水輸出大国へ。日本から豪州へ輸出実験、今秋実施

[ 2010/07/25 ]


日本は鉄鉱石を算出しない。100%が輸入である。輸入元の1位は豪州で日本の鉄鉱石輸入量の61%を占める。当然のことながら、船で運んでくる。さて、その船は、豪州から日本に向かうときは、鉄鉱石を積載している。では、日本から豪州に向かうときは何を運んでいるのか。今までの答えであれば、「日本の空気」としか言いようがない。つまり空船だ。

水輸出

水輸出大国へ

その空船を有効利用しようという実験が今年の秋にも始まる。千葉市川崎市、両市の下水を高度処理して豪州に輸出する実験だ。日本では処理された下水は川や海に捨てられていた。再利用率は1.5%だ。これを豪州行きの鉄鉱石輸送船に積み込み、水不足に悩む豪州の鉱業会社に輸出する。下水の輸出だ。

豪州側では、何に使うのか。鉄鉱石を洗ったり、粉塵の舞い上がりを防ぐために撒くのである。いま鉱業会社が使っているのは、海水を淡水化した水であり高コストだ。1トン当たり4~5豪ドル(300~400円)にもなる。

日本国内の処理済み下水は年間約140億トンだがそのうち2割は公園の水浴びも可能なレベルまで浄化されている。もし成功すれば、日本が水資源輸出大国になる可能性もある。しかし、輸送中の水質の変化、港から現地までの輸送コストなど、この実験で検証しなけれならないことも多い。

2012年度からの事業家を計画しているということだが、はたして日本は水輸出大国になれるのだろうか。


関連する記事

アーカイブス

株式会社オーミヤ 木製や大理石製に見える排水管「空間のP」「空間のS」発売

株式会社オーミヤ 空間になじむ排水管「空間のP」「空間のS」発売 (参照:株式会社AQUA JACKET 「捨 [&he・・・

記事全文

米Flo Technologies社 家庭の水漏れをAIで管理する商品を開発

アメリカ Flo Technologies社 家庭の水漏れをAIで管理、異常を警告する商品を発表 (参照:マク [&he・・・

記事全文

山口大と大起理化工業共同開発 地下水の流速と流向を紙で測定

山口大と大起理化工業 「紙」を使った地下水の流速と流向の新測定法を共同開発 (参照:魚津埋没林博物館 地下水に [&he・・・

記事全文

JTB、ソラシドエアほか 宮崎活性のためのインフラツーリズムを本格推進

JTB、ソラシドエアほか 宮崎県活性に向けインフラツーリズムを本格推進する方針 (参照:長野県 茅野市の農業水 [&he・・・

記事全文

日本ミネラルウォーター協会 統計資料、ミネラルウォーター生産山梨トップを更新

2019年3月22日 日本ミネラルウォーター協会が統計資料を更新、山梨がミネラルウォーター生産トップ更新 (参 [&he・・・

記事全文

P&G 「子どもたちのための安全な飲み水」プログラムにて新規目標を設定

P&G 「子どもたちのための安全な飲み水」プログラムの目標達成、新規目標を再設定 (参照:双葉地方水 [&he・・・

記事全文

株式会社デンソー 工場見学コースに浄化施設見学コースを新設

株式会社デンソー 工場見学のコースに団体見学者向けの浄化施設見学コースを新設 (参照:長野県 茅野市の農業水利 [&he・・・

記事全文

株式会社矢野経済研究所 ミネラルウォーターや宅配水市場に関する調査の結果を公開

株式会社矢野経済研究所 宅配水ほか水市場に関する調査の結果を公開 (参照:山梨県 ミネラルウォーター税導入検討 [&he・・・

記事全文

小山市 「土地改良施設カード」作成 農業水利施設への興味促す

小山市 「土地改良施設カード」作成&配布し、農業水利施設への興味促す (参照:長野県 茅野市の農業水利施設を利 [&he・・・

記事全文

(株)ディーゼル・ワークショップ 陸上型ドローン開発 地下水路の調査にも

(株)ディーゼル・ワークショップ 陸上型調査ドローン開発 地下水路の調査に活用 (参照:魚津埋没林博物館 地下 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR