世界の水危機と日本への影響

[ 2010/07/26 ]


世界の水危機に関しては、2009年1月に開催された世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)の報告書が引用されることが多い。その報告書では、このままのペースで水を消費すると20年以内に世界は深刻な水危機を迎え、経済活動が崩壊すると警告している。特に、中国などの人々の生活水準が上がれば、消費する水の量は膨大なものになるだろう。水は飲むだけではなく、清潔で文化的な生活を送るためには必須のものだ。

水

水そのものが、資源としてなくなるということはない。経済力があれば、水資源を手に入れることは可能であろう。砂漠に出来た都市、ドバイでは2007年までは、高騰する石油価格を背景にした経済力で、あり余るくらいの豊かな水を得ていた。経済力さえあれば、海水淡水化技術で高コストであっても水を得ることは可能だが、2008年のバブル崩壊で、「水泡に帰した」わけだ。まさに「砂上の楼閣」。「金の切れ目が水の切れ目」になってしまった。

しかし、将来の需要増加の要因はいくらでも上げることはできるが、供給増加に関しては今後の技術開発など未知数の要因が大きい。世界における水の需給バランスが供給不足に傾けば、水の価格が暴騰する可能性は高い。これをビジネスチャンスと見るか、経済危機と受け止めるかは、それぞれの立場によるであろう。

日本人にとって、水危機は実感が薄いものである。現在の日本には、深刻なレベルで、水不足の環境下にある人はいないといえる。しかし、食料を輸入に頼ることによって、仮想的な水(バーチャルウォーター)の輸入大国である日本も、将来的には世界の水危機とは無縁ではいられないだろう。


関連する記事

アーカイブス

日立 国内の上下水道向け水処理機械設備の新設・更新事業を子会社に譲渡

(株)日立製作所 水処理機械設備の新設・更新事業を(株)日立プラントサービスに譲渡 (参照:日立 10月に高硬 [&he・・・

記事全文

道立総合研究機構工業試験場 地下水からの採熱実証試験を本格スタート

道立総合研究機構工業試験場と当別町 地下水からの採熱実証試験を開始、地下熱の普及を目指す (参照:日立 10月 [&he・・・

記事全文

アスクル(株) 「LOHACO Water」が2019年度グッドデザイン賞を受賞

アスクル(株) オリジナル天然水「LOHACO Water」が2019年度グッドデザイン賞を受賞 (参照:(株 [&he・・・

記事全文

首都圏外郭放水路が台風19号による氾濫対策に貢献

東京「地下神殿」 台風19号による河川の氾濫対策に貢献 (参照:インド 大雨や洪水の対策に日本の首都圏外郭放水 [&he・・・

記事全文

神戸学院大学とブルボン 「ひょうごBOSAI天然水」共同開発、商品化へ

神戸学院大学とブルボン 兵庫県の協力を得て「ひょうごBOSAI天然水」共同開発、商品化へ (参照:福光屋 日本 [&he・・・

記事全文

河川環境楽園オアシスパーク 水中探検「水中ドローンアドベンチャー」をスタート

河川環境楽園オアシスパーク 水中の魚が見られる「水中ドローンアドベンチャー」をスタート (参照:(株)チック  [&he・・・

記事全文

葉山町 町管理施設でペット飲料販売廃止 ウォーターサーバー設置へ

神奈川県葉山町 町管理施設でペットボトル飲料販売廃止 ウォーターサーバー設置 (参照:ヒルトン名古屋 マイボト [&he・・・

記事全文

宮崎 大淀川右岸地区管理体制整備推進協議会「水の恵みカード」発行

宮崎 大淀川右岸地区管理体制整備推進協議会 天神ダムの「水の恵みカード」発行 (参照:国土交通省琵琶湖河川事務 [&he・・・

記事全文

(株)プリンスホテル 「南魚沼のおいしい湧き水」を使ったオリジナル日本酒「あさぎ」を発売

(株)プリンスホテル 「南魚沼のおいしい湧き水」を仕込み水に使った日本酒「あさぎ」を発売へ (参照: 福光屋  [&he・・・

記事全文

(株)日本トリム 整水器業界初 健康セミナー体験ARアプリをリリース

(株)日本トリム 整水器業界初 健康セミナー体験ARアプリ「日本トリム」をリリース (参照:日立 10月に高硬 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR