大阪市が、漏水率を武器に水道技術を中国へ売り込み

[ 2010/07/27 ]


大阪市が、水道技術中国に売り込もうと、平松市長自ら7月26日、上海に向けて出発した。7月28日には「なにわの日」として、上海万博の大阪館ではイベントが開催される。このイベントに合わせての出発だ。中国における、大阪への注目が高まると期待した平松市長は、上海、中国初の経済特区となった深圳(セン)市に対して、水道、および環境関連の技術を直接売り込もうというわけだ。

日本の水道技術の高さは、定評がある。その技術の高さの指標として、「漏水率」というものがある。漏水率とは、水道水が浄水場から各世帯の蛇口に届くまでの水漏れの率だ。アジア主要国の都市で30%程度、世界の先進国でも10%内外ある。

水道システムの規模が大きくなればなるほど、漏水率の高水準化の難易度は上がるものだ。日本の主要都市は大規模な水道システムを持ちつつ、高水準の漏水率を維持している。266万人の人口規模を誇る大阪市の漏水率は、6%~7%(2007年)の高水準だ。

漏水率の低さは、世界的に日本が誇れる水道システムの管理技術と考えられる。

7月29日には、水道事業に携わる中国の企業などが参加するセミナーも開催される予定で、その場で日本の技術の高さをアピールしたい考えだ。将来のビッグビジネスといわれる水道技術の輸出のきっかけを作ることができるのか、平松市長の手腕に注目だ。


関連する記事

アーカイブス

WOTA 自律分散型の水循環型ポータブル手洗い機「WOSH」先行予約開始

WOTA 自律分散型の水循環型ポータブル手洗い機600台限定で先行予約スタート (参照:AFUストア 手動掃除 [&he・・・

記事全文

長野県 諏訪湖の貧酸素水のメカニズム解明に向け本格始動

長野県 諏訪湖の貧酸素水、メカニズム解明へ計測開始 (参照:滋賀県 琵琶湖の低酸素状態懸念 2年連続で)

記事全文

(株)クボタ 水環境事業で新体制 上水から下水までトータルにサービス提供

(株)クボタ 水環境事業で新体制 市場環境の変化に対応 上水から下水までトータルに (参照:厚木市 雨水貯留型 [&he・・・

記事全文

三菱ケミカル(株) 海洋で分解するレジ袋を開発 1年で全分解

三菱ケミカル(株) 海洋で分解するレジ袋を開発 微生物の力で全分解可能 (参照:開成町 全国初「ネット・ゼロ・ [&he・・・

記事全文

無印良品 「自分で詰める水のボトル」発売 店内に給水機を設置

無印良品 「自分で詰める水のボトル」発売 7/1店内給水機での給水サービススタート (参照: コカ・コーラシス [&he・・・

記事全文

(株)オーシン 水に濡らして気化熱で冷やして使う「ウォーターマスク」が好調

(株)オーシン 気化熱で冷やして使う「ウォーターマスク」好調 新型の予約を受付 (参照:サンコー(株) 水の循 [&he・・・

記事全文

厚木市 雨水貯留型公園「あさひ公園」完成

厚木市 雨水貯留型公園「あさひ公園」完成 新しい浸水対策を模索 (参照:大阪府 治水用の地下神殿「寝屋川北部地 [&he・・・

記事全文

ニッコー(株) 業界No.1省エネ性能の一般家庭用小型浄化槽「水創り王」を発売

ニッコー(株) 2020年6月、省エネ性能抜群の一般家庭用小型浄化槽を発売 (参照:(株)日本トリム 電解水透 [&he・・・

記事全文

文化庁 京都の近代化に貢献した「琵琶湖疏水」を日本遺産に認定

文化庁 京都~滋賀間の「琵琶湖疏水」を日本遺産に認定 (参照:国土交通省 ダム貯水の事前放流についてのガイドラ [&he・・・

記事全文

国土交通省と経済産業省 マンション等の浸水対策ガイドラインを発表

国土交通省と経済産業省 建築物における電気設備の浸水対策ガイドラインを発表 (参照:国土交通省 熊本の記録的な [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR