世界の水事情の今

[ 2010/07/24 ]


世界の水危機が深刻になってきているという話は何度か伝えていると思うが、この水危機を大きなビジネスチャンスと考える企業も多い。日本企業は、海水の淡水化技術下水の浄化技術において世界のトップにいる。この技術の根幹となっているのが逆浸透膜だ。世界シュアで70%を占め、今のところ日本の独占状態といっても過言ではない。

water

水ビジネス市場は「2025年には100兆円の巨大市場になる」(経済産業省)という見方もある。一方で、淡水化システム全体の運用まで含めた技術では水メジャーハイフラックスのような企業に一日の長があるという見方もあり、日本の技術が優れているということだけで、安閑ともしていられる状況ではない。

また、このようなビジネス熱の激化は、かつての石油危機のような事態が真水でも起きるのではないかと、懸念する見方もある。食料にせよ、石油にせよ、不足したときに真っ先に犠牲になるのは持たざる弱者だ。水危機に対し、水ビジネスを展開している企業はこう主張する。


「水資源の有効利用の設備投資をすべき、水道にアクセスできないのは、政治的な問題である」

この意見はある意味正しいし、決して間違っていないだろうが、一抹の不安が胸に残る。持たざる人を放置することは、持てる人の首をしめていくことと同義ではないだろうか。持たざる人が生きていくために手段を選ばなくなったときに、標的となるのは持てる人である。

それは国家間でも同じだ。持たざる国を放置することは、持てる国との軋轢を生む。その結果、持てる国の安全を脅かす危機へと繋がるかもしれない。人の歴史には、このような事例が山ほどある。この水危機がそのような危機につながらないように願う。


関連する記事

アーカイブス

インドのムンバイで、青い犬が発見される。工場排水が原因か?

インドのムンバイで青い犬が次々と目撃される。工場から排出される汚染水を飲んだことが原因か? (参照:「汚染水ア [&he・・・

記事全文

畳やカーペットやの水汚れを水洗いできる掃除機、スイトル好評発売中。

世界初、カーペットについた液状の汚れを水洗い出来る掃除機用クリーナーヘッド、「Switle(スイトル)」好評発 [&he・・・

記事全文

福島第一原発の地下水の水位が低下。一時漏洩の恐れ。

福島第一原発四号機近くの水位が一時低下、汚染水の漏洩の恐れあるも、確認されず。 (参照:第一原発トリチウム水の [&he・・・

記事全文

安全な水をマダカスカルの子供達に。「TAP PROJECT JAPAN」のシンボルイベンド「ROAD to WATER」開催。

きれいで安全な水をマダカスカルの子供達に届けよう。 「TAP PROJECT JAPAN」のシンボルイベント「 [&he・・・

記事全文

散水ショーで踊って盛り上がろう。東京ディスニーランドで「ディズニー夏祭り2017」が開催。

散水ショーでびしょ濡れ必至。東京ディスニーランドで日本の祭りをアレンジした「ディズニー夏祭り2017」がスター [&he・・・

記事全文

第一原発トリチウム水の処分に苦慮。「海洋放出」発言に波紋も。

東京電力福島第一原発のトリチウム水処理に苦慮。汚染水処理の道は厳しい。 (参照:東京電力 地震で核燃料プールの [&he・・・

記事全文

ビヨンセがユニセフ(国連児童基金)とパートナーシップを組み、アフリカ、ブルンジに安全できれいな水を提供。

米国出身の世界的歌手、ビヨンセがユニセフと組んでアフリカ、ブルンジに安全な水と衛生環境を提供した。 (参照:イ [&he・・・

記事全文

水質汚染が深刻化する中国。世界中の水処理企業が好機をうかがう。

廃棄物が増加し、水質汚染が深刻化する中国に対し、世界の水処理企業が注目、好機を伺っている。 (参照:「汚染水ア [&he・・・

記事全文

福岡市水道局が「水道水パーク」を期間限定でオープン。

2017年7月28日から30日、福岡市水道局がJR博多シティつばめの杜ひろばにて「屋上de水道水パーク」を開催 [&he・・・

記事全文

エミレーツ航空、水資源を配慮した機体洗浄法を採用。

2017年6月4日、エミレーツ空港が水資源を配慮した機体洗浄法の採用を発表した。 (参照:ライオン、排水リサイ [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR