

WOTA 自律分散型の水循環型ポータブル手洗い機「WOSH」先行予約開始

WOTA 自律分散型の水循環型ポータブル手洗い機600台限定で先行予約スタート (参照:AFUストア 手動掃除 [&he・・・

記事全文

長野県 諏訪湖の貧酸素水のメカニズム解明に向け本格始動

長野県 諏訪湖の貧酸素水、メカニズム解明へ計測開始 (参照:滋賀県 琵琶湖の低酸素状態懸念 2年連続で)

記事全文

(株)クボタ 水環境事業で新体制 上水から下水までトータルにサービス提供

(株)クボタ 水環境事業で新体制 市場環境の変化に対応 上水から下水までトータルに (参照:厚木市 雨水貯留型 [&he・・・

記事全文

三菱ケミカル(株) 海洋で分解するレジ袋を開発 1年で全分解

三菱ケミカル(株) 海洋で分解するレジ袋を開発 微生物の力で全分解可能 (参照:開成町 全国初「ネット・ゼロ・ [&he・・・

記事全文

無印良品 「自分で詰める水のボトル」発売 店内に給水機を設置

無印良品 「自分で詰める水のボトル」発売 7/1店内給水機での給水サービススタート (参照: コカ・コーラシス [&he・・・

記事全文

(株)オーシン 水に濡らして気化熱で冷やして使う「ウォーターマスク」が好調

(株)オーシン 気化熱で冷やして使う「ウォーターマスク」好調 新型の予約を受付 (参照:サンコー(株) 水の循 [&he・・・

記事全文

厚木市 雨水貯留型公園「あさひ公園」完成

厚木市 雨水貯留型公園「あさひ公園」完成 新しい浸水対策を模索 (参照:大阪府 治水用の地下神殿「寝屋川北部地 [&he・・・

記事全文

ニッコー(株) 業界No.1省エネ性能の一般家庭用小型浄化槽「水創り王」を発売

ニッコー(株) 2020年6月、省エネ性能抜群の一般家庭用小型浄化槽を発売 (参照:(株)日本トリム 電解水透 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR