水資源争奪戦に直面する東京都石原都知事の本気

[ 2010/07/30 ]


石原都知事節が飛び出したのは、2010年の春だ。
フランスごとき会社が出てきてだね、手賀沼千葉県の湖沼)の浄水やるなんてのは、私に言わせりゃ、こしゃくな話で、こんなものはとっくに、東京に依頼すればやったのに、そういうところのセールスがだめなんだな、日本人は」

フランス水メジャー・ヴェオリア千葉県浄水事業を落札したことに対する憤りのコメントだ。

日本の主要都市の漏水率が低いのは既に伝えたとおりだが、東京都の漏水率はわずか3%日本の主要都市の中でも抜けている。しかも人口規模も格段に大きい。欧州の代表都市であるロンドンやパリの20%なぞ問題外である。アメリカ主要都市でも10%前後なのだから、その技術力は世界トップクラスといっても間違いではない。もっと世界へ打って出るべきだというのが石原都知事の主張にあるのだろう。海外では水道施設が民営化が進んでいる。世界市場では欧州の水メジャーの上位3社、ヴェオリアGDFスエズテムズ・ウォーター水道市場の過半を占めている。これが水道ビジネスの世界的における現状だ。水メジャーの最大手、ヴェオリアの日本法人が千葉県などから下水道施設の管理を委託されている状況は、まさに黒船襲来である。

水メジャー水男爵(ウォーターバロンズ)と呼ばれ、その呼び名のごとく優秀でスマートで高給取りだ。プレゼンは、もっとも らしい指標と複雑なバランスシートを持ち出し、すべてがテイクノートすべきご高説に聞こえる。たちまち役人や議員を虜にしてしまうのも分かる気がする。しかも自治体ニーズのツボもよく抑えているわけだ。


東京都石原都知事としては、「そうはさせない」というわけだろう。水男爵どもを向こうにまわし、海外進出も視野に入れ実践していく。手始めとして、2010年5月には、オーストラリア水道事業会社UUAとコンサルティング契約を結んだ。UUAは、三菱商事日揮、産業革新機構(官民出資)によって買収(150億円)された豪州水道事業会社だ。約300万人に給水している。


関連する記事

アーカイブス

長野県 諏訪湖の貧酸素水のメカニズム解明に向け本格始動

長野県 諏訪湖の貧酸素水、メカニズム解明へ計測開始 (参照:滋賀県 琵琶湖の低酸素状態懸念 2年連続で)

記事全文

(株)クボタ 水環境事業で新体制 上水から下水までトータルにサービス提供

(株)クボタ 水環境事業で新体制 市場環境の変化に対応 上水から下水までトータルに (参照:厚木市 雨水貯留型 [&he・・・

記事全文

三菱ケミカル(株) 海洋で分解するレジ袋を開発 1年で全分解

三菱ケミカル(株) 海洋で分解するレジ袋を開発 微生物の力で全分解可能 (参照:開成町 全国初「ネット・ゼロ・ [&he・・・

記事全文

無印良品 「自分で詰める水のボトル」発売 店内に給水機を設置

無印良品 「自分で詰める水のボトル」発売 7/1店内給水機での給水サービススタート (参照: コカ・コーラシス [&he・・・

記事全文

(株)オーシン 水に濡らして気化熱で冷やして使う「ウォーターマスク」が好調

(株)オーシン 気化熱で冷やして使う「ウォーターマスク」好調 新型の予約を受付 (参照:サンコー(株) 水の循 [&he・・・

記事全文

厚木市 雨水貯留型公園「あさひ公園」完成

厚木市 雨水貯留型公園「あさひ公園」完成 新しい浸水対策を模索 (参照:大阪府 治水用の地下神殿「寝屋川北部地 [&he・・・

記事全文

ニッコー(株) 業界No.1省エネ性能の一般家庭用小型浄化槽「水創り王」を発売

ニッコー(株) 2020年6月、省エネ性能抜群の一般家庭用小型浄化槽を発売 (参照:(株)日本トリム 電解水透 [&he・・・

記事全文

文化庁 京都の近代化に貢献した「琵琶湖疏水」を日本遺産に認定

文化庁 京都~滋賀間の「琵琶湖疏水」を日本遺産に認定 (参照:国土交通省 ダム貯水の事前放流についてのガイドラ [&he・・・

記事全文

国土交通省と経済産業省 マンション等の浸水対策ガイドラインを発表

国土交通省と経済産業省 建築物における電気設備の浸水対策ガイドラインを発表 (参照:国土交通省 熊本の記録的な [&he・・・

記事全文

長野県の地ビール「伊勢滝の風」 村酒販店活性化委員会が湧き水を採水

長野県の地ビール「伊勢滝の風」 村酒販店活性化委員会が湧き水を採水 伊勢滝付近で (参照:神奈川県中井町 「丹 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR