世界遺産・醍醐寺由来の名水「醍醐水」が超軟水で人気 京都市伏見

[ 2010/06/22 ]


京都市伏見区にある世界遺産・醍醐寺にて寺の由来にもなっている『醍醐水(だいごすい)』が一般発売され人気を集めている。『醍醐水』は、平安時代に寺を建設した聖宝理源大師が笠取山(醍醐山)に沸く水をすくい飲み「醍醐味なるかな」と褒めたという、開山にまつわる名水。醍醐寺創建以来多くの人々を潤してきた霊水を「多くの方々に感じていただけたら」と話しているという。

販売のきっかけとなったのは、昨年の聖宝理源大師一千百年御遠忌(ごおんき)。僧侶らが醍醐水をペットボトルに入れて配ったところ、参拝者たちから大きな反響を呼んだそう。販売を望む声が多かったため今春から販売開始となったが、古来よりの湧水を絶やさないよう取水制限が行われている。

以前、メガクエストコーポレーション代表・小笠原氏のインタビュー(参考:【インタビュー】安全で美味しい水を飲むにはどうすればいいの??)にて、硬度10~100mg/Lが美味しい水とされていると紹介したが、京都市の保健所や東京の検査機関で水質を調査したところ、醍醐水の硬度は14.9mg/Lと超軟水

癖がなく口当たりもまろやかで名水と呼ぶにふさわしい水と言えそうだ。自然環境を守るため、月3千本程度の数量限定販売となっている。「醍醐味」を味わいたい方はいかがだろうか。

▼申し込み先
『世界遺産 京都 醍醐寺』公式サイトはコチラ


関連する記事

アーカイブス

熊本市 第4回「アジア・太平洋水サミット」の開催地に決定

熊本市 第4回「アジア・太平洋水サミット」の開催地決定を発表 (参照:IWA世界会議が東京で開催される。)

記事全文

学術誌「Advances in Atmospheric Sciences」 海水温が観測史上最高を記録

海水温が観測史上最高を記録 学術誌「Advances in Atmospheric Sciences」に記事掲 [&he・・・

記事全文

三菱マテリアル 66年ぶりに秋田県で水力発電所を建設

三菱マテリアル 秋田県で水力発電所を66年ぶりに建設することを発表 (参照:カンボジア 国内最大級の水力発電ダ [&he・・・

記事全文

Watergen USA 車内で飲料水を作り出すシステムを開発

Watergen USA 車外の空気を取り込み車内で飲料水を作り出すシステムを開発 (参照: デンマーク 雨水 [&he・・・

記事全文

長野県 茅野市の農業水利施設を利用した観光プログラムの開発進める

長野県 茅野市の農業水利施設を利用した観光プログラムの開発進める 「水の語り部」の養成も (参照:魚津埋没林博 [&he・・・

記事全文

オリコン ウォーターサーバーに関する顧客満足度調査の結果を公開

オリコン 2018年1月のウォーターサーバーに関する顧客満足度調査の結果を公開 (参照:全国清涼飲料連合会 2 [&he・・・

記事全文

厚生労働省 平成31年度予算「災害拠点病院等の電源・水確保」費用補助方針

厚生労働省 平成31年度予算で「災害拠点病院等の電源・水確保」費用補助の方針固める (参照:日本水道協会と水資 [&he・・・

記事全文

日大工学部 水田が持つ貯水機能を活用した「田んぼダム」で防災研究

日本大学工学部の研究チーム 水田の貯水機能を活かした「田んぼダム」で防災へ取り組み (参照:関西電力、富山県と [&he・・・

記事全文

島津製作所 水中でも使用可能な高速無線通信システムを開発

島津製作所 水中でも瞬時に画像を送受信できる高速無線通信システムを開発 (参照:ソニー、水中でも音楽が楽しめる [&he・・・

記事全文

カンボジア 国内最大級の水力発電ダムが操業開始

カンボジア 国内最大級の水力発電ダム「セサン下流2水力発電所ダム」操業開始 (参照:岐阜県 小水力発電施設「板 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR