ケルヒャージャパン、ドライアイスで汚れを落とす業務用ドライアイスブラスターを7月16日発売

[ 2013/06/26 ]


清掃機器の世界最大手メーカー、ドイツ・ケルヒャー社の日本法人、ケルヒャー ジャパン株式会社が、水を使用せずドライアイスで汚れを落とす、業務用ドライアイスブラスター「IB 15/120」を2013年7月16日より発売開始すると発表した。
(参照:ブラック・アンド・デッカー、液体や湿ったゴミを吸引できる充電式ハンディクリーナーを4月下旬から発売

ケルヒャージャパン、ドライアイスで汚れを落とす業務用ドライアイスブラスターを発売
Image from ケルヒャー ジャパン株式会社

ドライアイスを用いた洗浄法は、3段階で汚れを落とす。はじめにドライアイスの粒を超音速で対象物に衝突させ、次に「汚れの層」に対してドライアイスの急激な冷却効果(-79℃)で、ひび割れを作り出す。仕上げにドライアイスの微細な粉末がひび割れに進入すると同時に、体積を約400倍にまで膨張させ、「汚れの層を吹き飛ばす

同商品はノズル内側の形状を改良し、洗浄力を40%向上させることに成功した。さらに作業に最適な風量を設定できるようにもなっている。吐出量は市場最大の120kg/hで、吐出圧も0.2~1.6MPaと強力なので広範囲の洗浄を可能にし、これまで落ちにくかったハードな汚れの除去もできるようになっている。

原料のドライアイスはリユース品のため、新たに二酸化炭素を排出せず、環境に優しいエコ洗浄が可能となる。水や洗剤を使用しないため、洗浄後の汚水を出すこともなく、廃液処理の際の手間やコストを削減できる。

人間工学に基づいた、握りやすく疲れにくい軽量トリガーガンを採用し、さらに同社独自の凍結防止機能により、効率的な作業を実現した。従来の水を用いた手法に比べれば、清掃時間の短縮にもつながる。大型エアタイヤで、段差や地面の凹凸の上を通過する際も本体への衝撃負担をおさえ、スムーズな路面移動ができる。

工場での金型部品設備機械の本体およびフィルターの洗浄や、印刷用輪転機のシリンダーなど、塗料インク樹脂などの汚れ除去、またプラントの設備機械の油汚れなどの除去を想定して開発された。

 


関連する記事

アーカイブス

プラスチックごみもCO2排出も減らせる、新発想の新しいシャンプー。『Twenty』

プラスチックごみもCO2排出も抑える環境に優しい、新発想の固形状シャンプー、「Twenty」 (参照:原料は、 [&he・・・

記事全文

福島第一原発、台風の影響でで汚染水1万トン。

福島第一原発、台風による降水量増加の影響で汚染水が1万トンに。 (参照:原子力規制委員会、福島第一原発の凍土壁 [&he・・・

記事全文

東京都水道局、「東京水」のデザインをリニューアル。

東京都水道局がペットボトル入り飲料水「東京水」のボトルデザインを一新。 (参照:国土交通省、日本の下水道インフ [&he・・・

記事全文

福井県大野市の支援で、東ティモールの給水施設が完成。

福井県大野市の企画する「キャリングウォータープロジェクト」。東ティモールの水環境の設備の支援を行い、給水施設が [&he・・・

記事全文

国土交通省、日本の下水道インフラを世界に売り込む為、「WOW TO PROJECT」を本格化。

国土交通省が主導で官民一体で日本の下水道インフラ技術を促進する「WOW TO PROJECT」を本格化。海外展 [&he・・・

記事全文

新しいフレーバーウォーターは、ドライフルーツを入れるだけのインフュースドウォーター!

美味しく、オシャレに水分補給。ドライフルーツを入れるだけのインフューズドウォーター。 (参照:郡上発!水出しコ [&he・・・

記事全文

キリングループが気候変動、及び水資源管理対応でCDPから最高評価のAリストを獲得

国際的な非営利団体CDPがキリングループを気候変動、水資源管理対応において最高評価のAリストに認定する。 (参 [&he・・・

記事全文

野菜の育て方を変える。話題の水耕栽培ガジェット、「foop」。

野菜をオフィスで室内で育てる。IoT水耕栽培機「foop」でスマート菜園。 (参照:(株)グリーンウインド、底 [&he・・・

記事全文

太陽光発電で空気から飲料水を作り出す水筒。自己充電ボトル、Fontus(フォンタス)

太陽光発電で空気中の湿気から水を作り出す水筒、Fontus(フォンタス)。 約1時間で500mlの水生成も可能 [&he・・・

記事全文

東京五輪、お台場会場で基準値を超える大腸菌検出、対策を求められる。

東京五輪、お台場のトライアスロン会場の水質に懸念。基準値を超える大腸菌検出。 (参:「汚染水アイスキャンディー [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR