中国、大気汚染とともに地下水汚染も深刻に

[ 2013/02/20 ]


車の排気ガスなどに含まれるPM2.5による深刻な大気汚染が取り沙汰されたばかりの中国だが、2013年2月17日、国内メディアが相次いで報じたことで、地下水の汚染も早急な対策を必要とする規模にまで進んでいることが明らかになった。
(参照:中国山西省長治市の化学工場で有害物質流出

中国の伝統的な釣り風景

Image from NoffeL

中国国土資源省の国内118都市を対象に実施された水質調査によれば、中国内の64%の都市で深刻な地下水汚染が確認され、33%の都市でも軽度の地下水汚染が起こっていた。地下水汚染の事実だけをみれば、9割を超える大多数の都市で何らかの汚染が起こっていたことになる。

汚染の具体的な情報は無いが、工場などから垂れ流される廃水に含まれる重金属による汚染が主だったものではないかと言われている。

汚染の原因は経済成長とともに増加した工業排水生活排水の汚染だ。中国では上水道の水源の多くが地下水となっており、このままでは健康被害が引き起こされる危険性がある。問題はすでに地方レベルではなく、現在このことに対する中国政府への批判が高まっている。


関連する記事

アーカイブス

日立 10月に高硬度水や井戸水にも対応可能な家庭用エコキュートを発売へ

日立 高硬度水や井戸水にも対応可能な家庭用エコキュート「ナイアガラ タフネス」発売 (参照:TOKAI 災害時 [&he・・・

記事全文

福光屋 日本酒の仕込み水で作った炭酸水を発売

福光屋 日本酒の仕込み水で作った無糖の炭酸水を発売 (参照:キリンビバレッジ プロテイン入り清涼飲料水を全国の [&he・・・

記事全文

大型台風19号が日本列島に接近中 国が断水対策や停電対策を呼びかけ

大型台風19号(ハギビス)が日本列島に接近 国が断水対策や停電対策を呼びかけ (参照:DCMホールディングス  [&he・・・

記事全文

四日市市 応急給水栓として水供給できる消火栓配備へ 三重県内初

四日市市 応急給水栓として水供給できる消火栓配備へ (参照:熊本市 震災で寄せられた飲料水130トンがほぼ賞味 [&he・・・

記事全文

WHO 飲料水の微小プラ問題は浄化装置除去、影響なしと発表

WHO 飲料水の微小プラ問題、影響なしと発表 (参照:ラストワンマイル協同組合 水やペットボトル入りドリンク類 [&he・・・

記事全文

山陰海岸ジオパーク館 川の働きについて紹介する新しい実験装置を導入

山陰海岸ジオパーク館 川の働きが学べる実験装置を新たに導入 (参照:小山市 「土地改良施設カード」作成 農業水 [&he・・・

記事全文

ソニー もみ殻由来の炭素材料「トリポーラス」で水中のウイルス吸着を確認

ソニー もみ殻由来の炭素材料「トリポーラス」で水の浄化への取り組み進める (参照:Watergen USA 車 [&he・・・

記事全文

キリンビバレッジ プロテイン入り清涼飲料水を全国のローソンで発売

キリンビバレッジ プロテイン入り清涼飲料水「キリン サプリ プロテイン」を全国のローソンで発売 (参照:名古屋 [&he・・・

記事全文

サンフランシスコ空港 ペットボトル入り飲料水の販売禁止へ

米 サンフランシスコ空港 ペットボトル入り飲料水の販売禁止へ (参照:セブンイレブン ジェイデン・スミスが手掛 [&he・・・

記事全文

熊本市 震災で寄せられた飲料水130トンがほぼ賞味期限切れ、活用方法を模索

熊本市 地震支援物資の水130トンがほぼ賞味期限切れ、活用方法を模索中 (参照:山梨県 ミネラルウォーター税導 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR