東京大学、大津波が海底生態系に及ぼした影響を潜水調査で解明

[ 2013/06/13 ]


東京大学大気海洋研究所の海洋生態系動態部門底生生物分野、清家弘治助教授、同研究所附属国際沿岸海洋研究センターの沿岸生態分野、白井厚太朗助教授、および博士課程大学院生の小暮ゆきひさ氏の手により、2011年3月に発生した東日本大震災による大津波の海底生態系に対する影響が潜水調査された。
(参照:名古屋港水族館で地震と津波を想定した「水族館津波避難大作戦」開催!!

東大、大津波が海底生態系に及ぼした影響を潜水調査で解明

Image from 東京大学

調査の期間は2010年9月から2012年9月。津波の前後半年間と、1年半後にもう一度、海底環境海底生物を対象に、岩手県の大槌湾船越湾潮下帯の砂泥底それぞれ5地点ずつ、計10地点で実施された。津波の予測が困難であることから、発生前との比較研究は希少である。

津波発生から半年後の調査で、大津波によって海底環境が大きく変化していることが明らかとなった。津波前にはたくさん生息していた貝やウニといった大型の底生生物は、津波後に一部生息を確認できなくなっていた。なお、大津波から受けた影響の度合いは、底生生物の種類によって異なっていた。一部の種は津波後に姿を消したが、大津波前後で生息状況がまったく変化しなかった種もある

1年半後に行われた調査では、大津波後に一度はいなくなった底生生物が再び生息していることが確認することができたという。このことは、海底生態系が津波の衝撃からの回復を既に開始していることを意味している。

津波による海底環境の変化は著しく、波で運ばれてきた砂利で覆われ、水深が2mも浅くなる観測地点もあった。ただし、1年半後、堆積した砂利がなくなり、もとの水深に戻るとともに、津波によって突発的に形成された海底環境(地形や堆積物)は海底が泥に覆われていたことから長くは維持されず、津波前の状況にほぼ戻ったことになる。


関連する記事

アーカイブス

カインズ、クラシアンと業務提携へ 水まわりのサービスを強化へ

カインズ、クラシアンと業務提携へ 水まわりの緊急サービスや施工面を強化へ (参照:日立 10月に高硬度水や井戸 [&he・・・

記事全文

愛知県 全国で初めて浄化槽点検業者を認定制に

愛知県 全国初、浄化槽点検業者の認定制を検討 (参照:(株)Rist AI水質監視システムを活用する水処理施設 [&he・・・

記事全文

(株)ドリーマー 「ウォーターメーカー」のマスターエージェンシー契約を締結

(株)ドリーマー 東海地方で初「ウォーターメーカー」のマスターエージェンシー契約を締結 (参照:TOKAI 災 [&he・・・

記事全文

山形・福島・新潟 水田での園芸作物栽培に向けての排水技術や先進事例を共有

山形・福島・新潟 水田の排水技術や先進事例を共有、水田栽培の園芸作物産地化へ (参照:未来工業と和仁農園 田ん [&he・・・

記事全文

ジャパンソルト ニュージーランド産ミネラルウォーター「アンティポディーズ」販売へ

ジャパンソルト NZ産ミネラルウォーター「アンティポディーズ」を輸入、販売へ (参照:福光屋 日本酒の仕込み水 [&he・・・

記事全文

和歌山県串本町 高齢者世帯の災害備蓄水の配達料を無料に

和歌山県串本町 高齢者世帯の災害備蓄水「なんたん水」の配達を無料化 (参照:熊本市 震災で寄せられた飲料水13 [&he・・・

記事全文

日立 10月に高硬度水や井戸水にも対応可能な家庭用エコキュートを発売へ

日立 高硬度水や井戸水にも対応可能な家庭用エコキュート「ナイアガラ タフネス」発売 (参照:TOKAI 災害時 [&he・・・

記事全文

福光屋 日本酒の仕込み水で作った炭酸水を発売

福光屋 日本酒の仕込み水で作った無糖の炭酸水を発売 (参照:キリンビバレッジ プロテイン入り清涼飲料水を全国の [&he・・・

記事全文

大型台風19号が日本列島に接近中 国が断水対策や停電対策を呼びかけ

大型台風19号(ハギビス)が日本列島に接近 国が断水対策や停電対策を呼びかけ (参照:DCMホールディングス  [&he・・・

記事全文

四日市市 応急給水栓として水供給できる消火栓配備へ 三重県内初

四日市市 応急給水栓として水供給できる消火栓配備へ (参照:熊本市 震災で寄せられた飲料水130トンがほぼ賞味 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR