鳥インフルエンザウイルス汚染水を浄化する装置を京都府畜産センターなどが開発

[ 2013/03/12 ]


2013年2月26日、湖沼などの鳥インフルエンザウイルスに汚染された可能性のある水を浄化する装置を京都府畜産センター京都産業大グローバリーテック社などが開発したことが発表された。
(参照:日立GEニュークリア・エナジー、洗浄水を回収する遠隔除染ロボット「アラウンダー」公開

Image from 京都府農林水産技術センター畜産センター


これまでは、水辺で鳥インフルエンザに感染した野鳥が見つかった場合でも生物に影響を与えずに消毒・浄化する決定的な手段がなかった。国の指針としては鳥インフルエンザ感染が疑われる野鳥の死体が発見された場合には消石灰による消毒が奨励されているが、この方法だと環境汚染が免れないというデメリットがあり、消毒剤を効果的に撒けないため、感染拡大が心配されていた。

今回開発された装置はポンプで汲み上げた汚染水を水酸化カルシウムで強アルカリ性にした状態で10分間攪拌し、沈殿や二酸化炭素などの方法で中和した後で放流するシステムになっているので環境汚染の心配もない。


関連する記事

アーカイブス

双葉地方水道企業団 福島の安全な水をPR「ふくしま木戸川の水」発売

双葉地方水道企業団 福島の安全な水をPRする「ふくしま木戸川の水」約2万本を発売 (参照:水道水を充填したペッ [&he・・・

記事全文

株式会社MTG 「SIXPAD」シリーズに水を使った新たなトレーニングアイテムを発売

株式会社MTG  「SIXPAD」シリーズに新たなトレーニングアイテム、水で身体を鍛える「SIXPAD Wat [&he・・・

記事全文

株式会社ファーストリテイリング ジーンズの加工時の水使用量を最大99%削減

「ユニクロ」の株式会社ファーストリテイリングがジーンズ加工時の水使用量を9割以上削減する技術を開発 (参照:ト [&he・・・

記事全文

高知 豪雨対策に地下に巨大貯留管を整備

高知市、豪雨対策として江ノ口地区北部の地下に大規模貯留管を整備  (参照:現代につながる江戸時代からの上水)

記事全文

デンマーク 雨水を循環させて環境に役立てながら洪水を防止する画期的な歩道塗装を採用

デンマークの首都コペンハーゲンで雨水を自然循環させながら洪水を防止する歩道塗装を採用 (参照:運河の大掃除!オ [&he・・・

記事全文

関西電力、富山県と締結。「黒部ルート」を2024年6月から一般開放へ

関西電力、富山県と「黒部ルートの一般開放・旅行商品化に関する協定」締結。2024年6月から黒部ルート一般開放へ [&he・・・

記事全文

JR東海 リニアトンネル工事に伴う大井川水系流量問題で妥協案

JR東海、リニア新幹線南アルプストンネル静岡工区の大井川水系流量問題で妥協案 (参照:現代につながる江戸時代か [&he・・・

記事全文

アサヒ飲料、小学生向け出張「水育」授業~こどもSDGsスクール~

アサヒ飲料が小学生にSDGsの観点から「水育」の出張授業を行う (参照:アサヒ飲料、透明なのにカフェラテ?「ア [&he・・・

記事全文

国土交通省「ダムを見に行こう(秋号)」発刊

国土交通省は9月、平成25年6月以降第23回目となる「ダムを見に行こう(秋号)」を発刊した。 (参照:東北整備 [&he・・・

記事全文

滋賀 茨城ほか3県で「湖沼水環境保全に関する自治体連携」設立 世界湖沼会議で

滋賀県や茨城県を含む5県で水環境保全のため「湖沼水環境保全に関する自治体連携」を設立、世界湖沼会議で発表予定 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR