富士経済、空調機器・温水機器及びヒートポンプ関連機器の世界市場調査結果を発表

[ 2013/06/17 ]


総合マーケティングビジネスの株式会社富士経済は、2013年1~5月の間、エアコンや住宅向け給湯器など、空調機器、温水機器、およびヒートポンプ技術を活用した関連機器の現状および市場構造についてワールドワイドに調査し、その結果を報告書「ヒートポンプ温水・空調市場の現状と将来展望2013」にまとめた。
(参照:富士経済が水ビジネス参入企業の事業戦略の調査結果「拡大する水ビジネスに挑む注目企業の事業戦略動向 2013」を発表

富士経済、空調機器・温水機器及びヒートポンプ関連機器の世界市場調査結果を発表 Image from 株式会社富士経済

温水分野では2012年は、前年に比べると5.3%減と伸び悩み、市場規模も1兆7,193億円にとどまった。原因としては、高い構成比を占める住宅向け燃焼式給湯器と住宅向け燃焼式温水暖房機が、中国、欧州、北米の住宅需要低迷の影響で落ち込んだことが挙げられる。

しかし、2013年以降は中国における住宅市場の根強い需要と、それに伴う温水機器への需要の高まりを背景に伸びる見込みだ。2020年の世界市場は、2012年に比べ、3.8%増の1兆7,845億円が予測されている。

温水分野の関連機器がすでに普及している先進国では、給湯と温水どちらも、潜熱回収などの高効率タイプやヒートポンプ搭載機器への転換が進んでいるが、中国や東欧では、経済成長を背景とした住環境やライフスタイルの変化によって、新たな市場が形成されつつある

機器別では、住宅向けヒートポンプ式温水暖房機は中国と欧州を中心に今後の需要拡大が期待されている。2012年に比べ、2020年の市場はおよそ1.5倍に成長する見込みだ。また、住宅向けヒートポンプ式給湯器は、中国、欧州、北米の牽引で市場が拡大し、市場全体としても2013年以降成長に向かうと考えられている。


関連する記事

アーカイブス

WOTA(株) 環境省創設「環境スタートアップ事業構想賞」受賞

WOTA(株) 第1回環境スタートアップ大賞「環境スタートアップ事業構想賞」受賞 (参照:WOTA 自律分散型の水循環型・・・

記事全文

秋田県 水の効率化を図った発電 水力発電用新型水車の実証実験をスタート

秋田県 水力発電用新型水車の実証実験をスタート 水量効率化のため (参照:新潟県長岡市 消雪パイプの効率的散水の実証実験・・・

記事全文

星野リゾート 「星のや 竹富島」で飲料水の自給をスタート

星野リゾート 「星のや 竹富島」で海水淡水化装置を利用した飲料水自給をスタート (参照:(株)星野リゾート 「星のや」ブ・・・

記事全文

西宮市 「給水スポット」設置へ 市役所本庁舎や公民館から

西宮市 「給水スポット」を市役所本庁舎や公民館に設置 プラ製品削減へ (参照:「ミズコム」による調査 新型コロナウイルス・・・

記事全文

東京大学やNECネッツエスアイ(株)ら、水中ドローンでカキの養殖を見守る実証実験

東京大学やNECネッツエスアイ(株)ら、水中ドローンでカキの養殖環境を確認へ (参照:長崎大と粕谷製網 リアルタイムで養・・・

記事全文

アサヒ飲料(株) ラベルレス飲料の単品販売をスタート タックシールに内容表示

アサヒ飲料(株) タックシール活用、転倒のラベルレス飲料の単品販売を開始 (参照:ビーテック(株) オリジナルラベルの炭・・・

記事全文

国土交通省 浸水リスクの高い区域の特定施設を建築許可制へ

国土交通省 「特定都市河川浸水被害対策法」改正へ動き 浸水区域の建築を許可制へ (参照:国土交通省 「水の里の旅コンテス・・・

記事全文

(株)マーフィード 洗車後の拭き取りが不要な超純水ユニットの販売を開始

(株)マーフィード 洗車後に水滴跡が残らない超純水ユニットの販売を開始 (参照:株)日本トリム 電解水素水の飲用がストレ・・・

記事全文

アイリスオーヤマ(株) 飲料水事業に参入 2022年2月稼働予定

アイリスオーヤマ(株) 飲料水事業参入計画で生産ラインを新設 春稼働予定 (参照:「ミズコム」による調査 新型コロナウイ・・・

記事全文

ロレアル 水の使用量を80%削減できるシャワーデバイスを開発

ロレアル 水の使用量を80%削減できるシャワーデバイスを開発 ヘアケア剤投入もOK (参照:(株)Gloture 自動で・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR