諏訪湖の湖底に酸素を送る実験開始

[ 2013/08/06 ]


長野県岡谷市、諏訪市、諏訪郡下諏訪町にまたがる諏訪湖で、湖底に酸素を送る実験が2013年6月中旬から始まったことが7月27日に明らかになった。 (参照:長野県 「諏訪湖環境改善行動会議(仮称)」設置 -諏訪湖の貧酸素状態解消へ

諏訪湖

Image from 長野県

夏の諏訪湖は湖底の酸素が枯渇する「貧酸素」状態に陥ることがあるが、今年はその状態が続いている。温かく、常に酸素が供給される湖面の水と、冷たい湖底の水が分離することで発生する。そのため、地元の諏訪湖漁業協同組合が「ナノバブル」と呼ばれる極小さな気泡を人工的に水中に供給する実験を開始した。

実験には、岐阜県岐阜市の機械部品製造会社、株式会社ナックが協力し、岡谷市湊の諏訪湖沖約250メートルの湖底に、直径20ナノメートル以下の小さな泡を発生させる器具を計9本設置した。器具はそれぞれ長さ1メートルほどで、空気は湖岸の空気圧縮機からゴムチューブを通じて送られている。

泡をナノ化することで、水と比重がほぼ同じになり、水面に浮かび上がらずに水中に長くとどめることができる。湖底のヘドロに酸素がうまく供給できれば、バクテリアの活動が活発になり、ヘドロの有機物分解が進むという見込みだ。湖底が浄化されれば、バクテリアによる酸素消費量も減り、貧酸素状態も緩和される良循環も期待できる。

設置から1ヶ月あまり経った現段階で、各設置器具の周りに目立った変化は見られていない。同組合は、今後しばらく様子を見て、効果が得られれば次の段階への取り組みを考えるとしている。


関連する記事

アーカイブス

滋賀県 琵琶湖の低酸素状態懸念 2年連続で

滋賀県 琵琶湖の低酸素状態、アオコ大量発生の懸念 (参照:阿寒湖のマリモ保全推進委員会 マリモ保護目的で摘み取 [&he・・・

記事全文

日本水産・弓ヶ浜水産・日立造船 地下水を活用したマサバの陸上養殖実証試験をスタート

日本水産・弓ヶ浜水産・日立造船 地下水でのマサバの陸上養殖実証試験をスタート (参照:鳥羽水族館 ジュゴンの生 [&he・・・

記事全文

岡山理科大学 好適環境水で養殖したウナギの加工品を商品化へ

岡山理科大学 好適環境水で養殖したウナギの加工品をお中元向け商品へ 天満屋で (参照:阿寒湖のマリモ保全推進委 [&he・・・

記事全文

サンコー(株) 水の循環で体を冷やす「水冷クールベストLite」を発売

サンコー(株) 氷水を活用したクーラーベスト「水冷クールベストLite」を発売 (参照:(株)タカラトミーアー [&he・・・

記事全文

森永乳業(株) 殺菌水生成器「ピュアスター」の出荷台数を2倍に

森永乳業(株) 殺菌水生成器「ピュアスター」の生産ラインを増設、出荷台数を2倍に (参照: (株)日本トリム  [&he・・・

記事全文

京都府福知山市 「福知山市域における総合的な治水対策」事業おおむね完成

京都府福知山市 「福知山市域における総合的な治水対策」事業、出水期を前にほぼ完成 (参照:国土交通省 熊本の記 [&he・・・

記事全文

(一社)海洋連盟 海のPRコンテスト「うみぽす2020」募集スタート

(一社)海洋連盟 海と日本PROJECT「うみぽす2020」募集スタート 9/23まで受付 (参照:八ッ場ダム [&he・・・

記事全文

AFUストア 手動掃除機&水拭きモップの2WAYクリーナーの先行販売を開始

AFUストア 手動掃除機&水拭きモップクリーナー「deerma TB900」を先行販売 (参照: (株)セキド [&he・・・

記事全文

国土交通省 熊本の記録的な豪雨1000ヘクタール以上浸水

国土交通省 4日からの熊本豪雨 1000ヘクタール余り浸水か (参照:国土交通省 ダムの新たな洪水対策及び 発 [&he・・・

記事全文

阿寒湖のマリモ保全推進委員会 マリモ保護目的で摘み取った水草をシカのエサに

阿寒湖のマリモ保全推進委員会 阿寒湖で除去した水草を乾燥させシカのエサに (参照:ホクレン 災害時の牛の飲み水 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR