富士経済、空調機器・温水機器及びヒートポンプ関連機器の世界市場調査結果を発表

[ 2013/06/17 ]


総合マーケティングビジネスの株式会社富士経済は、2013年1~5月の間、エアコンや住宅向け給湯器など、空調機器、温水機器、およびヒートポンプ技術を活用した関連機器の現状および市場構造についてワールドワイドに調査し、その結果を報告書「ヒートポンプ温水・空調市場の現状と将来展望2013」にまとめた。
(参照:富士経済が水ビジネス参入企業の事業戦略の調査結果「拡大する水ビジネスに挑む注目企業の事業戦略動向 2013」を発表

富士経済、空調機器・温水機器及びヒートポンプ関連機器の世界市場調査結果を発表 Image from 株式会社富士経済

温水分野では2012年は、前年に比べると5.3%減と伸び悩み、市場規模も1兆7,193億円にとどまった。原因としては、高い構成比を占める住宅向け燃焼式給湯器と住宅向け燃焼式温水暖房機が、中国、欧州、北米の住宅需要低迷の影響で落ち込んだことが挙げられる。

しかし、2013年以降は中国における住宅市場の根強い需要と、それに伴う温水機器への需要の高まりを背景に伸びる見込みだ。2020年の世界市場は、2012年に比べ、3.8%増の1兆7,845億円が予測されている。

温水分野の関連機器がすでに普及している先進国では、給湯と温水どちらも、潜熱回収などの高効率タイプやヒートポンプ搭載機器への転換が進んでいるが、中国や東欧では、経済成長を背景とした住環境やライフスタイルの変化によって、新たな市場が形成されつつある

機器別では、住宅向けヒートポンプ式温水暖房機は中国と欧州を中心に今後の需要拡大が期待されている。2012年に比べ、2020年の市場はおよそ1.5倍に成長する見込みだ。また、住宅向けヒートポンプ式給湯器は、中国、欧州、北米の牽引で市場が拡大し、市場全体としても2013年以降成長に向かうと考えられている。


関連する記事

アーカイブス

株式会社クボタ、次世代の水道管を開発

パイプメーカーの株式会社クボタが新耐震管のGENEX管を開発した。 (参照:和歌山市、水道水の濁りで3万5千世 [&he・・・

記事全文

自然環境を破壊しない水力発電、「Cappa」

茨城製作所が開発した新しい水力発電「Cappa」 (参照:ライオン、排水リサイクルシステムを開発、自社の千葉工 [&he・・・

記事全文

ウォータージェン、空気から飲料水出来る装置の開発。

イスラエルの企業、ウォータージェンが空気から飲料水を作る装置を開発。 (参照:太陽光発電で空気から飲料水を作り [&he・・・

記事全文

和歌山市、水道水の濁りで3万5千世帯に影響

和歌山市、誤操作により水道水に濁り。3万5千世帯に影響。 (参照:霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍の [&he・・・

記事全文

福島第一原発、汚染水を巡り公聴会開催へ

福島第一原発の汚染水処理を巡り、今夏公聴会を開催することが決定 (参照:福島第一原発、台風の影響でで汚染水1万 [&he・・・

記事全文

アサヒ飲料、透明なのにカフェラテ?「アサヒクリアラテ from おいしい水」を新発売

アサヒ飲料、低カロリー・カフェインゼロ・脂肪ゼロのカフェラテ「アサヒ クリアラテ from おいしい水」を新発 [&he・・・

記事全文

成分は100%水の家庭用洗剤。「ウォータークリーナー」

成分が100%水の家庭用エコ洗剤、「クラスアッシュ ウォータークリーナー」発売中。 (参照:花粉を水に変えるス [&he・・・

記事全文

月に大量の氷か。月の隕石からその痕跡を発見。

東北大、月の隕石から月に大量の氷がある可能性を発見。 (参照:ブラジル、ブラジリアで第8回世界水フォーラム開催 [&he・・・

記事全文

霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍のヒ素検出。

霧島連山、硫黄山の噴火後、宮崎側の河川で2,4倍のヒ素検出も被害報告なし。 (参照:東京五輪、お台場会場で基準 [&he・・・

記事全文

新潟、「水と土の芸術祭」のパスポート前売り始まる

新潟で7月〜10月に開催される「水と土の芸術祭」。お得に回れるパスポート前売り発売始まる。 (参照:静岡・三島 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR