東京水道の漏水率3%の謎に迫るべく、猪瀬直樹副知事が漏水探査技術を体験

[ 2010/06/11 ]


6月10日、世界最高峰の水道技術で世界の水ビジネスに挑戦しようとしている東京都の猪瀬直樹副知事が、世田谷区にある東京都水道局研修・開発センターにて、漏水探査技術を体験したことを自身のブログで明らかにしている。

猪瀬副知事はこの日、海外からの研修生の実習に立ち会ったそうだ。アジアからはモンゴル、ラオス、ネパール、ミャンマーなど、アフリカからはコンゴ、エジプト、モロッコと研修生は多岐に渡る。東京都は世界屈指の漏水率3%を誇るが、アジア主要都市の漏水率は平均して30%。香港やソウルなどでも20%以上に上り、マニラでは6割を超える。こういった国々が東京都の技術を学ぼうといった動きも活発だ。

漏水視察では、探査機器の説明を受けながら、電子漏水発見器とシンプルな音聴棒で実際に水道管の音を試聴。電気に比べて音聴棒のコストは40分の1。ベテランなら、この棒でも漏水を見つけることができるそうだ。水道局を退職したベテラン職員が、研修の指導をすることで技術を伝承している。ハイテク技術とベテラン職人の“技”というローテクを組み合わせることでうまく成り立っていることを改めて実感したようだ。


関連する記事

アーカイブス

株式会社クボタ、次世代の水道管を開発

パイプメーカーの株式会社クボタが新耐震管のGENEX管を開発した。 (参照:和歌山市、水道水の濁りで3万5千世 [&he・・・

記事全文

自然環境を破壊しない水力発電、「Cappa」

茨城製作所が開発した新しい水力発電「Cappa」 (参照:ライオン、排水リサイクルシステムを開発、自社の千葉工 [&he・・・

記事全文

ウォータージェン、空気から飲料水出来る装置の開発。

イスラエルの企業、ウォータージェンが空気から飲料水を作る装置を開発。 (参照:太陽光発電で空気から飲料水を作り [&he・・・

記事全文

和歌山市、水道水の濁りで3万5千世帯に影響

和歌山市、誤操作により水道水に濁り。3万5千世帯に影響。 (参照:霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍の [&he・・・

記事全文

福島第一原発、汚染水を巡り公聴会開催へ

福島第一原発の汚染水処理を巡り、今夏公聴会を開催することが決定 (参照:福島第一原発、台風の影響でで汚染水1万 [&he・・・

記事全文

アサヒ飲料、透明なのにカフェラテ?「アサヒクリアラテ from おいしい水」を新発売

アサヒ飲料、低カロリー・カフェインゼロ・脂肪ゼロのカフェラテ「アサヒ クリアラテ from おいしい水」を新発 [&he・・・

記事全文

成分は100%水の家庭用洗剤。「ウォータークリーナー」

成分が100%水の家庭用エコ洗剤、「クラスアッシュ ウォータークリーナー」発売中。 (参照:花粉を水に変えるス [&he・・・

記事全文

月に大量の氷か。月の隕石からその痕跡を発見。

東北大、月の隕石から月に大量の氷がある可能性を発見。 (参照:ブラジル、ブラジリアで第8回世界水フォーラム開催 [&he・・・

記事全文

霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍のヒ素検出。

霧島連山、硫黄山の噴火後、宮崎側の河川で2,4倍のヒ素検出も被害報告なし。 (参照:東京五輪、お台場会場で基準 [&he・・・

記事全文

新潟、「水と土の芸術祭」のパスポート前売り始まる

新潟で7月〜10月に開催される「水と土の芸術祭」。お得に回れるパスポート前売り発売始まる。 (参照:静岡・三島 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR