米ワシントン州のハンフォード核施設で汚染水漏れ

[ 2013/02/17 ]


米ワシントン州インズリー知事の発表により、2013年2月15日、同州のハンフォード核施設で放射性廃棄物の貯蔵タンクから汚染された水が漏れ出していることが明らかになった。
(参照:福島県国見の県北浄化センター、放射線汚泥の新たな受け入れ先を確保

水滴
Image from makau

今のところ近隣の井戸などで高い放射線量は観測されていない。しかし、今回の漏洩は年間通じて約570~1,140リットルの範囲に及び、長期的な地下水と河川の汚染が引き起こされる危険性もあるという。

同施設は第二次世界大戦の最中であった1940年代、極秘計画の一部として米連邦政府によって建造され、長崎に投下された原爆のプルトニウムもここで製造された。その後、冷戦時代にも活用されたが、今となってはすでに老朽化の許容範囲を超えているという指摘が以前からあった。タンクはすでに20年とされた寿命をはるかに超えて運用されており、数十年にわたる年月が生んだ高い放射性プルトニウムが大量に保存されている。

漏洩が確認されたのは今のところ全177ある地下のタンクのうち1つのみだが、他のタンクも同様に老朽化が進んでいるため、知事はさらなる漏洩について懸念を強め、また連邦政府の早急な対応と地元州政府の権利行使について要望を述べた。
タンクから汚染水が漏れ出すのは今回が初めてではなく、1995年にポンプで汚染水をすべてくみ上げる処置がとられている。
以前から老朽化が進むタンクの汚染水をくみ上げ、浄化する工場の建設が123億米ドルをかけて予定されていたが、工場の安全性に疑問を抱く従業員らの訴訟などにより計画はすでに数年遅れ、さらなる予算を必要としている。2度目の漏洩となった今回、ハンフォードは汚染された核施設として世界的に知られることとなった。


関連する記事

アーカイブス

DCMホールディングス 水に浸して使う土のう袋を発売

DCMホールディングス 水に浸すと膨らむ土のう袋を発売 (参照: 厚生労働省 平成31年度予算「災害拠点病院等 [&he・・・

記事全文

ラストワンマイル協同組合 水やペットボトル入りドリンク類専用新配送サービスを開始

ラストワンマイル協同組合 水やペットボトル入りドリンク類専用の新しい配送サービスを開始 (参照:ヒルトン名古屋 [&he・・・

記事全文

アトラスコプコ(株) 東ティモールで「Water for All」プロジェクトを始動

アトラスコプコ(株) 東ティモールで水や衛生環境改善のための「Water for All」プロジェクトを始動 [&he・・・

記事全文

ヤマハ発動機 新興国に向けた小型浄水装置、本格スタート

ヤマハ発動機 新興国に向けた小型浄水装置、セネガルで本格導入 (参照:三井住友建設(株) カンボジアでの上水道 [&he・・・

記事全文

未来工業と和仁農園 田んぼで使える自動止水装置を共同開発 

未来工業と和仁農園 田んぼの自動止水装置を共同開発 (参照:メタウォーター(株)の共同研究体 下水処理設備を統 [&he・・・

記事全文

サントリー 山梨県と「育水の推進等に関する連携協定」を締結

サントリーホールディングス(株) 山梨県と「育水の推進等に関する連携協定」を締結 (参照:(株)バスクリン 森 [&he・・・

記事全文

産総研 地下水情報が目で見てわかる地図「水文環境図」を更新

産総研 地下水情報が可視化された地図「水文環境図」を更新しWEBで公開 (参照:日大工学部 水田が持つ貯水機能 [&he・・・

記事全文

埼玉県 海のマイクロプラスチック問題を受け川の調査へ

埼玉県 海のマイクロプラスチック問題を受け、川のプラごみ調査を開始 (参照:美祢市 名水育ちの養殖ニジマス「ま [&he・・・

記事全文

鳥繁産業 大分県立看護科学大と共同で医療用除菌水の商品化を目指す

大分県産学共同で医療用除菌水の商品化を目指す (参照:メタウォーター(株)の共同研究体 下水処理設備を統合制御 [&he・・・

記事全文

JR前橋駅 自然環境に優しい駅「エコステ」モデル駅に

JR前橋駅 水をテーマとした自然環境に優しい駅「エコステ」モデル駅へ (参照:美祢市 名水育ちの養殖ニジマス「 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR