深海底の環境をもとに、「ナノ・エマルション」を作成(海洋研究開発機構)

[ 2013/05/27 ]


5月14日、超微細な油滴を水に分散させて「ナノ・エマルション(乳濁液)」を作り出す技術が海洋研究開発機構(JAMSTEC)と横浜市立大学の連携によって生み出された。
(参照:「しんかい6500」改造完了、沖縄県沖で「熱水鉱床」の調査へ

Image from JAMSTEC

上の写真は左が今回新しく開発した「ナノ・エマルション」で右が通常のエマルションだ。直径61ナノメートル(1ナノ=10億分の1)のサイズの揃った油滴が水に分散しており、透明度が高い。今後は化粧品や食品、医薬品など、さまざまな産業分野での利用が期待されている。

これまで同様の試みがなされてきたが、油滴を水に分散させてエマルションを作るには、激しいかくはんを行なう方法ではナノサイズにまで小さくするのは難しい。また、化学反応や再結晶を行ない原子や分子を集積して粒子まで組み上げる方法もあるが、これには水と油を均一に溶解させた状態を作らなければならない。しかし、本来は混ざらない水と油を混ぜるのは難しい。

そこで研究チームらが注目したのは、水深数千メートル以上の深海底だ。そこでは数百度の熱水が噴出しているところがあり、熱水が気体でも液体でもない「超臨界状態」が起きていた。これと同じ状況を作り出すために高温・高圧の環境を生み出した結果、337℃付近で油と水が完全に混ざり合って、油滴が消失した。


関連する記事

アーカイブス

ウォータージェン、空気から飲料水出来る装置の開発。

イスラエルの企業、ウォータージェンが空気から飲料水を作る装置を開発。 (参照:太陽光発電で空気から飲料水を作り [&he・・・

記事全文

和歌山市、水道水の濁りで3万5千世帯に影響

和歌山市、誤操作により水道水に濁り。3万5千世帯に影響。 (参照:霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍の [&he・・・

記事全文

福島第一原発、汚染水を巡り公聴会開催へ

福島第一原発の汚染水処理を巡り、今夏公聴会を開催することが決定 (参照:福島第一原発、台風の影響でで汚染水1万 [&he・・・

記事全文

アサヒ飲料、透明なのにカフェラテ?「アサヒクリアラテ from おいしい水」を新発売

アサヒ飲料、低カロリー・カフェインゼロ・脂肪ゼロのカフェラテ「アサヒ クリアラテ from おいしい水」を新発 [&he・・・

記事全文

成分は100%水の家庭用洗剤。「ウォータークリーナー」

成分が100%水の家庭用エコ洗剤、「クラスアッシュ ウォータークリーナー」発売中。 (参照:花粉を水に変えるス [&he・・・

記事全文

月に大量の氷か。月の隕石からその痕跡を発見。

東北大、月の隕石から月に大量の氷がある可能性を発見。 (参照:ブラジル、ブラジリアで第8回世界水フォーラム開催 [&he・・・

記事全文

霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍のヒ素検出。

霧島連山、硫黄山の噴火後、宮崎側の河川で2,4倍のヒ素検出も被害報告なし。 (参照:東京五輪、お台場会場で基準 [&he・・・

記事全文

新潟、「水と土の芸術祭」のパスポート前売り始まる

新潟で7月〜10月に開催される「水と土の芸術祭」。お得に回れるパスポート前売り発売始まる。 (参照:静岡・三島 [&he・・・

記事全文

アサヒ飲料、「ラベルレス」ミネラルウォーター発売。環境負荷軽減。

アサヒ飲料、商品にロールラベルをつけない(ラベルレス商品)「アサヒおいしい水 天然水 ラベルレスボトル」を発売 [&he・・・

記事全文

日東電工、滋賀事務所において今後5年以内に、「循環型グリーン工場」を目指す

日東電工、滋賀事務所において自社逆浸透膜技術を活用し、今後5年以内に「循環型グリーン工場」を目指す (参照:ラ [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR