大阪市が、漏水率を武器に水道技術を中国へ売り込み

[ 2010/07/27 ]


大阪市が、水道技術中国に売り込もうと、平松市長自ら7月26日、上海に向けて出発した。7月28日には「なにわの日」として、上海万博の大阪館ではイベントが開催される。このイベントに合わせての出発だ。中国における、大阪への注目が高まると期待した平松市長は、上海、中国初の経済特区となった深圳(セン)市に対して、水道、および環境関連の技術を直接売り込もうというわけだ。

日本の水道技術の高さは、定評がある。その技術の高さの指標として、「漏水率」というものがある。漏水率とは、水道水が浄水場から各世帯の蛇口に届くまでの水漏れの率だ。アジア主要国の都市で30%程度、世界の先進国でも10%内外ある。

水道システムの規模が大きくなればなるほど、漏水率の高水準化の難易度は上がるものだ。日本の主要都市は大規模な水道システムを持ちつつ、高水準の漏水率を維持している。266万人の人口規模を誇る大阪市の漏水率は、6%~7%(2007年)の高水準だ。

漏水率の低さは、世界的に日本が誇れる水道システムの管理技術と考えられる。

7月29日には、水道事業に携わる中国の企業などが参加するセミナーも開催される予定で、その場で日本の技術の高さをアピールしたい考えだ。将来のビッグビジネスといわれる水道技術の輸出のきっかけを作ることができるのか、平松市長の手腕に注目だ。


関連する記事

アーカイブス

道立総合研究機構工業試験場 地下水からの採熱実証試験を本格スタート

道立総合研究機構工業試験場と当別町 地下水からの採熱実証試験を開始、地下熱の普及を目指す (参照:日立 10月 [&he・・・

記事全文

アスクル(株) 「LOHACO Water」が2019年度グッドデザイン賞を受賞

アスクル(株) オリジナル天然水「LOHACO Water」が2019年度グッドデザイン賞を受賞 (参照:(株 [&he・・・

記事全文

首都圏外郭放水路が台風19号による氾濫対策に貢献

東京「地下神殿」 台風19号による河川の氾濫対策に貢献 (参照:インド 大雨や洪水の対策に日本の首都圏外郭放水 [&he・・・

記事全文

神戸学院大学とブルボン 「ひょうごBOSAI天然水」共同開発、商品化へ

神戸学院大学とブルボン 兵庫県の協力を得て「ひょうごBOSAI天然水」共同開発、商品化へ (参照:福光屋 日本 [&he・・・

記事全文

河川環境楽園オアシスパーク 水中探検「水中ドローンアドベンチャー」をスタート

河川環境楽園オアシスパーク 水中の魚が見られる「水中ドローンアドベンチャー」をスタート (参照:(株)チック  [&he・・・

記事全文

葉山町 町管理施設でペット飲料販売廃止 ウォーターサーバー設置へ

神奈川県葉山町 町管理施設でペットボトル飲料販売廃止 ウォーターサーバー設置 (参照:ヒルトン名古屋 マイボト [&he・・・

記事全文

宮崎 大淀川右岸地区管理体制整備推進協議会「水の恵みカード」発行

宮崎 大淀川右岸地区管理体制整備推進協議会 天神ダムの「水の恵みカード」発行 (参照:国土交通省琵琶湖河川事務 [&he・・・

記事全文

(株)プリンスホテル 「南魚沼のおいしい湧き水」を使ったオリジナル日本酒「あさぎ」を発売

(株)プリンスホテル 「南魚沼のおいしい湧き水」を仕込み水に使った日本酒「あさぎ」を発売へ (参照: 福光屋  [&he・・・

記事全文

(株)日本トリム 整水器業界初 健康セミナー体験ARアプリをリリース

(株)日本トリム 整水器業界初 健康セミナー体験ARアプリ「日本トリム」をリリース (参照:日立 10月に高硬 [&he・・・

記事全文

インド 大雨や洪水の対策に日本の首都圏外郭放水路の導入を検討

インド・ムンバイ市 大雨や洪水等災害対策に日本の首都圏外郭放水路の導入を検討 (参照:三井住友建設(株) カン [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR