富士経済、空調機器・温水機器及びヒートポンプ関連機器の世界市場調査結果を発表

[ 2013/06/17 ]


総合マーケティングビジネスの株式会社富士経済は、2013年1~5月の間、エアコンや住宅向け給湯器など、空調機器、温水機器、およびヒートポンプ技術を活用した関連機器の現状および市場構造についてワールドワイドに調査し、その結果を報告書「ヒートポンプ温水・空調市場の現状と将来展望2013」にまとめた。
(参照:富士経済が水ビジネス参入企業の事業戦略の調査結果「拡大する水ビジネスに挑む注目企業の事業戦略動向 2013」を発表

富士経済、空調機器・温水機器及びヒートポンプ関連機器の世界市場調査結果を発表 Image from 株式会社富士経済

温水分野では2012年は、前年に比べると5.3%減と伸び悩み、市場規模も1兆7,193億円にとどまった。原因としては、高い構成比を占める住宅向け燃焼式給湯器と住宅向け燃焼式温水暖房機が、中国、欧州、北米の住宅需要低迷の影響で落ち込んだことが挙げられる。

しかし、2013年以降は中国における住宅市場の根強い需要と、それに伴う温水機器への需要の高まりを背景に伸びる見込みだ。2020年の世界市場は、2012年に比べ、3.8%増の1兆7,845億円が予測されている。

温水分野の関連機器がすでに普及している先進国では、給湯と温水どちらも、潜熱回収などの高効率タイプやヒートポンプ搭載機器への転換が進んでいるが、中国や東欧では、経済成長を背景とした住環境やライフスタイルの変化によって、新たな市場が形成されつつある

機器別では、住宅向けヒートポンプ式温水暖房機は中国と欧州を中心に今後の需要拡大が期待されている。2012年に比べ、2020年の市場はおよそ1.5倍に成長する見込みだ。また、住宅向けヒートポンプ式給湯器は、中国、欧州、北米の牽引で市場が拡大し、市場全体としても2013年以降成長に向かうと考えられている。


関連する記事

アーカイブス

熊本市 第4回「アジア・太平洋水サミット」の開催地に決定

熊本市 第4回「アジア・太平洋水サミット」の開催地決定を発表 (参照:IWA世界会議が東京で開催される。)

記事全文

学術誌「Advances in Atmospheric Sciences」 海水温が観測史上最高を記録

海水温が観測史上最高を記録 学術誌「Advances in Atmospheric Sciences」に記事掲 [&he・・・

記事全文

三菱マテリアル 66年ぶりに秋田県で水力発電所を建設

三菱マテリアル 秋田県で水力発電所を66年ぶりに建設することを発表 (参照:カンボジア 国内最大級の水力発電ダ [&he・・・

記事全文

Watergen USA 車内で飲料水を作り出すシステムを開発

Watergen USA 車外の空気を取り込み車内で飲料水を作り出すシステムを開発 (参照: デンマーク 雨水 [&he・・・

記事全文

長野県 茅野市の農業水利施設を利用した観光プログラムの開発進める

長野県 茅野市の農業水利施設を利用した観光プログラムの開発進める 「水の語り部」の養成も (参照:魚津埋没林博 [&he・・・

記事全文

オリコン ウォーターサーバーに関する顧客満足度調査の結果を公開

オリコン 2018年1月のウォーターサーバーに関する顧客満足度調査の結果を公開 (参照:全国清涼飲料連合会 2 [&he・・・

記事全文

厚生労働省 平成31年度予算「災害拠点病院等の電源・水確保」費用補助方針

厚生労働省 平成31年度予算で「災害拠点病院等の電源・水確保」費用補助の方針固める (参照:日本水道協会と水資 [&he・・・

記事全文

日大工学部 水田が持つ貯水機能を活用した「田んぼダム」で防災研究

日本大学工学部の研究チーム 水田の貯水機能を活かした「田んぼダム」で防災へ取り組み (参照:関西電力、富山県と [&he・・・

記事全文

島津製作所 水中でも使用可能な高速無線通信システムを開発

島津製作所 水中でも瞬時に画像を送受信できる高速無線通信システムを開発 (参照:ソニー、水中でも音楽が楽しめる [&he・・・

記事全文

カンボジア 国内最大級の水力発電ダムが操業開始

カンボジア 国内最大級の水力発電ダム「セサン下流2水力発電所ダム」操業開始 (参照:岐阜県 小水力発電施設「板 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR