みんな試合中はトイレを我慢?富山市の調査でハーフタイム、試合終了後に配水量急増 

[ 2010/06/16 ]


6月14日深夜~15日にかけて行われたW杯『日本vsカメルーン』において、試合のハーフタイム中と試合終了後、富山市内の水道の配水量が急増していたことが明らかになった。富山市上下水道局では「試合中にトイレや入浴を控える人が多かったのでは」との見解を示している。

流杉浄水場の調査結果によると、本田が先制ゴールを入れた14日午後11時40分頃には約1250立方メートルまで配水量が減少したが、ハーフタイムに入った午後11時50分頃には約1500立方メートルに達し、先制点時から約20%増えたという。その後は配水量が徐々に減少していったが、先制点を守りぬいて勝利を飾った15日午前1時頃にも、配水量が約700立方メートルから約900立方メートルと再び約30%急増したそうだ。同じような現象は過去のW杯やWBCの時などにも見られたという。

同市では、19日のオランダ戦は土曜日午後20時半とゴールデンタイムにキックオフであることに加え、日本が初戦に勝利したことで注目が集まり、更に配水量が増えると予想。しかしながら「浄水場設備は、日本代表の守備のように丈夫なので問題はない」としており、特に気にせず応援に集中して構わないようだ。


関連する記事

アーカイブス

カインズ、クラシアンと業務提携へ 水まわりのサービスを強化へ

カインズ、クラシアンと業務提携へ 水まわりの緊急サービスや施工面を強化へ (参照:日立 10月に高硬度水や井戸 [&he・・・

記事全文

愛知県 全国で初めて浄化槽点検業者を認定制に

愛知県 全国初、浄化槽点検業者の認定制を検討 (参照:(株)Rist AI水質監視システムを活用する水処理施設 [&he・・・

記事全文

(株)ドリーマー 「ウォーターメーカー」のマスターエージェンシー契約を締結

(株)ドリーマー 東海地方で初「ウォーターメーカー」のマスターエージェンシー契約を締結 (参照:TOKAI 災 [&he・・・

記事全文

山形・福島・新潟 水田での園芸作物栽培に向けての排水技術や先進事例を共有

山形・福島・新潟 水田の排水技術や先進事例を共有、水田栽培の園芸作物産地化へ (参照:未来工業と和仁農園 田ん [&he・・・

記事全文

ジャパンソルト ニュージーランド産ミネラルウォーター「アンティポディーズ」販売へ

ジャパンソルト NZ産ミネラルウォーター「アンティポディーズ」を輸入、販売へ (参照:福光屋 日本酒の仕込み水 [&he・・・

記事全文

和歌山県串本町 高齢者世帯の災害備蓄水の配達料を無料に

和歌山県串本町 高齢者世帯の災害備蓄水「なんたん水」の配達を無料化 (参照:熊本市 震災で寄せられた飲料水13 [&he・・・

記事全文

日立 10月に高硬度水や井戸水にも対応可能な家庭用エコキュートを発売へ

日立 高硬度水や井戸水にも対応可能な家庭用エコキュート「ナイアガラ タフネス」発売 (参照:TOKAI 災害時 [&he・・・

記事全文

福光屋 日本酒の仕込み水で作った炭酸水を発売

福光屋 日本酒の仕込み水で作った無糖の炭酸水を発売 (参照:キリンビバレッジ プロテイン入り清涼飲料水を全国の [&he・・・

記事全文

大型台風19号が日本列島に接近中 国が断水対策や停電対策を呼びかけ

大型台風19号(ハギビス)が日本列島に接近 国が断水対策や停電対策を呼びかけ (参照:DCMホールディングス  [&he・・・

記事全文

四日市市 応急給水栓として水供給できる消火栓配備へ 三重県内初

四日市市 応急給水栓として水供給できる消火栓配備へ (参照:熊本市 震災で寄せられた飲料水130トンがほぼ賞味 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR