芝浦工業大学、自然界に存在する微生物を利用したレアメタル回収技術の開発に成功

[ 2013/06/11 ]


2013年6月7日、芝浦工業大学応用化学科の山下光雄教授が特殊な金属代謝機能をもつ微生物を用いて工業廃水に含まれるレアメタルを回収する技術を開発し、レアメタル汚染という環境問題に対応すると同時に、回収したレアメタルを市場価値のある資源としてリサイクルすることを可能にしたと発表があった。
(参照:東北大学 中国大陸から毒性のあるレアメタルが飛来-生態系、人体への影響研究が課題に

Pseudomonas stutzeri NT-I株と生成したセレン

Image from 芝浦工業大学

レアメタルはパソコンや携帯電話、自動車などの製造に不可欠であり、近年、供給不安価格高騰で知られる希少金属である。その一つであるセレンは水に溶けると毒性を示し、体内に入ることで神経障害や脱毛を引き起こすこともある毒劇物で、無意識のうちに環境汚染や人体汚染が進行しているケースも少なくない。また、従来のセレンを含んだ工業廃水の処理は、セレンを凝集するにも多量の化学薬品を使う必要があり、高いコストがかかっていた。廃水からセレン元素を回収する技術はこれまで存在せず、化学薬品を使用するにしても、廃水処理技術として問題はらんでいた。

山下教授は、泥中や川などの自然界に存在する微生物を用いて、工業廃水中のセレンを回収する技術を確立。具体的には、水に溶けた毒性のセレンを不溶化し、無毒のセレンに還元することのできる好気的セレン酸塩還元菌、「Pseudomonas stutzeri NT-I株」を発見。この微生物を工業廃水中で培養することで、水に溶けていた毒性のセレン酸および亜セレン酸が変化して元素態のセレン(固化物)になる。固液分離すると、セレンは固体として濃縮され、これを焼成(焙焼)すると、酸化物セレンになり資源化できる。このように、工業廃水中のセレンの除去と回収に成功した。

セレンは、太陽光パネルやガラスの着脱色剤として利用されており、後にこのような市場価値のある資源としてリサイクルすることを目的としている。また、テルルや自動車モーターの永久磁石などに使用されるネオジムやジスプロシウムなどもこの方法での回収実験に成功して特許を出願済みであり、現在、産業への利用を検討している。

今後は回収元素を広げ、希少金属のさらなる回収を目指すという。


関連する記事

アーカイブス

福島第一原発、汚染水を巡り公聴会開催へ

福島第一原発の汚染水処理を巡り、今夏公聴会を開催することが決定 (参照:福島第一原発、台風の影響でで汚染水1万 [&he・・・

記事全文

アサヒ飲料、透明なのにカフェラテ?「アサヒクリアラテ from おいしい水」を新発売

アサヒ飲料、低カロリー・カフェインゼロ・脂肪ゼロのカフェラテ「アサヒ クリアラテ from おいしい水」を新発 [&he・・・

記事全文

成分は100%水の家庭用洗剤。「ウォータークリーナー」

成分が100%水の家庭用エコ洗剤、「クラスアッシュ ウォータークリーナー」発売中。 (参照:花粉を水に変えるス [&he・・・

記事全文

月に大量の氷か。月の隕石からその痕跡を発見。

東北大、月の隕石から月に大量の氷がある可能性を発見。 (参照:ブラジル、ブラジリアで第8回世界水フォーラム開催 [&he・・・

記事全文

霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍のヒ素検出。

霧島連山、硫黄山の噴火後、宮崎側の河川で2,4倍のヒ素検出も被害報告なし。 (参照:東京五輪、お台場会場で基準 [&he・・・

記事全文

新潟、「水と土の芸術祭」のパスポート前売り始まる

新潟で7月〜10月に開催される「水と土の芸術祭」。お得に回れるパスポート前売り発売始まる。 (参照:静岡・三島 [&he・・・

記事全文

アサヒ飲料、「ラベルレス」ミネラルウォーター発売。環境負荷軽減。

アサヒ飲料、商品にロールラベルをつけない(ラベルレス商品)「アサヒおいしい水 天然水 ラベルレスボトル」を発売 [&he・・・

記事全文

日東電工、滋賀事務所において今後5年以内に、「循環型グリーン工場」を目指す

日東電工、滋賀事務所において自社逆浸透膜技術を活用し、今後5年以内に「循環型グリーン工場」を目指す (参照:ラ [&he・・・

記事全文

オプテックス株式会社、水の濁りを測定する「低濁度チェッカー」を発売

オプテックス株式会社、飲み水レベルの濁りを測定できる、結露防止機能搭載の「低濁度チェッカー」を発売 (参照:株 [&he・・・

記事全文

タイ、旧正月を祝う水掛祭り「ソンクラン」で新年を祝う

タイ、4月13日から旧正月を祝って行われる水掛祭り「ソンクラン」で新年を祝う。 (参照:郡上発!水出しコーヒー [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR