ごみゼロの日にむけ、琵琶湖をキレイにする運動 大津市自治会

[ 2013/05/31 ]


5月25日、大津市で地元の自治会から約800人が参加して琵琶湖のごみを拾って掃除する「ごみゼロ大作戦」を行なった。(参照:琵琶湖底の異変を滋賀県琵琶湖環境科学研究センターが発見

Image from Kentaro Ohno

これは、きたる「ごみゼロの日」(5月30日)を前に、市民の美化意識を高めるために2002年から毎年続けられている。読売新聞の公募から参加した市民らは琵琶湖に対する想いが強く、大きさだけでなく美しさでも日本一にしたいと願っていたり、湖岸を走っていて感謝の気持ちを持っていたりそれぞれ。地元の学生や保護者らも約50名が参加しており、県外の人にも喜んでほしいと汗まみれになりながらごみを拾っていた。

湖岸約5キロを掃除した後、約2時間でごみ袋(45リットル)約160袋分が集まった。琵琶湖は2009年に読売新聞の創刊135周年のキャンペーン「平成百景」に選ばれた。後世に残すべき風景を守るため、同社では本社と販売店との関連企画で「クリーン平成百景」を行ない、清掃活動に協力している。


関連する記事

アーカイブス

株式会社オーミヤ 木製や大理石製に見える排水管「空間のP」「空間のS」発売

株式会社オーミヤ 空間になじむ排水管「空間のP」「空間のS」発売 (参照:株式会社AQUA JACKET 「捨 [&he・・・

記事全文

米Flo Technologies社 家庭の水漏れをAIで管理する商品を開発

アメリカ Flo Technologies社 家庭の水漏れをAIで管理、異常を警告する商品を発表 (参照:マク [&he・・・

記事全文

山口大と大起理化工業共同開発 地下水の流速と流向を紙で測定

山口大と大起理化工業 「紙」を使った地下水の流速と流向の新測定法を共同開発 (参照:魚津埋没林博物館 地下水に [&he・・・

記事全文

JTB、ソラシドエアほか 宮崎活性のためのインフラツーリズムを本格推進

JTB、ソラシドエアほか 宮崎県活性に向けインフラツーリズムを本格推進する方針 (参照:長野県 茅野市の農業水 [&he・・・

記事全文

日本ミネラルウォーター協会 統計資料、ミネラルウォーター生産山梨トップを更新

2019年3月22日 日本ミネラルウォーター協会が統計資料を更新、山梨がミネラルウォーター生産トップ更新 (参 [&he・・・

記事全文

P&G 「子どもたちのための安全な飲み水」プログラムにて新規目標を設定

P&G 「子どもたちのための安全な飲み水」プログラムの目標達成、新規目標を再設定 (参照:双葉地方水 [&he・・・

記事全文

株式会社デンソー 工場見学コースに浄化施設見学コースを新設

株式会社デンソー 工場見学のコースに団体見学者向けの浄化施設見学コースを新設 (参照:長野県 茅野市の農業水利 [&he・・・

記事全文

株式会社矢野経済研究所 ミネラルウォーターや宅配水市場に関する調査の結果を公開

株式会社矢野経済研究所 宅配水ほか水市場に関する調査の結果を公開 (参照:山梨県 ミネラルウォーター税導入検討 [&he・・・

記事全文

小山市 「土地改良施設カード」作成 農業水利施設への興味促す

小山市 「土地改良施設カード」作成&配布し、農業水利施設への興味促す (参照:長野県 茅野市の農業水利施設を利 [&he・・・

記事全文

(株)ディーゼル・ワークショップ 陸上型ドローン開発 地下水路の調査にも

(株)ディーゼル・ワークショップ 陸上型調査ドローン開発 地下水路の調査に活用 (参照:魚津埋没林博物館 地下 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR