世界規模で深刻化する水事情、中国の水質汚染にチャンスを見出す水ビジネス市場

[ 2010/07/23 ]


宇宙から見た地球は、青く美しい。もし、地球という言葉が生まれる前に、宇宙から見た青い地球の姿が分かっていたら、私たちの星は「水球」になっていたのだろうか。水は豊富に存在する。しかし、我々が使うことのできる真水は本当に少ない

地球

地球上の水分の98%以上が海水だ。地球上の真水はたったの2%に満たない。その真水も人間が利用できるものは、2%。残りの98%は氷の状態となっている。海水が利用できればいいと思うが、海水の塩分濃度は3.1~3.8%で、0.9%の人間の体液に比べ相当高い。

進化の途上で母の懐から飛び出した報いか、人間は海水をそのまま飲むことはできない。水は目の前にある、しかし利用できないという状況だ。今、地球上の11億人が飲料水を十分に確保できないと言われている。また、下水施設の不備から、水の汚染も途上国では深刻な問題になっている。

特に、お隣の中国が深刻だ。巨大な人口を抱え、国土の砂漠化も進んでいる。そして何よりも、現在の課題は水質汚染。中国の長江や黄河などの7大水源のうち、「いかなる用水としても使用不可能」と結果がでたものが、調査地点が4分の1近くになっている。汚染は中国にとってかなり深刻な問題となっているようだ。

今、この中国の水危機をビジネスチャンスとして各国が食い込みをみせている。日本も、世界トップといわれる逆浸透膜技術により、浄化システムのビジネスに食い込もうとしている企業がある。水メジャーなどのヨーロッパ企業の独壇場といわれる、水ビジネス市場に日本は食い込んでいけるのだろうか。今後を見守りたいと思う。


関連する記事

アーカイブス

ウォータージェン、空気から飲料水出来る装置の開発。

イスラエルの企業、ウォータージェンが空気から飲料水を作る装置を開発。 (参照:太陽光発電で空気から飲料水を作り [&he・・・

記事全文

和歌山市、水道水の濁りで3万5千世帯に影響

和歌山市、誤操作により水道水に濁り。3万5千世帯に影響。 (参照:霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍の [&he・・・

記事全文

福島第一原発、汚染水を巡り公聴会開催へ

福島第一原発の汚染水処理を巡り、今夏公聴会を開催することが決定 (参照:福島第一原発、台風の影響でで汚染水1万 [&he・・・

記事全文

アサヒ飲料、透明なのにカフェラテ?「アサヒクリアラテ from おいしい水」を新発売

アサヒ飲料、低カロリー・カフェインゼロ・脂肪ゼロのカフェラテ「アサヒ クリアラテ from おいしい水」を新発 [&he・・・

記事全文

成分は100%水の家庭用洗剤。「ウォータークリーナー」

成分が100%水の家庭用エコ洗剤、「クラスアッシュ ウォータークリーナー」発売中。 (参照:花粉を水に変えるス [&he・・・

記事全文

月に大量の氷か。月の隕石からその痕跡を発見。

東北大、月の隕石から月に大量の氷がある可能性を発見。 (参照:ブラジル、ブラジリアで第8回世界水フォーラム開催 [&he・・・

記事全文

霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍のヒ素検出。

霧島連山、硫黄山の噴火後、宮崎側の河川で2,4倍のヒ素検出も被害報告なし。 (参照:東京五輪、お台場会場で基準 [&he・・・

記事全文

新潟、「水と土の芸術祭」のパスポート前売り始まる

新潟で7月〜10月に開催される「水と土の芸術祭」。お得に回れるパスポート前売り発売始まる。 (参照:静岡・三島 [&he・・・

記事全文

アサヒ飲料、「ラベルレス」ミネラルウォーター発売。環境負荷軽減。

アサヒ飲料、商品にロールラベルをつけない(ラベルレス商品)「アサヒおいしい水 天然水 ラベルレスボトル」を発売 [&he・・・

記事全文

日東電工、滋賀事務所において今後5年以内に、「循環型グリーン工場」を目指す

日東電工、滋賀事務所において自社逆浸透膜技術を活用し、今後5年以内に「循環型グリーン工場」を目指す (参照:ラ [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR