諏訪湖の湖底に酸素を送る実験開始

[ 2013/08/06 ]


長野県岡谷市、諏訪市、諏訪郡下諏訪町にまたがる諏訪湖で、湖底に酸素を送る実験が2013年6月中旬から始まったことが7月27日に明らかになった。 (参照:長野県 「諏訪湖環境改善行動会議(仮称)」設置 -諏訪湖の貧酸素状態解消へ

諏訪湖

Image from 長野県

夏の諏訪湖は湖底の酸素が枯渇する「貧酸素」状態に陥ることがあるが、今年はその状態が続いている。温かく、常に酸素が供給される湖面の水と、冷たい湖底の水が分離することで発生する。そのため、地元の諏訪湖漁業協同組合が「ナノバブル」と呼ばれる極小さな気泡を人工的に水中に供給する実験を開始した。

実験には、岐阜県岐阜市の機械部品製造会社、株式会社ナックが協力し、岡谷市湊の諏訪湖沖約250メートルの湖底に、直径20ナノメートル以下の小さな泡を発生させる器具を計9本設置した。器具はそれぞれ長さ1メートルほどで、空気は湖岸の空気圧縮機からゴムチューブを通じて送られている。

泡をナノ化することで、水と比重がほぼ同じになり、水面に浮かび上がらずに水中に長くとどめることができる。湖底のヘドロに酸素がうまく供給できれば、バクテリアの活動が活発になり、ヘドロの有機物分解が進むという見込みだ。湖底が浄化されれば、バクテリアによる酸素消費量も減り、貧酸素状態も緩和される良循環も期待できる。

設置から1ヶ月あまり経った現段階で、各設置器具の周りに目立った変化は見られていない。同組合は、今後しばらく様子を見て、効果が得られれば次の段階への取り組みを考えるとしている。


関連する記事

アーカイブス

国土交通省 「水の里の旅コンテスト2020」の受賞作品が発表

国土交通省主催 「水の里の旅コンテスト2020」受賞作品が決定 (参照:JR東日本スタートアップ トンネル湧水を活用した・・・

記事全文

レッドブル 「レッドブル・ ベースメント2020」英学生の節水型洗濯が最優秀賞を受賞

レッドブル 「レッドブル・ ベースメント2020」受賞作品決定 英学生の節水型洗濯 (参照:(株)フォレストホームサービ・・・

記事全文

株)日本トリム 電解水素水の飲用がストレス耐性を強化 研究発表へ

(株)日本トリム 電解水素水の飲用がストレス耐性を強化 理化学研究所との研究発表 (参照:(株)フォレストホームサービス・・・

記事全文

長崎大と粕谷製網 リアルタイムで養殖いけす内を監視する装置を開発

長崎大と粕谷製網 水中の養殖いけすを監視する「マルチセンサプラットフォーム」を開発 (参照:北海道大学 幻の魚「イトウ」・・・

記事全文

「ミズコム」による調査 新型コロナウイルスの影響でウォーターサーバーの需要増

「ミズコム」による調査 新型コロナウイルス影響か ウォーターサーバー導入検討増 (参照:(株)フォレストホームサービス ・・・

記事全文

経済産業省 「水上設置遊具の安全に関するガイドライン」を策定 関係事業者へ注意喚起

経済産業省 「水上設置遊具の安全に関するガイドライン」策定 としまえんの事故を受け (参照:インタービジネスブリッジ 「・・・

記事全文

ビーテック(株) オリジナルラベルの炭酸水が作れる「オリジナル炭酸水」発売

ビーテック(株) スマホ入力でオリジナルラベルが作れる「オリジナル炭酸水」発売 (参考:AQUA JACKET(株) 社・・・

記事全文

(株)日立製作所 ダム放流計画の自動作成技術を開発、放流計画を支援へ

(株)日立製作所 ダム放流計画の自動作成を開発、放流計画を支援へ (参照:南房総市 ダム渇水のため、断水で売上が減少した・・・

記事全文

JR東日本スタートアップ トンネル湧水を活用した「鉄道わさび」栽培実験へ

JR東日本スタートアップ トンネル湧水でわさびの栽培実験 グリーンインパクトと (参照:アサヒ 工場排水からのバイオガス・・・

記事全文

国土交通省 海における次世代モビリティに関する産学官協議会立ち上げ 本格化へ

国土交通省 海のドローン産業を本格化へ 2021年には実証実験も視野に (参照:(株)セキド 水中スクーター「SUBLU・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR