富士通と富士通研究所、PCなどのプラスチック筐体に使える水性塗料を開発

[ 2013/03/28 ]


富士通株式会社株式会社富士通研究所は共同で、サーバやパソコンなどのICT機器のプラスチック筐体に適用可能な業界初となる水性塗料を開発したと、2013年3月4日に発表した。
(参照:富士通、衛星画像などから”水田区画図を作る技術”実用に向けた実証実験を開始

Image from 株式会社富士通研究所

今回開発した水性塗料は、2種類の樹脂からなるコアシェル構造を採用。揮発状態の調整により、樹脂粒子間の融着低温乾燥での塗装を実現した。従来の溶剤系塗料と比べて、新たに使用する石油の使用量を54%削減、また揮発性有機化合物も80%削減できているところに大きな特長がある。

揮発性有機化合物は大気中の光化学反応により、光化学スモッグを引き起こす原因物質の1つとされている。その排出量のおよそ40%は塗料が占めているため、地球環境保全において、大きな課題となっていた。

今回樹脂粒子間の融着や低温乾燥の実現により、溶剤系塗料から水性塗料へと切り替えが可能となったことから、省資源化環境負荷の低減も可能となった。

また、同社は本年発売のUNIXサーバ「SPARC M10(スパーク エムテン)」の「SPARC M10-4」と「SPARC M10-4S」の2モデルの本体フロントパネルにこの水性塗料を使用し販売する。


関連する記事

アーカイブス

DCMホールディングス 水に浸して使う土のう袋を発売

DCMホールディングス 水に浸すと膨らむ土のう袋を発売 (参照: 厚生労働省 平成31年度予算「災害拠点病院等 [&he・・・

記事全文

ラストワンマイル協同組合 水やペットボトル入りドリンク類専用新配送サービスを開始

ラストワンマイル協同組合 水やペットボトル入りドリンク類専用の新しい配送サービスを開始 (参照:ヒルトン名古屋 [&he・・・

記事全文

アトラスコプコ(株) 東ティモールで「Water for All」プロジェクトを始動

アトラスコプコ(株) 東ティモールで水や衛生環境改善のための「Water for All」プロジェクトを始動 [&he・・・

記事全文

ヤマハ発動機 新興国に向けた小型浄水装置、本格スタート

ヤマハ発動機 新興国に向けた小型浄水装置、セネガルで本格導入 (参照:三井住友建設(株) カンボジアでの上水道 [&he・・・

記事全文

未来工業と和仁農園 田んぼで使える自動止水装置を共同開発 

未来工業と和仁農園 田んぼの自動止水装置を共同開発 (参照:メタウォーター(株)の共同研究体 下水処理設備を統 [&he・・・

記事全文

サントリー 山梨県と「育水の推進等に関する連携協定」を締結

サントリーホールディングス(株) 山梨県と「育水の推進等に関する連携協定」を締結 (参照:(株)バスクリン 森 [&he・・・

記事全文

産総研 地下水情報が目で見てわかる地図「水文環境図」を更新

産総研 地下水情報が可視化された地図「水文環境図」を更新しWEBで公開 (参照:日大工学部 水田が持つ貯水機能 [&he・・・

記事全文

埼玉県 海のマイクロプラスチック問題を受け川の調査へ

埼玉県 海のマイクロプラスチック問題を受け、川のプラごみ調査を開始 (参照:美祢市 名水育ちの養殖ニジマス「ま [&he・・・

記事全文

鳥繁産業 大分県立看護科学大と共同で医療用除菌水の商品化を目指す

大分県産学共同で医療用除菌水の商品化を目指す (参照:メタウォーター(株)の共同研究体 下水処理設備を統合制御 [&he・・・

記事全文

JR前橋駅 自然環境に優しい駅「エコステ」モデル駅に

JR前橋駅 水をテーマとした自然環境に優しい駅「エコステ」モデル駅へ (参照:美祢市 名水育ちの養殖ニジマス「 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR