琵琶湖底の異変を滋賀県琵琶湖環境科学研究センターが発見

[ 2013/03/18 ]


滋賀県琵琶湖環境科学研究センター(大津市)では新型の水中探索ロボットを導入して琵琶湖底の実態解明に努めているが、2013年3月12日にも「瀬田川プランクトン調査結果速報」が発表された。
(参照:滋賀県大津市で「先進陸水海洋学会」が開催-世界最大 淡水と海洋についての研究発表

Image from滋賀県琵琶湖環境科学研究センターホームページ

それによると、最も数が多かった種類(優占種)は植物プランクトンでAsterionella formosa珪藻綱(ホシガタケイソウ)、動物プランクトンでRaphidocystis sp. 太陽虫類(ラフィドキスティス)という結果が出ている。

日本随一の規模を誇りながら、これまで本格的な調査が行われていなかった琵琶湖だが、2012年9月には琵琶湖固有のヨコエビ「アナンデールヨコエビ」の死骸が1平方メートルあたり約500匹見つかるなど、意義深い発見が相次いでいる。


関連する記事

アーカイブス

双葉地方水道企業団 福島の安全な水をPR「ふくしま木戸川の水」発売

双葉地方水道企業団 福島の安全な水をPRする「ふくしま木戸川の水」約2万本を発売 (参照:水道水を充填したペッ [&he・・・

記事全文

株式会社MTG 「SIXPAD」シリーズに水を使った新たなトレーニングアイテムを発売

株式会社MTG  「SIXPAD」シリーズに新たなトレーニングアイテム、水で身体を鍛える「SIXPAD Wat [&he・・・

記事全文

株式会社ファーストリテイリング ジーンズの加工時の水使用量を最大99%削減

「ユニクロ」の株式会社ファーストリテイリングがジーンズ加工時の水使用量を9割以上削減する技術を開発 (参照:ト [&he・・・

記事全文

高知 豪雨対策に地下に巨大貯留管を整備

高知市、豪雨対策として江ノ口地区北部の地下に大規模貯留管を整備  (参照:現代につながる江戸時代からの上水)

記事全文

デンマーク 雨水を循環させて環境に役立てながら洪水を防止する画期的な歩道塗装を採用

デンマークの首都コペンハーゲンで雨水を自然循環させながら洪水を防止する歩道塗装を採用 (参照:運河の大掃除!オ [&he・・・

記事全文

関西電力、富山県と締結。「黒部ルート」を2024年6月から一般開放へ

関西電力、富山県と「黒部ルートの一般開放・旅行商品化に関する協定」締結。2024年6月から黒部ルート一般開放へ [&he・・・

記事全文

JR東海 リニアトンネル工事に伴う大井川水系流量問題で妥協案

JR東海、リニア新幹線南アルプストンネル静岡工区の大井川水系流量問題で妥協案 (参照:現代につながる江戸時代か [&he・・・

記事全文

アサヒ飲料、小学生向け出張「水育」授業~こどもSDGsスクール~

アサヒ飲料が小学生にSDGsの観点から「水育」の出張授業を行う (参照:アサヒ飲料、透明なのにカフェラテ?「ア [&he・・・

記事全文

国土交通省「ダムを見に行こう(秋号)」発刊

国土交通省は9月、平成25年6月以降第23回目となる「ダムを見に行こう(秋号)」を発刊した。 (参照:東北整備 [&he・・・

記事全文

滋賀 茨城ほか3県で「湖沼水環境保全に関する自治体連携」設立 世界湖沼会議で

滋賀県や茨城県を含む5県で水環境保全のため「湖沼水環境保全に関する自治体連携」を設立、世界湖沼会議で発表予定 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR