不安の声高まるも、いわき市漁協の試験操業は続行の構え

[ 2013/07/29 ]


7月26日、福島市内にて県漁業協同組合連合会の組合長会が行なわれた。主な議題は東京電力福島第一原発による海への汚染水流出問題についての対策。(参照:地下貯水槽から地中に漏れているのは、水素爆弾の材料?!

Photo by jetalone

会合では東電の新妻常正常務が高濃度汚染水の流出について、確認が遅れたことへの謝罪と今後の計画と対策を説明した。県内の6つの漁協の組合長ら約70名の出席者らは憤りを隠せず、対策や今後実施を目指す9月のいわき市漁協の試験操業についても不安の声があがった。

東電側では薬剤注入により汚染のダメージを和らげたり、護岸の地盤改良工事を急ぐ計画、また今後このようなことがないよう監視を強化するなどの対策を説明した。しかし、それらの計画が予想通りにいかなかった場合はどうするか、風評被害を恐れる声が多く意見の集約は困難を極めている。

現在、9月のいわき市漁協の試験作業の開始には慎重ながらも準備を進めることと、相馬双葉漁協が実施している試験作業は継続する方針が出ている。これは、環境への影響が現時点ではまだ大きく人がっていないことと、風評被害対策が進んでいることが理由である。漁協側はすでに動き出してしまっている試験操業に後へは引けない苦しい状況だ。


関連する記事

アーカイブス

皇太子さまの水問題に関する研究の書籍 初販売へ

皇太子さまの水問題に関する研究の書籍 4月に初販売へ (参照:龍谷大学講師 生息する魚を推定する新技術「環境D [&he・・・

記事全文

ウェルシィと三菱ケミカルアクア・ソリューションズ合併、新会社の社名発表

ウェルシィと三菱ケミカルアクア・ソリューションズ合併、新社名は「三菱ケミカルアクア・ソリューションズ」 (参照 [&he・・・

記事全文

岩手県 平成30年度水と緑を守り育てる知事感謝状 2団体に

岩手県 平成30年度水と緑を守り育てる知事感謝状 2団体に授与 (参照:熊本市 第4回「アジア・太平洋水サミッ [&he・・・

記事全文

マクセル 蛇口直結型オゾン水生成器を発売

マクセル 蛇口直結型オゾン水生成器「オゾネオアクア ウォーターミックス」を発売 (参照:Watergen US [&he・・・

記事全文

株式会社アプリックス 水処理システムをIoT化するプラットフォームサービス国内提供開始

株式会社アプリックス 水処理システムをIoT化する「HARPS」を国内提供開始 (参照:島津製作所 水中でも使 [&he・・・

記事全文

株式会社AQUA JACKET 「捨てさせない」デザイン力のミネラルウォーターを販売開始

株式会社AQUA JACKET 「捨てさせない」というECOから考えたミネラルウォーターの販売開始 (参照:全 [&he・・・

記事全文

龍谷大学講師 生息する魚を推定する新技術「環境DNA」の開発、普及に取り組む

龍谷大学山中裕樹講師 生息する魚を水から推定する新技術「環境DNA」の開発、普及に取り組む (参照:日大工学部 [&he・・・

記事全文

サントリー食品インターナショナル(株) 「CDPウォーターAリスト企業」に選定

サントリー食品インターナショナル(株) 「CDPウォーター Aリスト企業」に3年連続で選定される (参照:コカ [&he・・・

記事全文

熊本市 第4回「アジア・太平洋水サミット」の開催地に決定

熊本市 第4回「アジア・太平洋水サミット」の開催地決定を発表 (参照:IWA世界会議が東京で開催される。)

記事全文

学術誌「Advances in Atmospheric Sciences」 海水温が観測史上最高を記録

海水温が観測史上最高を記録 学術誌「Advances in Atmospheric Sciences」に記事掲 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR