スウェーデン、汗から飲料水を作るマシンを開発

[ 2013/07/25 ]


2013年7月19日、スウェーデンに住むエンジニアのアンドレアス・ハマー(Andreas Hammar)氏が、汗から飲料水を作るマシンを開発したと報じられている。ユースサッカー大会の会場で、このプロジェクトを支援していた広告代理店とユニセフが共同でマシンを披露した。 (参照:サントリー食品とサーモス、マイボトルで時間が経っても楽しめるドリンクを共同開発

deportivo

Image from Deportivo

マシンはストックホルム王立工科大学によって開発された最新のフィルター技術が採用されている。スポーツの後などに汗を吸い込んだ衣服を脱水機部分に入れて、遠心力で汗の水分を絞り出す。次に取り出した汗を熱するとともに紫外線を当て、フィルターで濾過することで汗に含まれる塩分や不衛生なバクテリアを取り除く。仕上げにコーヒーフィルターで濾過して衣服の繊維を取り除けば、飲用水になるという。

試飲した人物によれば、味も問題ないという。問題は飲む人間の心理であるが、今回の発明は、むしろ世界各地で叫ばれる水不足の問題を訴える好機だったという見方が強い。蛇口をひねればキレイな水が飲める先進国では、処理済みであっても汗を飲むことに抵抗があっても不思議ではない。しかし、それ以上に環境に恵まれず、渇水や汚染水といった問題で命を失う人も、この地球上にはたくさんいるのだ。


関連する記事

アーカイブス

WOTA 自律分散型の水循環型ポータブル手洗い機「WOSH」先行予約開始

WOTA 自律分散型の水循環型ポータブル手洗い機600台限定で先行予約スタート (参照:AFUストア 手動掃除 [&he・・・

記事全文

長野県 諏訪湖の貧酸素水のメカニズム解明に向け本格始動

長野県 諏訪湖の貧酸素水、メカニズム解明へ計測開始 (参照:滋賀県 琵琶湖の低酸素状態懸念 2年連続で)

記事全文

(株)クボタ 水環境事業で新体制 上水から下水までトータルにサービス提供

(株)クボタ 水環境事業で新体制 市場環境の変化に対応 上水から下水までトータルに (参照:厚木市 雨水貯留型 [&he・・・

記事全文

三菱ケミカル(株) 海洋で分解するレジ袋を開発 1年で全分解

三菱ケミカル(株) 海洋で分解するレジ袋を開発 微生物の力で全分解可能 (参照:開成町 全国初「ネット・ゼロ・ [&he・・・

記事全文

無印良品 「自分で詰める水のボトル」発売 店内に給水機を設置

無印良品 「自分で詰める水のボトル」発売 7/1店内給水機での給水サービススタート (参照: コカ・コーラシス [&he・・・

記事全文

(株)オーシン 水に濡らして気化熱で冷やして使う「ウォーターマスク」が好調

(株)オーシン 気化熱で冷やして使う「ウォーターマスク」好調 新型の予約を受付 (参照:サンコー(株) 水の循 [&he・・・

記事全文

厚木市 雨水貯留型公園「あさひ公園」完成

厚木市 雨水貯留型公園「あさひ公園」完成 新しい浸水対策を模索 (参照:大阪府 治水用の地下神殿「寝屋川北部地 [&he・・・

記事全文

ニッコー(株) 業界No.1省エネ性能の一般家庭用小型浄化槽「水創り王」を発売

ニッコー(株) 2020年6月、省エネ性能抜群の一般家庭用小型浄化槽を発売 (参照:(株)日本トリム 電解水透 [&he・・・

記事全文

文化庁 京都の近代化に貢献した「琵琶湖疏水」を日本遺産に認定

文化庁 京都~滋賀間の「琵琶湖疏水」を日本遺産に認定 (参照:国土交通省 ダム貯水の事前放流についてのガイドラ [&he・・・

記事全文

国土交通省と経済産業省 マンション等の浸水対策ガイドラインを発表

国土交通省と経済産業省 建築物における電気設備の浸水対策ガイドラインを発表 (参照:国土交通省 熊本の記録的な [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR