富士経済、空調機器・温水機器及びヒートポンプ関連機器の世界市場調査結果を発表

[ 2013/06/17 ]


総合マーケティングビジネスの株式会社富士経済は、2013年1~5月の間、エアコンや住宅向け給湯器など、空調機器、温水機器、およびヒートポンプ技術を活用した関連機器の現状および市場構造についてワールドワイドに調査し、その結果を報告書「ヒートポンプ温水・空調市場の現状と将来展望2013」にまとめた。
(参照:富士経済が水ビジネス参入企業の事業戦略の調査結果「拡大する水ビジネスに挑む注目企業の事業戦略動向 2013」を発表

富士経済、空調機器・温水機器及びヒートポンプ関連機器の世界市場調査結果を発表 Image from 株式会社富士経済

温水分野では2012年は、前年に比べると5.3%減と伸び悩み、市場規模も1兆7,193億円にとどまった。原因としては、高い構成比を占める住宅向け燃焼式給湯器と住宅向け燃焼式温水暖房機が、中国、欧州、北米の住宅需要低迷の影響で落ち込んだことが挙げられる。

しかし、2013年以降は中国における住宅市場の根強い需要と、それに伴う温水機器への需要の高まりを背景に伸びる見込みだ。2020年の世界市場は、2012年に比べ、3.8%増の1兆7,845億円が予測されている。

温水分野の関連機器がすでに普及している先進国では、給湯と温水どちらも、潜熱回収などの高効率タイプやヒートポンプ搭載機器への転換が進んでいるが、中国や東欧では、経済成長を背景とした住環境やライフスタイルの変化によって、新たな市場が形成されつつある

機器別では、住宅向けヒートポンプ式温水暖房機は中国と欧州を中心に今後の需要拡大が期待されている。2012年に比べ、2020年の市場はおよそ1.5倍に成長する見込みだ。また、住宅向けヒートポンプ式給湯器は、中国、欧州、北米の牽引で市場が拡大し、市場全体としても2013年以降成長に向かうと考えられている。


関連する記事

アーカイブス

COOL JAPAN AWARD2019 那須の「水庭」が受賞決定

COOL JAPAN AWARD2019 受賞53作決定。「水庭」の受賞も (参照:(株)バスクリン 森林を整 [&he・・・

記事全文

アリゾナ州立大学 小惑星イトカワの粒子から水の痕跡を発見

アリゾナ州立大学 「はやぶさ」が持ち帰った小惑星イトカワの粒子から水の痕跡を発見 (参照:NASA探査機OSI [&he・・・

記事全文

メタウォーター(株)の共同研究体 下水処理設備を統合制御、国交省事業に採択

メタウォーター(株)を含む共同研究体 下水処理設備を統合制御、国交省事業に採択される (参照:大阪市水道局と日 [&he・・・

記事全文

兵庫県 瀬戸内海への排水基準を緩和方向へ見直し

兵庫県 瀬戸内海への排水基準を見直しへ 基準緩和への動き (参照:浪速工作所と日本スレッド 工業用水を浄化する [&he・・・

記事全文

高知県宿毛市 日本初スポーツクライミング設備のあるダムを整備へ

高知県宿毛市 横瀬川ダムの壁面をスポーツクライミングとして活用へ (参照:日大工学部 水田が持つ貯水機能を活用 [&he・・・

記事全文

東芝 岩手県における工業用水道の浄水場建設事業を受注

東芝インフラシステムズ(株) 岩手県における工業用水道の浄水場建設事業の受注を発表 (参照:三井住友建設(株) [&he・・・

記事全文

CFD販売(株) 水中ドローンを使用したダム点検の実証試験

CFD販売(株) 水中ドローンを使用し、大分県でダム点検実証試験を実施 (参照:(株)ディーゼル・ワークショッ [&he・・・

記事全文

名古屋市 おいしい水道水PRへ向けてPR用300ml缶製造

名古屋市 おいしい水道水PRへ向けてPR用「名水」300ml缶製造 (参照:双葉地方水道企業団 福島の安全な水 [&he・・・

記事全文

三井住友建設(株) カンボジアでの上水道拡張整備工事を落成

三井住友建設(株) カンボジアで上水道拡張整備工事の落成式を挙行 (参照:カンボジア 国内最大級の水力発電ダム [&he・・・

記事全文

大阪市水道局と日立製作所 中長期の水需要予測に関する共同研究開始

大阪市水道局と日立製作所 ビッグデータやAIを駆使した水需要予測に関する共同研究開始 (参照:米Flo Tec [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR