栃木県の地域おこしに和紅茶 山椒フレーバーも登場か

[ 2013/06/05 ]


5月28日、栃木県大田原市国産紅茶「和紅茶」の生産に向けて茶摘みが行なわれた。
(参照:株式会社伊藤園「お~いお茶」リニューアルで、茶葉から一新!来たる夏に向け、緑茶と濃い味に美味しい変化を。

Image from klipsch_soundman

これは紅茶用の茶摘みとしては初めてで、茶畑の整備などもすすめられている。この地域では江戸時代から茶の生産で有名だったが、最近は高齢化などで廃れてしまっていた。

そこで昨年5月、茶の木は同じで緑茶と加工の過程だけが異なる紅茶を使って地域おこしをしようと「やみぞあづまっぺ協議会」を結成した。協議会のメンバーは、地域おこしに熱心な地元有志ら約20名、茶どころの復興にもともと取り組んでいた「那須・雲岩寺T&A組合」のメンバーなど。和紅茶の生産についてアイデアを出したのは、県那須農業振興事務所だった。

同協議会は今後、7月に二番茶・8月に三番茶を収穫して紅茶に加工するほか、モモや柿などの実の皮で香りづけするフレーバーティーにも挑戦する。乾燥させた山椒の実や葉などを用いたりして、バリエーションに富む生産を予定している。すでに那須町のホテルなどからも引き合いが来ており、来年からの商品化を目指す。


関連する記事

アーカイブス

DCMホールディングス 水に浸して使う土のう袋を発売

DCMホールディングス 水に浸すと膨らむ土のう袋を発売 (参照: 厚生労働省 平成31年度予算「災害拠点病院等 [&he・・・

記事全文

ラストワンマイル協同組合 水やペットボトル入りドリンク類専用新配送サービスを開始

ラストワンマイル協同組合 水やペットボトル入りドリンク類専用の新しい配送サービスを開始 (参照:ヒルトン名古屋 [&he・・・

記事全文

アトラスコプコ(株) 東ティモールで「Water for All」プロジェクトを始動

アトラスコプコ(株) 東ティモールで水や衛生環境改善のための「Water for All」プロジェクトを始動 [&he・・・

記事全文

ヤマハ発動機 新興国に向けた小型浄水装置、本格スタート

ヤマハ発動機 新興国に向けた小型浄水装置、セネガルで本格導入 (参照:三井住友建設(株) カンボジアでの上水道 [&he・・・

記事全文

未来工業と和仁農園 田んぼで使える自動止水装置を共同開発 

未来工業と和仁農園 田んぼの自動止水装置を共同開発 (参照:メタウォーター(株)の共同研究体 下水処理設備を統 [&he・・・

記事全文

サントリー 山梨県と「育水の推進等に関する連携協定」を締結

サントリーホールディングス(株) 山梨県と「育水の推進等に関する連携協定」を締結 (参照:(株)バスクリン 森 [&he・・・

記事全文

産総研 地下水情報が目で見てわかる地図「水文環境図」を更新

産総研 地下水情報が可視化された地図「水文環境図」を更新しWEBで公開 (参照:日大工学部 水田が持つ貯水機能 [&he・・・

記事全文

埼玉県 海のマイクロプラスチック問題を受け川の調査へ

埼玉県 海のマイクロプラスチック問題を受け、川のプラごみ調査を開始 (参照:美祢市 名水育ちの養殖ニジマス「ま [&he・・・

記事全文

鳥繁産業 大分県立看護科学大と共同で医療用除菌水の商品化を目指す

大分県産学共同で医療用除菌水の商品化を目指す (参照:メタウォーター(株)の共同研究体 下水処理設備を統合制御 [&he・・・

記事全文

JR前橋駅 自然環境に優しい駅「エコステ」モデル駅に

JR前橋駅 水をテーマとした自然環境に優しい駅「エコステ」モデル駅へ (参照:美祢市 名水育ちの養殖ニジマス「 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR