米ワシントン州のハンフォード核施設で汚染水漏れ

[ 2013/02/17 ]


米ワシントン州インズリー知事の発表により、2013年2月15日、同州のハンフォード核施設で放射性廃棄物の貯蔵タンクから汚染された水が漏れ出していることが明らかになった。
(参照:福島県国見の県北浄化センター、放射線汚泥の新たな受け入れ先を確保

水滴
Image from makau

今のところ近隣の井戸などで高い放射線量は観測されていない。しかし、今回の漏洩は年間通じて約570~1,140リットルの範囲に及び、長期的な地下水と河川の汚染が引き起こされる危険性もあるという。

同施設は第二次世界大戦の最中であった1940年代、極秘計画の一部として米連邦政府によって建造され、長崎に投下された原爆のプルトニウムもここで製造された。その後、冷戦時代にも活用されたが、今となってはすでに老朽化の許容範囲を超えているという指摘が以前からあった。タンクはすでに20年とされた寿命をはるかに超えて運用されており、数十年にわたる年月が生んだ高い放射性プルトニウムが大量に保存されている。

漏洩が確認されたのは今のところ全177ある地下のタンクのうち1つのみだが、他のタンクも同様に老朽化が進んでいるため、知事はさらなる漏洩について懸念を強め、また連邦政府の早急な対応と地元州政府の権利行使について要望を述べた。
タンクから汚染水が漏れ出すのは今回が初めてではなく、1995年にポンプで汚染水をすべてくみ上げる処置がとられている。
以前から老朽化が進むタンクの汚染水をくみ上げ、浄化する工場の建設が123億米ドルをかけて予定されていたが、工場の安全性に疑問を抱く従業員らの訴訟などにより計画はすでに数年遅れ、さらなる予算を必要としている。2度目の漏洩となった今回、ハンフォードは汚染された核施設として世界的に知られることとなった。


関連する記事

アーカイブス

(株) P.G.C.D. ジャパン 「水」画像または動画の投稿で浄水剤を寄付

(株) P.G.C.D. ジャパン 3月22日『世界水の日』にちなみ水画像の投稿で浄水剤の寄付 (参照:ナイキ [&he・・・

記事全文

大成建設 複数の汚染物質を同時に分解する分解菌「N23株」を開発 世界初

大成建設 地下水の複数の汚染物質を同時に分解する「N23株」を開発  (参照:名古屋大学、九州大学 1滴の水滴 [&he・・・

記事全文

鳥羽水族館 ジュゴンの生息を水中DNA「PCRプライマーセット」で調査

鳥羽水族館 水中のDNAからジュゴンの生息を確認できる調査法を開発 (参照:河川環境楽園オアシスパーク 水中探 [&he・・・

記事全文

中国 メコン川流域淡水魚水族館「メコン川水底世界」オープン 

中国 中国国内初メコン川流域の淡水魚水族館「メコン川水底世界」オープン  (参照:河川環境楽園オアシスパーク  [&he・・・

記事全文

大阪市大正区 川と一体化した複合商業施設「タグボート大正」オープン

大阪市大正区 河川敷に川と一体化した複合商業施設「タグボート大正」をオープン (参照:大阪水上バス アクアライ [&he・・・

記事全文

ヤンマー(株) 新しいマリンアクティビティ「Wheeebo(ウィーボ)」のサービスを開始

ヤンマー(株) マリンアクティビティ「Wheeebo(ウィーボ)」ハワイでサービス開始 (参照:河川環境楽園オ [&he・・・

記事全文

国土交通省 ダムの新たな洪水対策及び 発電容量の付け替え制度作りへ着手

国土交通省 洪水対策のダム容量減量時に発電容量の付け替えができる仕組み作りへ (参照: 国土交通省 内水氾濫の [&he・・・

記事全文

名古屋大学、九州大学 1滴の水滴で5ボルト以上の電気を生む素子開発

名古屋大学と九州大学の教授グループ 1滴の水滴で5ボルト以上発電する素子開発 (参照:神戸学院大学とブルボン  [&he・・・

記事全文

山形県南陽市 ふるさと納税で消滅危機の「白竜湖」復活を目指す

山形県南陽市 消滅危機の「白竜湖」復活の資金をふるさと納税で募集 (参照:長野県 諏訪湖の水質調査にIoTを活 [&he・・・

記事全文

2019年度「かわまち大賞」に新潟市の「信濃川やすらぎ堤」ほか

2019年度 かわまち大賞決まる 新潟市「信濃川やすらぎ堤かわまちづくり」ほか (参照:宮崎 大淀川右岸地区管 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR