「水輸入大国」日本。バーチャルウオーターで年間640億トン輸入

[ 2010/07/25 ]


日本には、「湯水のように使う」という慣用句がある。海外旅行のガイドブックには海外では水道水は飲むなと書いてある国が圧倒的に多い。

日本人は、水と安全はただだと思っている


バーチャルウオーター

バーチャルウオーター


これは、故山本七平氏の「日本人とユダヤ人」の中にあった言葉だ。これは色々論争を呼んだ本であったが、それは今回は置いておこう。とにかく、日本は水資 源に恵まれた国であるという意識があった。局所的な水危機はあっても、日本国全体が水危機になるということはあまり想像ができない。

日本の年間の平均降水量は世界平均の倍に相当する約1700ミリだ。しかし、一人当たりの利用可能な水資源の量では世界平均の半分以下。これはどういう訳なのだろうか。少なくとも私は、水不足を実感した経験が無い。それは日本が「水輸入大国」であることが一因だ。ミネラルウォーターの輸入が多いという問題ではないし、日本が水そのものを大量に輸入しているわけではない。

バーチャルウオーター(仮想水)」という言葉を知っているだろうか。日本が輸入している、穀物、畜産物を自給したら、どれだけの水が必要かという計算で出され水量だ。これによると、日本のバーチャルウオーターは年間640億トン。国内の農業用水使用量は約570億トン。バーチャルウォータと国内の農業用水使用量を合算した水量を100とすると、農業用水の自給率は約45%でしかない。カロリーベースの食料自給率40%と似たようなものだ。

ちなみに、「湯水のように使う」という慣用句に相当する英語表現は「It’s wasting time」だそうだ。


関連する記事

アーカイブス

株式会社ブラウンシュガー1ST 水でできた洗浄剤「水洗いシュシュ」シリーズ 発売

株式会社ブラウンシュガー1ST 特許技術で電気分解した水でできた洗浄剤「水洗いシュシュ」シリーズ 発売 (参照 [&he・・・

記事全文

いちごホールディングス 地下水探査新システムの開発に成功、販売へ

いちごホールディングス 地下水探査の新システムの開発に成功、探査範囲拡大へ (参照:JAXA、はやぶさ2「リュ [&he・・・

記事全文

横浜ウォーター JICAから水道事業支援プロジェクトを受注 南アの水道事業を支援

横浜ウォーター 南アフリカ共和国の水道事業支援プロジェクトをJICAから受注 (参照:安全な水をマダカスカルの [&he・・・

記事全文

双葉地方水道企業団 福島の安全な水をPR「ふくしま木戸川の水」発売

双葉地方水道企業団 福島の安全な水をPRする「ふくしま木戸川の水」約2万本を発売 (参照:水道水を充填したペッ [&he・・・

記事全文

株式会社MTG 「SIXPAD」シリーズに水を使った新たなトレーニングアイテムを発売

株式会社MTG  「SIXPAD」シリーズに新たなトレーニングアイテム、水で身体を鍛える「SIXPAD Wat [&he・・・

記事全文

株式会社ファーストリテイリング ジーンズの加工時の水使用量を最大99%削減

「ユニクロ」の株式会社ファーストリテイリングがジーンズ加工時の水使用量を9割以上削減する技術を開発 (参照:ト [&he・・・

記事全文

高知 豪雨対策に地下に巨大貯留管を整備

高知市、豪雨対策として江ノ口地区北部の地下に大規模貯留管を整備  (参照:現代につながる江戸時代からの上水)

記事全文

デンマーク 雨水を循環させて環境に役立てながら洪水を防止する画期的な歩道塗装を採用

デンマークの首都コペンハーゲンで雨水を自然循環させながら洪水を防止する歩道塗装を採用 (参照:運河の大掃除!オ [&he・・・

記事全文

関西電力、富山県と締結。「黒部ルート」を2024年6月から一般開放へ

関西電力、富山県と「黒部ルートの一般開放・旅行商品化に関する協定」締結。2024年6月から黒部ルート一般開放へ [&he・・・

記事全文

JR東海 リニアトンネル工事に伴う大井川水系流量問題で妥協案

JR東海、リニア新幹線南アルプストンネル静岡工区の大井川水系流量問題で妥協案 (参照:現代につながる江戸時代か [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR