カメルーンで再び湖水爆発の恐れ

[ 2013/07/25 ]


2013年7月17日、東海大学大場武教授らはアフリカのカメルーンで再び湖水爆発の恐れがあるとの調査結果を発表した。(参照:サントリー水育「出張授業」9月~12月実施分の募集開始!!)

Image from 東海大学理学部化学科 大場武研究室ホームページ

 

中部アフリカに位置するカメルーン共和国では1984年にマヌーン湖が、そして1986年8月21日にはニオス湖が湖水爆発を起こし、ニオス湖の近隣の村落住民約1,800人と家畜3,500頭が犠牲となった。しかし現在、湖のCO2濃度の高い水が水深の浅い領域に広がっており、このまま放置すれば湖水爆発の恐れもあると大場教授は指摘している。また、同時に日本の政府開発援助によってCO2を強制排出するポンプの設置にも乗り出している。

湖水爆発は火山湖から二酸化炭素が流れ出ることで周辺の生物に危害を加える可能性があるが、前回の湖水爆発では炭酸飲料入りの瓶を振ったときのようにCO2が一気に噴出する状況が起こったと見られている。

 


関連する記事

アーカイブス

大阪水上バス アクアライナー「お花見ナイトクルーズ」運航 4/5まで

大阪水上バス アクアライナー3/26〜4/5限定「お花見ナイトクルーズ」運航 (参照:ラグナシア 冬季限定イベ [&he・・・

記事全文

ナイキ 新たな企業宣言を策定 北極海航路不使用の立場を明確化

ナイキ コーポレイトプレッジを策定 北極海航路の不使用を宣言 (参照:サンフランシスコ空港 ペットボトル入り飲 [&he・・・

記事全文

スウェーデン SmartShakeシリーズの新製品が日本初上陸

スウェーデン 大人気シェーカー「SmartShake」シリーズ新作が日本上陸 (参照:セブンイレブン ジェイデ [&he・・・

記事全文

東京五輪 会場内へペットボトルの持ち込み容認か

2020年東京五輪 熱中症リスク軽減のためペットボトルの持ち込み容認か  (参照: サンフランシスコ空港 ペッ [&he・・・

記事全文

三浦工業(株) バラスト水処理装置が米認証取得、米国への寄港可能に

浦工業(株) バラスト水処理装置が米国沿岸警備隊の認証取得、米国への寄港可能に (参照:サンフランシスコ空港  [&he・・・

記事全文

ラグナシア 冬季限定イベントに水上イルミネーション「Frozen Ocean」登場

ラグーナテンボス ラグナシア園内 水上イルミネーション「Frozen Ocean」登場 (参照:山陰海岸ジオパ [&he・・・

記事全文

国土交通省 内水氾濫のハザードマップ作成を自治体に求める

国土交通省 内水ハザードマップ作成を自治体に求める (参照:首都圏外郭放水路が台風19号による氾濫対策に貢献)

記事全文

防災科学技術研究所 「耐水害住宅」降雨施設で公開実験

防災科学技術研究所と一条工務店 「耐水害住宅」降雨施設で公開実験 (参照:四日市市 応急給水栓として水供給でき [&he・・・

記事全文

長野県 諏訪湖の水質調査にIoTを活用した実証実験をスタート

長野県 諏訪湖の水質調査にIoTを活用した実証実験をスタート NTT東日本が協力 (参照:(株)Rist AI [&he・・・

記事全文

日立 国内の上下水道向け水処理機械設備の新設・更新事業を子会社に譲渡

(株)日立製作所 水処理機械設備の新設・更新事業を(株)日立プラントサービスに譲渡 (参照:日立 10月に高硬 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR