水の少ない砂漠地帯や砂地で作物を育てる「節水型野菜栽培技術」 鳥取再資源化研究所

[ 2010/07/24 ]


不燃物として廃棄されてきた廃ガラスと廃タイヤを用い、の少ない砂漠地帯や砂地で作物を育てる取り組みが始まっている。節水型野菜栽培技術を開発する、鳥取再資源化研究所もそのひとつだ。


「節水型基盤材 ポーラスアルファ」

鳥取再資源化研究所ではリサイクル材を用いた節水型野菜栽培技術を開発しており、廃ガラスから浸透抑制土壌改良剤(商品名:ポーラスアルファ)と廃タイヤから多孔質の灌漑用のチューブ(商品名:シーパーホース)を製造している。鳥取大学乾燥地研究センターがサハラ砂漠で「ポーラスアルファ」を用いた栽培実験を行ったところ、使用していない土壌よりも3倍も収穫量を上げることに成功した。

中国経済産業局は地域の企業の技術を売り込もうと、8月5日にアジア・アフリカ・中南米などの関係者を招いて商談を行う。鳥取再資源化研究所の節水型野菜栽培技術のほか、広島市のサタケのバイオマス(生物資源)ガス発電や岡山のコアテックの小型風力発電など環境とエネルギー資源に関連する技術を紹介する予定。


関連する記事

アーカイブス

株式会社クボタ、次世代の水道管を開発

パイプメーカーの株式会社クボタが新耐震管のGENEX管を開発した。 (参照:和歌山市、水道水の濁りで3万5千世 [&he・・・

記事全文

自然環境を破壊しない水力発電、「Cappa」

茨城製作所が開発した新しい水力発電「Cappa」 (参照:ライオン、排水リサイクルシステムを開発、自社の千葉工 [&he・・・

記事全文

ウォータージェン、空気から飲料水出来る装置の開発。

イスラエルの企業、ウォータージェンが空気から飲料水を作る装置を開発。 (参照:太陽光発電で空気から飲料水を作り [&he・・・

記事全文

和歌山市、水道水の濁りで3万5千世帯に影響

和歌山市、誤操作により水道水に濁り。3万5千世帯に影響。 (参照:霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍の [&he・・・

記事全文

福島第一原発、汚染水を巡り公聴会開催へ

福島第一原発の汚染水処理を巡り、今夏公聴会を開催することが決定 (参照:福島第一原発、台風の影響でで汚染水1万 [&he・・・

記事全文

アサヒ飲料、透明なのにカフェラテ?「アサヒクリアラテ from おいしい水」を新発売

アサヒ飲料、低カロリー・カフェインゼロ・脂肪ゼロのカフェラテ「アサヒ クリアラテ from おいしい水」を新発 [&he・・・

記事全文

成分は100%水の家庭用洗剤。「ウォータークリーナー」

成分が100%水の家庭用エコ洗剤、「クラスアッシュ ウォータークリーナー」発売中。 (参照:花粉を水に変えるス [&he・・・

記事全文

月に大量の氷か。月の隕石からその痕跡を発見。

東北大、月の隕石から月に大量の氷がある可能性を発見。 (参照:ブラジル、ブラジリアで第8回世界水フォーラム開催 [&he・・・

記事全文

霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍のヒ素検出。

霧島連山、硫黄山の噴火後、宮崎側の河川で2,4倍のヒ素検出も被害報告なし。 (参照:東京五輪、お台場会場で基準 [&he・・・

記事全文

新潟、「水と土の芸術祭」のパスポート前売り始まる

新潟で7月〜10月に開催される「水と土の芸術祭」。お得に回れるパスポート前売り発売始まる。 (参照:静岡・三島 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR