年間降水量の変動幅拡大=安定供給可能な水量減少-水資源白書

[ 2010/07/31 ]


国土交通省は7月31日、2010年版の「日本の水資源」(水資源白書を公表した。その白書では、主な水系で水の安定供給が困難になっていることを指摘している。これは、地球温暖化の影響とみられ、年間降水量の変動幅が拡大している上、降水量も長期的には減少傾向にあることが原因となっている。

今年の水資源白書では、気象庁のデータに基づき、1900年から10年単位で、国内の平均降水量が最大の年と最小の年の差をみると、60年代までは約250ミリから約580ミリ で、平均は約410ミリ。これに対し、70年代から2000年代までは約410ミリから約770ミリで、平均は約620ミリと、変動幅が約1.5倍に拡大 した。
このため白書は、一般家庭で雨水をトイレ用として利用したり、既存ダムの貯水量を増やすための改修工事を行ったりして「水を大切に使う社会」への転換を訴えた。

2005年の独立行政法人海洋研究開発機構地球環境フロンティア研究センターの研究報告では、地球温暖化により、地球上の各地域で降水量がどのように変化するかという点について発表されている。このときには、極中高緯度と熱帯の一部で増加、亜熱帯を中心に減少という結果という研究結果も発表されていた。日本においても、年平均降水量の増加(10%)と比較して豪雨強度の増加率(18%)が高いことが指摘されていた。、今回の白書では、変動幅の大きさという点が指摘されているが、これも、局所的な豪雨強度の増加率が高いことと相関があるのではないかと考えられる。



関連する記事

アーカイブス

株式会社ブラウンシュガー1ST 水でできた洗浄剤「水洗いシュシュ」シリーズ 発売

株式会社ブラウンシュガー1ST 特許技術で電気分解した水でできた洗浄剤「水洗いシュシュ」シリーズ 発売 (参照 [&he・・・

記事全文

いちごホールディングス 地下水探査新システムの開発に成功、販売へ

いちごホールディングス 地下水探査の新システムの開発に成功、探査範囲拡大へ (参照:JAXA、はやぶさ2「リュ [&he・・・

記事全文

横浜ウォーター JICAから水道事業支援プロジェクトを受注 南アの水道事業を支援

横浜ウォーター 南アフリカ共和国の水道事業支援プロジェクトをJICAから受注 (参照:安全な水をマダカスカルの [&he・・・

記事全文

双葉地方水道企業団 福島の安全な水をPR「ふくしま木戸川の水」発売

双葉地方水道企業団 福島の安全な水をPRする「ふくしま木戸川の水」約2万本を発売 (参照:水道水を充填したペッ [&he・・・

記事全文

株式会社MTG 「SIXPAD」シリーズに水を使った新たなトレーニングアイテムを発売

株式会社MTG  「SIXPAD」シリーズに新たなトレーニングアイテム、水で身体を鍛える「SIXPAD Wat [&he・・・

記事全文

株式会社ファーストリテイリング ジーンズの加工時の水使用量を最大99%削減

「ユニクロ」の株式会社ファーストリテイリングがジーンズ加工時の水使用量を9割以上削減する技術を開発 (参照:ト [&he・・・

記事全文

高知 豪雨対策に地下に巨大貯留管を整備

高知市、豪雨対策として江ノ口地区北部の地下に大規模貯留管を整備  (参照:現代につながる江戸時代からの上水)

記事全文

デンマーク 雨水を循環させて環境に役立てながら洪水を防止する画期的な歩道塗装を採用

デンマークの首都コペンハーゲンで雨水を自然循環させながら洪水を防止する歩道塗装を採用 (参照:運河の大掃除!オ [&he・・・

記事全文

関西電力、富山県と締結。「黒部ルート」を2024年6月から一般開放へ

関西電力、富山県と「黒部ルートの一般開放・旅行商品化に関する協定」締結。2024年6月から黒部ルート一般開放へ [&he・・・

記事全文

JR東海 リニアトンネル工事に伴う大井川水系流量問題で妥協案

JR東海、リニア新幹線南アルプストンネル静岡工区の大井川水系流量問題で妥協案 (参照:現代につながる江戸時代か [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR