黄河に洪水の危険性

[ 2013/08/26 ]


中国北部を流れる黄河に、洪水の問題が持ち上がっている。すでに何年も前から危ぶまれてきたことだが、黄河の川底に大量の泥や砂が堆積し、川を底上げしているのだ。(参照:中国広東省、水質改善計画へ乗り出す

黄河

Image from Tudou Mao

黄河はもともと渇水期に川底に土砂が溜まりやすい。しかし、夏の増水期を迎えると、これまでは下流にその土砂を押し流す作用が見られた。ただ、ここ数十年は年々工業および農業用水の量が増えており、増水期でも土砂を押し流せるほどの流量には達していないのが現状だ。

自浄作用をなくした川の代わりに防砂機能を果たしていたのが、2002年に供用が始まった小浪底ダムだが、このダムも土砂の蓄積が限界を迎え、2030年頃までには寿命を迎えるという。現在は新しい古賢ダムを建設している最中だが、堆積した土砂の状態から、一刻も早い供用の開始が望まれている。

仮に黄河が氾濫した場合、下流に周囲の平地よりも高い「天井川」と呼ばれる部分があるため、大規模な被害が予想される。数十年に1度の大洪水を避けるため、早めの対策が求められている。


関連する記事

アーカイブス

(株)星野リゾート 「星のや」ブランドでペットボトルを廃止し、ウォータージャグへ

(株)星野リゾート 「星のや」でペットボトルを廃止し ウォータージャグの設置へ (参照:星のや沖縄 「星空ホットプール」・・・

記事全文

日本製粉(株)  「ユニセフ支援ギフト」による支援を実施

日本製粉(株)  日本ユニセフ協会の「ユニセフ支援ギフト」による支援を実施 (参照:阿寒湖のマリモ保全推進委員会 マリモ・・・

記事全文

AQUA JACKET(株) 社会貢献できる2種類のミネラルウォーターを発売

AQUA JACKET(株) 社会貢献できるミネラルウォーター「NOT JUSTA BOTTLE」発売 (参照:(株)J・・・

記事全文

国際水路機関 海図の日本海の呼称継続暫定 数字表記も

国際水路機関 海図の日本海の呼称継続暫定 「東海」含まず (参照:2020年の世界水週間の中止が決定 新型コロナで)

記事全文

(株)フォレストホームサービス 浄水システム「WACOMS WATER SYSTEM」を新発売

(株)フォレストホームサービス 国内初 天然サンゴ使用の浄水システムを新発売 (参照:株式会社Gloture スマホで管・・・

記事全文

南房総市 ダム渇水のため、断水で売上が減少した事業者に対し給付金支給へ

南房総市 小向ダム渇水で売上減少事業者に対し給付金支給へ (参照:宇都宮市 田んぼダム普及で水害に強い街づくりを目指す)・・・

記事全文

小向ダム

セイスイ工業(株) 油分や有害物を分離して処理する「災害時排水処理システム」を提供

セイスイ工業(株) 「災害時排水処理システム」を提供 被災現場での早期復旧を目指す (参照:渋谷駅 地下雨水貯留施設供用・・・

記事全文

(株)一条工務店 防災科学技術研究所と開発の「水に浮かぶ家」商品化、発売へ

(株)一条工務店 「水に浮かぶ家」商品化、発売へ 浸水対策を強化 (参照:(株)竹中工務店ら VOC汚染土壌・地下水に対・・・

記事全文

水に浮かぶ家

(株)竹中工務店ら VOC汚染土壌・地下水に対する新しい浄化システムを開発

(株)竹中工務店ら VOC汚染土壌を温めて浄化を促進する新しいシステムを開発 (参照:NEDO・東北大ほか 温泉スケール・・・

記事全文

環境省 瀬戸内海の「栄養塩」の濃度が下がりすぎた問題で法改正へ

環境省 瀬戸内海の「きれいになり過ぎた」問題で法改正へ 水域を分けて対策 (参照:長野県 諏訪湖の貧酸素水のメカニズム解・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR