富山県 小水力発電計画導入へ

[ 2013/05/31 ]


5月26日、富山県の2か所の県営ダムで小水力発電の導入計画が進められていることが明らかとなった。昨年7月、再生可能エネルギーで発電された電気を買い取る制度が始まったことがきっかけ。
(参照:マレーシア ボルネオ島北西部のダム建設に地元の住民が抗議


Image from kayakaya

県営ダムのうち、建設時から発電機を備えているものは3つ。ダムを建設した後に発電設備を据え付けるのは県内初となる。整備費は3億円となるが、ダムの水力で341キロワット出力の発電機を設置し年間で一般家庭約400世帯分の電気をつくることが可能となる。よって、1年間電気を売って得た収入から維持管理費をのぞくと3600万円ほどの利益が見込まれるために8年ほどで投資分が回収できる見込み。

2016年春に稼働する予定。地元では他のダムにも導入を検討したが、採算性に問題があり見直しが相次いでいる状況。もともと電気設備のないダムなどは、設備投資がかかるため利益回収率が低くなりがちである。今後は工事費用のコスト削減や、電力の地産地消など地域に合った導入方法を模索していく。


関連する記事

アーカイブス

三菱ケミカル キッチンカープロジェクトの運用開始 水を考えるきっかけに

三菱ケミカル キッチンカー『MIZUgo』全国訪問スタート 水を考えるきっかけに (参照:アスクル(株) 「L [&he・・・

記事全文

大阪水上バス アクアライナー「お花見ナイトクルーズ」運航 4/5まで

大阪水上バス アクアライナー3/26〜4/5限定「お花見ナイトクルーズ」運航 (参照:ラグナシア 冬季限定イベ [&he・・・

記事全文

ナイキ 新たな企業宣言を策定 北極海航路不使用の立場を明確化

ナイキ コーポレイトプレッジを策定 北極海航路の不使用を宣言 (参照:サンフランシスコ空港 ペットボトル入り飲 [&he・・・

記事全文

スウェーデン SmartShakeシリーズの新製品が日本初上陸

スウェーデン 大人気シェーカー「SmartShake」シリーズ新作が日本上陸 (参照:セブンイレブン ジェイデ [&he・・・

記事全文

東京五輪 会場内へペットボトルの持ち込み容認か

2020年東京五輪 熱中症リスク軽減のためペットボトルの持ち込み容認か  (参照: サンフランシスコ空港 ペッ [&he・・・

記事全文

三浦工業(株) バラスト水処理装置が米認証取得、米国への寄港可能に

浦工業(株) バラスト水処理装置が米国沿岸警備隊の認証取得、米国への寄港可能に (参照:サンフランシスコ空港  [&he・・・

記事全文

ラグナシア 冬季限定イベントに水上イルミネーション「Frozen Ocean」登場

ラグーナテンボス ラグナシア園内 水上イルミネーション「Frozen Ocean」登場 (参照:山陰海岸ジオパ [&he・・・

記事全文

国土交通省 内水氾濫のハザードマップ作成を自治体に求める

国土交通省 内水ハザードマップ作成を自治体に求める (参照:首都圏外郭放水路が台風19号による氾濫対策に貢献)

記事全文

防災科学技術研究所 「耐水害住宅」降雨施設で公開実験

防災科学技術研究所と一条工務店 「耐水害住宅」降雨施設で公開実験 (参照:四日市市 応急給水栓として水供給でき [&he・・・

記事全文

長野県 諏訪湖の水質調査にIoTを活用した実証実験をスタート

長野県 諏訪湖の水質調査にIoTを活用した実証実験をスタート NTT東日本が協力 (参照:(株)Rist AI [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR