富士通と富士通研究所、PCなどのプラスチック筐体に使える水性塗料を開発

[ 2013/03/28 ]


富士通株式会社株式会社富士通研究所は共同で、サーバやパソコンなどのICT機器のプラスチック筐体に適用可能な業界初となる水性塗料を開発したと、2013年3月4日に発表した。
(参照:富士通、衛星画像などから”水田区画図を作る技術”実用に向けた実証実験を開始

Image from 株式会社富士通研究所

今回開発した水性塗料は、2種類の樹脂からなるコアシェル構造を採用。揮発状態の調整により、樹脂粒子間の融着低温乾燥での塗装を実現した。従来の溶剤系塗料と比べて、新たに使用する石油の使用量を54%削減、また揮発性有機化合物も80%削減できているところに大きな特長がある。

揮発性有機化合物は大気中の光化学反応により、光化学スモッグを引き起こす原因物質の1つとされている。その排出量のおよそ40%は塗料が占めているため、地球環境保全において、大きな課題となっていた。

今回樹脂粒子間の融着や低温乾燥の実現により、溶剤系塗料から水性塗料へと切り替えが可能となったことから、省資源化環境負荷の低減も可能となった。

また、同社は本年発売のUNIXサーバ「SPARC M10(スパーク エムテン)」の「SPARC M10-4」と「SPARC M10-4S」の2モデルの本体フロントパネルにこの水性塗料を使用し販売する。


関連する記事

アーカイブス

(株) P.G.C.D. ジャパン 「水」画像または動画の投稿で浄水剤を寄付

(株) P.G.C.D. ジャパン 3月22日『世界水の日』にちなみ水画像の投稿で浄水剤の寄付 (参照:ナイキ [&he・・・

記事全文

大成建設 複数の汚染物質を同時に分解する分解菌「N23株」を開発 世界初

大成建設 地下水の複数の汚染物質を同時に分解する「N23株」を開発  (参照:名古屋大学、九州大学 1滴の水滴 [&he・・・

記事全文

鳥羽水族館 ジュゴンの生息を水中DNA「PCRプライマーセット」で調査

鳥羽水族館 水中のDNAからジュゴンの生息を確認できる調査法を開発 (参照:河川環境楽園オアシスパーク 水中探 [&he・・・

記事全文

中国 メコン川流域淡水魚水族館「メコン川水底世界」オープン 

中国 中国国内初メコン川流域の淡水魚水族館「メコン川水底世界」オープン  (参照:河川環境楽園オアシスパーク  [&he・・・

記事全文

大阪市大正区 川と一体化した複合商業施設「タグボート大正」オープン

大阪市大正区 河川敷に川と一体化した複合商業施設「タグボート大正」をオープン (参照:大阪水上バス アクアライ [&he・・・

記事全文

ヤンマー(株) 新しいマリンアクティビティ「Wheeebo(ウィーボ)」のサービスを開始

ヤンマー(株) マリンアクティビティ「Wheeebo(ウィーボ)」ハワイでサービス開始 (参照:河川環境楽園オ [&he・・・

記事全文

国土交通省 ダムの新たな洪水対策及び 発電容量の付け替え制度作りへ着手

国土交通省 洪水対策のダム容量減量時に発電容量の付け替えができる仕組み作りへ (参照: 国土交通省 内水氾濫の [&he・・・

記事全文

名古屋大学、九州大学 1滴の水滴で5ボルト以上の電気を生む素子開発

名古屋大学と九州大学の教授グループ 1滴の水滴で5ボルト以上発電する素子開発 (参照:神戸学院大学とブルボン  [&he・・・

記事全文

山形県南陽市 ふるさと納税で消滅危機の「白竜湖」復活を目指す

山形県南陽市 消滅危機の「白竜湖」復活の資金をふるさと納税で募集 (参照:長野県 諏訪湖の水質調査にIoTを活 [&he・・・

記事全文

2019年度「かわまち大賞」に新潟市の「信濃川やすらぎ堤」ほか

2019年度 かわまち大賞決まる 新潟市「信濃川やすらぎ堤かわまちづくり」ほか (参照:宮崎 大淀川右岸地区管 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR