世界の水事情の今

[ 2010/07/24 ]


世界の水危機が深刻になってきているという話は何度か伝えていると思うが、この水危機を大きなビジネスチャンスと考える企業も多い。日本企業は、海水の淡水化技術下水の浄化技術において世界のトップにいる。この技術の根幹となっているのが逆浸透膜だ。世界シュアで70%を占め、今のところ日本の独占状態といっても過言ではない。

water

水ビジネス市場は「2025年には100兆円の巨大市場になる」(経済産業省)という見方もある。一方で、淡水化システム全体の運用まで含めた技術では水メジャーハイフラックスのような企業に一日の長があるという見方もあり、日本の技術が優れているということだけで、安閑ともしていられる状況ではない。

また、このようなビジネス熱の激化は、かつての石油危機のような事態が真水でも起きるのではないかと、懸念する見方もある。食料にせよ、石油にせよ、不足したときに真っ先に犠牲になるのは持たざる弱者だ。水危機に対し、水ビジネスを展開している企業はこう主張する。


「水資源の有効利用の設備投資をすべき、水道にアクセスできないのは、政治的な問題である」

この意見はある意味正しいし、決して間違っていないだろうが、一抹の不安が胸に残る。持たざる人を放置することは、持てる人の首をしめていくことと同義ではないだろうか。持たざる人が生きていくために手段を選ばなくなったときに、標的となるのは持てる人である。

それは国家間でも同じだ。持たざる国を放置することは、持てる国との軋轢を生む。その結果、持てる国の安全を脅かす危機へと繋がるかもしれない。人の歴史には、このような事例が山ほどある。この水危機がそのような危機につながらないように願う。


関連する記事

アーカイブス

熊本市 第4回「アジア・太平洋水サミット」の開催地に決定

熊本市 第4回「アジア・太平洋水サミット」の開催地決定を発表 (参照:IWA世界会議が東京で開催される。)

記事全文

学術誌「Advances in Atmospheric Sciences」 海水温が観測史上最高を記録

海水温が観測史上最高を記録 学術誌「Advances in Atmospheric Sciences」に記事掲 [&he・・・

記事全文

三菱マテリアル 66年ぶりに秋田県で水力発電所を建設

三菱マテリアル 秋田県で水力発電所を66年ぶりに建設することを発表 (参照:カンボジア 国内最大級の水力発電ダ [&he・・・

記事全文

Watergen USA 車内で飲料水を作り出すシステムを開発

Watergen USA 車外の空気を取り込み車内で飲料水を作り出すシステムを開発 (参照: デンマーク 雨水 [&he・・・

記事全文

長野県 茅野市の農業水利施設を利用した観光プログラムの開発進める

長野県 茅野市の農業水利施設を利用した観光プログラムの開発進める 「水の語り部」の養成も (参照:魚津埋没林博 [&he・・・

記事全文

オリコン ウォーターサーバーに関する顧客満足度調査の結果を公開

オリコン 2018年1月のウォーターサーバーに関する顧客満足度調査の結果を公開 (参照:全国清涼飲料連合会 2 [&he・・・

記事全文

厚生労働省 平成31年度予算「災害拠点病院等の電源・水確保」費用補助方針

厚生労働省 平成31年度予算で「災害拠点病院等の電源・水確保」費用補助の方針固める (参照:日本水道協会と水資 [&he・・・

記事全文

日大工学部 水田が持つ貯水機能を活用した「田んぼダム」で防災研究

日本大学工学部の研究チーム 水田の貯水機能を活かした「田んぼダム」で防災へ取り組み (参照:関西電力、富山県と [&he・・・

記事全文

島津製作所 水中でも使用可能な高速無線通信システムを開発

島津製作所 水中でも瞬時に画像を送受信できる高速無線通信システムを開発 (参照:ソニー、水中でも音楽が楽しめる [&he・・・

記事全文

カンボジア 国内最大級の水力発電ダムが操業開始

カンボジア 国内最大級の水力発電ダム「セサン下流2水力発電所ダム」操業開始 (参照:岐阜県 小水力発電施設「板 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR