黄河に洪水の危険性

[ 2013/08/26 ]


中国北部を流れる黄河に、洪水の問題が持ち上がっている。すでに何年も前から危ぶまれてきたことだが、黄河の川底に大量の泥や砂が堆積し、川を底上げしているのだ。(参照:中国広東省、水質改善計画へ乗り出す

黄河

Image from Tudou Mao

黄河はもともと渇水期に川底に土砂が溜まりやすい。しかし、夏の増水期を迎えると、これまでは下流にその土砂を押し流す作用が見られた。ただ、ここ数十年は年々工業および農業用水の量が増えており、増水期でも土砂を押し流せるほどの流量には達していないのが現状だ。

自浄作用をなくした川の代わりに防砂機能を果たしていたのが、2002年に供用が始まった小浪底ダムだが、このダムも土砂の蓄積が限界を迎え、2030年頃までには寿命を迎えるという。現在は新しい古賢ダムを建設している最中だが、堆積した土砂の状態から、一刻も早い供用の開始が望まれている。

仮に黄河が氾濫した場合、下流に周囲の平地よりも高い「天井川」と呼ばれる部分があるため、大規模な被害が予想される。数十年に1度の大洪水を避けるため、早めの対策が求められている。


関連する記事

アーカイブス

双葉地方水道企業団 福島の安全な水をPR「ふくしま木戸川の水」発売

双葉地方水道企業団 福島の安全な水をPRする「ふくしま木戸川の水」約2万本を発売 (参照:水道水を充填したペッ [&he・・・

記事全文

株式会社MTG 「SIXPAD」シリーズに水を使った新たなトレーニングアイテムを発売

株式会社MTG  「SIXPAD」シリーズに新たなトレーニングアイテム、水で身体を鍛える「SIXPAD Wat [&he・・・

記事全文

株式会社ファーストリテイリング ジーンズの加工時の水使用量を最大99%削減

「ユニクロ」の株式会社ファーストリテイリングがジーンズ加工時の水使用量を9割以上削減する技術を開発 (参照:ト [&he・・・

記事全文

高知 豪雨対策に地下に巨大貯留管を整備

高知市、豪雨対策として江ノ口地区北部の地下に大規模貯留管を整備  (参照:現代につながる江戸時代からの上水)

記事全文

デンマーク 雨水を循環させて環境に役立てながら洪水を防止する画期的な歩道塗装を採用

デンマークの首都コペンハーゲンで雨水を自然循環させながら洪水を防止する歩道塗装を採用 (参照:運河の大掃除!オ [&he・・・

記事全文

関西電力、富山県と締結。「黒部ルート」を2024年6月から一般開放へ

関西電力、富山県と「黒部ルートの一般開放・旅行商品化に関する協定」締結。2024年6月から黒部ルート一般開放へ [&he・・・

記事全文

JR東海 リニアトンネル工事に伴う大井川水系流量問題で妥協案

JR東海、リニア新幹線南アルプストンネル静岡工区の大井川水系流量問題で妥協案 (参照:現代につながる江戸時代か [&he・・・

記事全文

アサヒ飲料、小学生向け出張「水育」授業~こどもSDGsスクール~

アサヒ飲料が小学生にSDGsの観点から「水育」の出張授業を行う (参照:アサヒ飲料、透明なのにカフェラテ?「ア [&he・・・

記事全文

国土交通省「ダムを見に行こう(秋号)」発刊

国土交通省は9月、平成25年6月以降第23回目となる「ダムを見に行こう(秋号)」を発刊した。 (参照:東北整備 [&he・・・

記事全文

滋賀 茨城ほか3県で「湖沼水環境保全に関する自治体連携」設立 世界湖沼会議で

滋賀県や茨城県を含む5県で水環境保全のため「湖沼水環境保全に関する自治体連携」を設立、世界湖沼会議で発表予定 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR