エアコンの室外機はどれだけ不衛生か?

[ 2013/07/19 ]


暑い日、エアコンをつけると室外機の排水ホースから水が流れ出す。ありふれた夏の風景だ。古いものであれば水の跡が地面に残っているだろう。エアコンの室外機から出てくる水は、基本的に有害なものではない。もともとは屋内の空気中に含まれていた水蒸気で、いわば雨のようなものだ。室外機はこういった水蒸気をホースから排水するように設計されている。
(参照:富士経済、空調機器・温水機器及びヒートポンプ関連機器の世界市場調査結果を発表

エアコンの室外機Image from Michal Zacharzewski

しかし、毎回すべての水がきれいに排水されるわけではない。エアコンや室外機に残った水分がこもって、バクテリアやカビが繁殖することも珍しいことではない。蒸し暑い日にエアコンをつけ続ければ、室温の低下による結露とエアコンの除湿機能が合わさり、室外機からは7リットル以上の水が出ることもある。

衛生面に配慮して、エアコンのコイルには飲料水の配管のようにが使われている。たとえホコリだらけでも、見た目より衛生的であることもある。銅の過剰摂取は有害であるが、排水のミネラル含有量は低いとされている。

コイルで結露した水蒸気は水滴となってその下の容器に滴り落ち、排水ホースを通じて外へと出て行く。ただし、このホースの構造により、中に水分が残ることも少なくない。そこは、有害なバクテリアの温床となる。これが原因となった病気には「レジオネラ菌病」があり、1976年にフィラデルフィアのホテルに滞在中の集団がこの菌による肺炎にかかり34名が亡くなった。別名「在郷軍人病」は、犠牲者のほとんどが米国在郷軍人協会大会の出席者であったことに由来する。

とはいえ、レジオネラ菌はホテルに設置されているような大規模なエアコンの冷却塔で繁殖することが確認されており、家庭用の小さなものではまず繁殖しない。家庭用のものではコイルから滴り落ちる水も、使用中は絶えず流れ出ているので、排水ホースから出てくる水が致命的な病を引き起こすほど有害であることはまずない。この点からすれば、きちんと手入れされた環境であれば、不適切な管理方法で保存されていた飲料水の方が有害なバクテリアや菌を有している可能性の方が高くなる。

リスクをあえて冒す必要はないため、わざわざ水に触れる必要もないが、植物の水やりや打ち水に使用するのは排水のいい有効活用法と言える。


関連する記事

アーカイブス

現代につながる江戸時代からの上水

かつて世界最大の都市であった江戸から現代の東京に受け継がれている上水 (参照:東京都水道局、「東京水」のデザイ [&he・・・

記事全文

炭酸水・強炭酸の人気は定着化のきざし

炭酸水・強炭酸飲料は一過性のブームに留まらず、日常生活に溶け込みつつある。 (参照:サントリー食品インターナシ [&he・・・

記事全文

大阪の水族館「海遊館」 海水運搬船の座礁で海水供給ストップ

大阪の水族館「海遊館」、海水運搬船が座礁したため海水の供給がストップし人工海水で飼育 (参照:福島第一原発、台 [&he・・・

記事全文

水道水を充填したペットボトル水のモンドセレクション受賞が盛んに

日本の各水道事業体が発売しているペットボトル水が好評価を得ている。 (参照:日本の名水百選)[ 2018/10/11 ]

記事全文

水道法改正はあるのか

7月の国会を賑わせた水道法改正。今後、水道事業の民営化が進むのか注目が集まる。 (参照:株式会社日立製作所が2 [&he・・・

記事全文

水の有効利用と食糧危機を救う技術『アクアポニックス』

古くからの歴史を持つ技術が人類を水環境問題や食糧危機から救う可能性を秘めている。 (参照:野菜の育て方を変える [&he・・・

記事全文

石狩川を氾濫から守った男、岡崎文吉

岡崎文吉の尽力無くして現在の石狩川はないとまで言われている。 (参照:米南部、記録的大雨で洪水。死者は少なくと [&he・・・

記事全文

運河の大掃除!オランダで3,300円の「ごみ釣り観光ツアー」が好評

オランダで運河のゴミを小型ボートに乗ってすくう「ごみ釣り観光ツアー」が人気 (参照:プラスチックごみもCO2排 [&he・・・

記事全文

関西電力 IoTと気象データを活用し水力発電の運用効率化の研究を開始すると発表

2018年9月18日、関西電力はIoTを活用した水力発電運用効率化技術の研究を開始すると発表した (参照 :荒 [&he・・・

記事全文

東北整備局 成瀬ダム本体の着工開始、国内最大の台形CSGに

2018年9月15日成瀬ダム本体が着工スタート、国内最大の台形CSGが2024年度竣工予定 (参照:荒瀬ダム国 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR