大林組、除塩技術「木材チップ塩成土壌改良工法」を開発し東北大と共同で実証

[ 2013/03/28 ]


株式会社大林組は、東日本大震災の津波で被災した塩害農地において、土壌改良雨水による除塩被災木材のチップ材などを活用して促進する「木材チップ塩成土壌改良工法」を開発したと2013年3月6日発表した。その効果は2012年4~9月の間に東北大学と共同で実施された宮城県岩沼市での実証試験で確認されている。
(参照:住友化学・日立造船が津波被害を受けた農地の修復技術を確立

Image from 株式会社大林組

2011年3月11日の東日本大震災では、巨大地震とともに発生した大津波の影響で広大な農地が被害を受けた。津波で被災した農地では、塩害から復旧するために、除塩事業が進められている。

通常作業では除塩用水を用地へ大量に引き込み、土の塩類を洗い流す。そのため、水田ではない排水不良の畑の除塩は難しかった。また被災して地盤沈下を起こしている地域では排水が不十分で除塩が困難になることも少なくない。

今回は農地用に木材チップと土壌改良材を農業機械のトラクターで混合雨水の透水性を高めて塩分の排水を促す工法が考案された。実証試験によれば、塩分を5ヶ月で基準値以下まで抑えることができるという。

大林組は20年前からアラブの湾岸地域の塩分を含む油汚染土の浄化や緑化を行うため、塩害対策技術の開発と適用実績を積み重ねてきた。国内の工事現場でも、海面埋め立て地の塩分濃度が高い掘削土を雨水で除塩して、緑地造成を行った実績がある。

今後も津波で被害を受けた塩害地に加え、気候変動の影響などで大型化するハリケーン、人口増に伴い進展する沿岸開発やデルタ地帯などの塩害リスク対応として活用していく予定だ。


関連する記事

アーカイブス

インドのムンバイで、青い犬が発見される。工場排水が原因か?

インドのムンバイで青い犬が次々と目撃される。工場から排出される汚染水を飲んだことが原因か? (参照:「汚染水ア [&he・・・

記事全文

畳やカーペットやの水汚れを水洗いできる掃除機、スイトル好評発売中。

世界初、カーペットについた液状の汚れを水洗い出来る掃除機用クリーナーヘッド、「Switle(スイトル)」好評発 [&he・・・

記事全文

福島第一原発の地下水の水位が低下。一時漏洩の恐れ。

福島第一原発四号機近くの水位が一時低下、汚染水の漏洩の恐れあるも、確認されず。 (参照:第一原発トリチウム水の [&he・・・

記事全文

安全な水をマダカスカルの子供達に。「TAP PROJECT JAPAN」のシンボルイベンド「ROAD to WATER」開催。

きれいで安全な水をマダカスカルの子供達に届けよう。 「TAP PROJECT JAPAN」のシンボルイベント「 [&he・・・

記事全文

散水ショーで踊って盛り上がろう。東京ディスニーランドで「ディズニー夏祭り2017」が開催。

散水ショーでびしょ濡れ必至。東京ディスニーランドで日本の祭りをアレンジした「ディズニー夏祭り2017」がスター [&he・・・

記事全文

第一原発トリチウム水の処分に苦慮。「海洋放出」発言に波紋も。

東京電力福島第一原発のトリチウム水処理に苦慮。汚染水処理の道は厳しい。 (参照:東京電力 地震で核燃料プールの [&he・・・

記事全文

ビヨンセがユニセフ(国連児童基金)とパートナーシップを組み、アフリカ、ブルンジに安全できれいな水を提供。

米国出身の世界的歌手、ビヨンセがユニセフと組んでアフリカ、ブルンジに安全な水と衛生環境を提供した。 (参照:イ [&he・・・

記事全文

水質汚染が深刻化する中国。世界中の水処理企業が好機をうかがう。

廃棄物が増加し、水質汚染が深刻化する中国に対し、世界の水処理企業が注目、好機を伺っている。 (参照:「汚染水ア [&he・・・

記事全文

福岡市水道局が「水道水パーク」を期間限定でオープン。

2017年7月28日から30日、福岡市水道局がJR博多シティつばめの杜ひろばにて「屋上de水道水パーク」を開催 [&he・・・

記事全文

エミレーツ航空、水資源を配慮した機体洗浄法を採用。

2017年6月4日、エミレーツ空港が水資源を配慮した機体洗浄法の採用を発表した。 (参照:ライオン、排水リサイ [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR