深海底の環境をもとに、「ナノ・エマルション」を作成(海洋研究開発機構)

[ 2013/05/27 ]


5月14日、超微細な油滴を水に分散させて「ナノ・エマルション(乳濁液)」を作り出す技術が海洋研究開発機構(JAMSTEC)と横浜市立大学の連携によって生み出された。
(参照:「しんかい6500」改造完了、沖縄県沖で「熱水鉱床」の調査へ

Image from JAMSTEC

上の写真は左が今回新しく開発した「ナノ・エマルション」で右が通常のエマルションだ。直径61ナノメートル(1ナノ=10億分の1)のサイズの揃った油滴が水に分散しており、透明度が高い。今後は化粧品や食品、医薬品など、さまざまな産業分野での利用が期待されている。

これまで同様の試みがなされてきたが、油滴を水に分散させてエマルションを作るには、激しいかくはんを行なう方法ではナノサイズにまで小さくするのは難しい。また、化学反応や再結晶を行ない原子や分子を集積して粒子まで組み上げる方法もあるが、これには水と油を均一に溶解させた状態を作らなければならない。しかし、本来は混ざらない水と油を混ぜるのは難しい。

そこで研究チームらが注目したのは、水深数千メートル以上の深海底だ。そこでは数百度の熱水が噴出しているところがあり、熱水が気体でも液体でもない「超臨界状態」が起きていた。これと同じ状況を作り出すために高温・高圧の環境を生み出した結果、337℃付近で油と水が完全に混ざり合って、油滴が消失した。


関連する記事

アーカイブス

株式会社日立製作所が2018年10月よりIoTを活用した上下水道事業のクラウドサービスを提供開始

株式会社日立製作所は、IoTを活用した上下水道事業を支援するクラウドサービス「O&M支援デジタルソリ [&he・・・

記事全文

IWA世界会議が東京で開催される。

国際水協会(IWA:International Water Association)東京世界会議が9月16日か [&he・・・

記事全文

アメリカ中西部穀倉地帯におけるの水源の危機

アメリカでは1970年代から中西部穀倉地帯と呼ばれている地域におけるオガララ帯水層の水位低下が指摘されている。 [&he・・・

記事全文

バーチャルウォーターを考える

今日食べた食物を作るためにどれくらいの水が使われているか考えたことはあるだろうか (参照:プラスチックごみもC [&he・・・

記事全文

日本の名水百選

日本各地にある平成の名水選を紹介する。 (参照:静岡・三島の源兵衛川が世界水遺産に登録。)[ 2018/09/10 ]

記事全文

日本水フォーラムがはじめた水検定

水に関して知識に自信のある方受けてみませんか? (参照:東京都水道局、「東京水」のデザインをリニューアル)

記事全文

水道の検診にもスマートメーター

水道スマートメーターの活用に向けて開発・研究が動き始めている。 (参照:株式会社クボタ、次世代の水道管を開発)

記事全文

荒瀬ダム国内初のダム撤去

国内初の本格的なダムの撤去となった熊本県八代市坂本町の県営荒瀬ダムの工事が終わった。 (参照:八ッ場ダム 費用 [&he・・・

記事全文

株式会社クボタ、次世代の水道管を開発

パイプメーカーの株式会社クボタが新耐震管のGENEX管を開発した。 (参照:和歌山市、水道水の濁りで3万5千世 [&he・・・

記事全文

自然環境を破壊しない水力発電、「Cappa」

茨城製作所が開発した新しい水力発電「Cappa」 (参照:ライオン、排水リサイクルシステムを開発、自社の千葉工 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR