栃木県の地域おこしに和紅茶 山椒フレーバーも登場か

[ 2013/06/05 ]


5月28日、栃木県大田原市国産紅茶「和紅茶」の生産に向けて茶摘みが行なわれた。
(参照:株式会社伊藤園「お~いお茶」リニューアルで、茶葉から一新!来たる夏に向け、緑茶と濃い味に美味しい変化を。

Image from klipsch_soundman

これは紅茶用の茶摘みとしては初めてで、茶畑の整備などもすすめられている。この地域では江戸時代から茶の生産で有名だったが、最近は高齢化などで廃れてしまっていた。

そこで昨年5月、茶の木は同じで緑茶と加工の過程だけが異なる紅茶を使って地域おこしをしようと「やみぞあづまっぺ協議会」を結成した。協議会のメンバーは、地域おこしに熱心な地元有志ら約20名、茶どころの復興にもともと取り組んでいた「那須・雲岩寺T&A組合」のメンバーなど。和紅茶の生産についてアイデアを出したのは、県那須農業振興事務所だった。

同協議会は今後、7月に二番茶・8月に三番茶を収穫して紅茶に加工するほか、モモや柿などの実の皮で香りづけするフレーバーティーにも挑戦する。乾燥させた山椒の実や葉などを用いたりして、バリエーションに富む生産を予定している。すでに那須町のホテルなどからも引き合いが来ており、来年からの商品化を目指す。


関連する記事

アーカイブス

株式会社オーミヤ 木製や大理石製に見える排水管「空間のP」「空間のS」発売

株式会社オーミヤ 空間になじむ排水管「空間のP」「空間のS」発売 (参照:株式会社AQUA JACKET 「捨 [&he・・・

記事全文

米Flo Technologies社 家庭の水漏れをAIで管理する商品を開発

アメリカ Flo Technologies社 家庭の水漏れをAIで管理、異常を警告する商品を発表 (参照:マク [&he・・・

記事全文

山口大と大起理化工業共同開発 地下水の流速と流向を紙で測定

山口大と大起理化工業 「紙」を使った地下水の流速と流向の新測定法を共同開発 (参照:魚津埋没林博物館 地下水に [&he・・・

記事全文

JTB、ソラシドエアほか 宮崎活性のためのインフラツーリズムを本格推進

JTB、ソラシドエアほか 宮崎県活性に向けインフラツーリズムを本格推進する方針 (参照:長野県 茅野市の農業水 [&he・・・

記事全文

日本ミネラルウォーター協会 統計資料、ミネラルウォーター生産山梨トップを更新

2019年3月22日 日本ミネラルウォーター協会が統計資料を更新、山梨がミネラルウォーター生産トップ更新 (参 [&he・・・

記事全文

P&G 「子どもたちのための安全な飲み水」プログラムにて新規目標を設定

P&G 「子どもたちのための安全な飲み水」プログラムの目標達成、新規目標を再設定 (参照:双葉地方水 [&he・・・

記事全文

株式会社デンソー 工場見学コースに浄化施設見学コースを新設

株式会社デンソー 工場見学のコースに団体見学者向けの浄化施設見学コースを新設 (参照:長野県 茅野市の農業水利 [&he・・・

記事全文

株式会社矢野経済研究所 ミネラルウォーターや宅配水市場に関する調査の結果を公開

株式会社矢野経済研究所 宅配水ほか水市場に関する調査の結果を公開 (参照:山梨県 ミネラルウォーター税導入検討 [&he・・・

記事全文

小山市 「土地改良施設カード」作成 農業水利施設への興味促す

小山市 「土地改良施設カード」作成&配布し、農業水利施設への興味促す (参照:長野県 茅野市の農業水利施設を利 [&he・・・

記事全文

(株)ディーゼル・ワークショップ 陸上型ドローン開発 地下水路の調査にも

(株)ディーゼル・ワークショップ 陸上型調査ドローン開発 地下水路の調査に活用 (参照:魚津埋没林博物館 地下 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR