みんな試合中はトイレを我慢?富山市の調査でハーフタイム、試合終了後に配水量急増 

[ 2010/06/16 ]


6月14日深夜~15日にかけて行われたW杯『日本vsカメルーン』において、試合のハーフタイム中と試合終了後、富山市内の水道の配水量が急増していたことが明らかになった。富山市上下水道局では「試合中にトイレや入浴を控える人が多かったのでは」との見解を示している。

流杉浄水場の調査結果によると、本田が先制ゴールを入れた14日午後11時40分頃には約1250立方メートルまで配水量が減少したが、ハーフタイムに入った午後11時50分頃には約1500立方メートルに達し、先制点時から約20%増えたという。その後は配水量が徐々に減少していったが、先制点を守りぬいて勝利を飾った15日午前1時頃にも、配水量が約700立方メートルから約900立方メートルと再び約30%急増したそうだ。同じような現象は過去のW杯やWBCの時などにも見られたという。

同市では、19日のオランダ戦は土曜日午後20時半とゴールデンタイムにキックオフであることに加え、日本が初戦に勝利したことで注目が集まり、更に配水量が増えると予想。しかしながら「浄水場設備は、日本代表の守備のように丈夫なので問題はない」としており、特に気にせず応援に集中して構わないようだ。


関連する記事

アーカイブス

観光庁 訪日外国人の受け入れ拡大を目指し水中アクティビティーに指針

観光庁 水中アクティビティーにガイドラインを策定 訪日外国人向けに (参照:(株)セキド 水中スクーター「SU [&he・・・

記事全文

(株)Pale Blue 水の超小型統合推進システムがJAXAの実証テーマに選定

(株)Pale Blue 水の推進システムがJAXAの実証テーマに選定 実証機に搭載へ (参照:(株)島津製作 [&he・・・

記事全文

滋賀県 琵琶湖の低酸素状態懸念 2年連続で

滋賀県 琵琶湖の低酸素状態、アオコ大量発生の懸念 (参照:阿寒湖のマリモ保全推進委員会 マリモ保護目的で摘み取 [&he・・・

記事全文

日本水産・弓ヶ浜水産・日立造船 地下水を活用したマサバの陸上養殖実証試験をスタート

日本水産・弓ヶ浜水産・日立造船 地下水でのマサバの陸上養殖実証試験をスタート (参照:鳥羽水族館 ジュゴンの生 [&he・・・

記事全文

岡山理科大学 好適環境水で養殖したウナギの加工品を商品化へ

岡山理科大学 好適環境水で養殖したウナギの加工品をお中元向け商品へ 天満屋で (参照:阿寒湖のマリモ保全推進委 [&he・・・

記事全文

サンコー(株) 水の循環で体を冷やす「水冷クールベストLite」を発売

サンコー(株) 氷水を活用したクーラーベスト「水冷クールベストLite」を発売 (参照:(株)タカラトミーアー [&he・・・

記事全文

森永乳業(株) 殺菌水生成器「ピュアスター」の出荷台数を2倍に

森永乳業(株) 殺菌水生成器「ピュアスター」の生産ラインを増設、出荷台数を2倍に (参照: (株)日本トリム  [&he・・・

記事全文

京都府福知山市 「福知山市域における総合的な治水対策」事業おおむね完成

京都府福知山市 「福知山市域における総合的な治水対策」事業、出水期を前にほぼ完成 (参照:国土交通省 熊本の記 [&he・・・

記事全文

(一社)海洋連盟 海のPRコンテスト「うみぽす2020」募集スタート

(一社)海洋連盟 海と日本PROJECT「うみぽす2020」募集スタート 9/23まで受付 (参照:八ッ場ダム [&he・・・

記事全文

AFUストア 手動掃除機&水拭きモップの2WAYクリーナーの先行販売を開始

AFUストア 手動掃除機&水拭きモップクリーナー「deerma TB900」を先行販売 (参照: (株)セキド [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR