みんな試合中はトイレを我慢?富山市の調査でハーフタイム、試合終了後に配水量急増 

[ 2010/06/16 ]


6月14日深夜~15日にかけて行われたW杯『日本vsカメルーン』において、試合のハーフタイム中と試合終了後、富山市内の水道の配水量が急増していたことが明らかになった。富山市上下水道局では「試合中にトイレや入浴を控える人が多かったのでは」との見解を示している。

流杉浄水場の調査結果によると、本田が先制ゴールを入れた14日午後11時40分頃には約1250立方メートルまで配水量が減少したが、ハーフタイムに入った午後11時50分頃には約1500立方メートルに達し、先制点時から約20%増えたという。その後は配水量が徐々に減少していったが、先制点を守りぬいて勝利を飾った15日午前1時頃にも、配水量が約700立方メートルから約900立方メートルと再び約30%急増したそうだ。同じような現象は過去のW杯やWBCの時などにも見られたという。

同市では、19日のオランダ戦は土曜日午後20時半とゴールデンタイムにキックオフであることに加え、日本が初戦に勝利したことで注目が集まり、更に配水量が増えると予想。しかしながら「浄水場設備は、日本代表の守備のように丈夫なので問題はない」としており、特に気にせず応援に集中して構わないようだ。


関連する記事

アーカイブス

国土交通省「ダムを見に行こう(秋号)」発刊

国土交通省は9月、平成25年6月以降第23回目となる「ダムを見に行こう(秋号)」を発刊した。 (参照:東北整備 [&he・・・

記事全文

滋賀 茨城ほか3県で「湖沼水環境保全に関する自治体連携」設立 世界湖沼会議で

滋賀県や茨城県を含む5県で水環境保全のため「湖沼水環境保全に関する自治体連携」を設立、世界湖沼会議で発表予定 [&he・・・

記事全文

長野原町役場、八ッ場ダム建設で消えゆく町の景色を動画とフリー素材で後世へ

長野原町役場、ジモフルやぱくたそと提携し、八ッ場ダム建設で消える町の姿を動画とフリー素材で後世へ残す (参照: [&he・・・

記事全文

JAXA、はやぶさ2「リュウグウ」にロボット投下を発表 水の存在を探る

JAXA、探査機はやぶさ2が小惑星「リュウグウ」に小型着陸機MASCOTを投下したことを発表。「リュウグウ」で [&he・・・

記事全文

ソニー、水中でも音楽が楽しめるワイヤレスイヤホン「WF-SP900」を発売

ソニーが水中でも音楽が楽しめる防水防じん機能搭載のワイヤレスイヤホンを「WF-SP900」10月27日に発売す [&he・・・

記事全文

全清飲、清涼飲料水の賞味期限表示を年月表示へ自主ガイドライン策定

2018年9月27日、全清飲が清涼飲料水の賞味期限表示を従来の年月日表示から年月表示へ切り替える自主ガイドライ [&he・・・

記事全文

現代につながる江戸時代からの上水

かつて世界最大の都市であった江戸から現代の東京に受け継がれている上水 (参照:東京都水道局、「東京水」のデザイ [&he・・・

記事全文

炭酸水・強炭酸の人気は定着化のきざし

炭酸水・強炭酸飲料は一過性のブームに留まらず、日常生活に溶け込みつつある。 (参照:サントリー食品インターナシ [&he・・・

記事全文

大阪の水族館「海遊館」 海水運搬船の座礁で海水供給ストップ

大阪の水族館「海遊館」、海水運搬船が座礁したため海水の供給がストップし人工海水で飼育 (参照:福島第一原発、台 [&he・・・

記事全文

水道水を充填したペットボトル水のモンドセレクション受賞が盛んに

日本の各水道事業体が発売しているペットボトル水が好評価を得ている。 (参照:日本の名水百選)[ 2018/10/11 ]

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR