汚染水漏れ、国際的基準での深刻度レベル3へ引き上げ

[ 2013/08/29 ]


8月28日、原子力規制庁が東京電力福島第一原子力発電所で起きた原子力事故の深刻さについて国際的な評価基準で当初は汚染水漏れに対しレベル1としていたものをレベル3に引き上げた。
(参照:福島第一原発の汚染水漏出を氷の壁で遮断

Photo by hige-darumaひげだるまattractive woman Version

原子力事故の深刻さを表わす国際的な評価基準は、レベル0~7までの8段階で分けられる。今回は上から5番目に相当し、重大な異常現象とされている。同様のレベルの事故は、平成9年に茨城県東海村で起きた動力炉核燃料開発事業団の再処理工場での爆発事故がある。このとき放射能が漏れだし、作業員37名が被ばくしている。平成11年に起きた東海村の核燃料加工施設JCOでの臨界事故は作業員2名が被ばくして死亡しレベル4とされた。

IAEAは福島原発の事故に関しては、最も上のレベル7と評価している。汚染水漏れに関しては今月高濃度の放射性物質を含んだ汚染水が300トンと大量に漏れ出したことがレベル引き上げの決め手となっている。今後、事故と汚染水漏れを切り離して検討することもあり得ると述べている。


関連する記事

アーカイブス

国土交通省「ダムを見に行こう(秋号)」発刊

国土交通省は9月、平成25年6月以降第23回目となる「ダムを見に行こう(秋号)」を発刊した。 (参照:東北整備 [&he・・・

記事全文

滋賀 茨城ほか3県で「湖沼水環境保全に関する自治体連携」設立 世界湖沼会議で

滋賀県や茨城県を含む5県で水環境保全のため「湖沼水環境保全に関する自治体連携」を設立、世界湖沼会議で発表予定 [&he・・・

記事全文

長野原町役場、八ッ場ダム建設で消えゆく町の景色を動画とフリー素材で後世へ

長野原町役場、ジモフルやぱくたそと提携し、八ッ場ダム建設で消える町の姿を動画とフリー素材で後世へ残す (参照: [&he・・・

記事全文

JAXA、はやぶさ2「リュウグウ」にロボット投下を発表 水の存在を探る

JAXA、探査機はやぶさ2が小惑星「リュウグウ」に小型着陸機MASCOTを投下したことを発表。「リュウグウ」で [&he・・・

記事全文

ソニー、水中でも音楽が楽しめるワイヤレスイヤホン「WF-SP900」を発売

ソニーが水中でも音楽が楽しめる防水防じん機能搭載のワイヤレスイヤホンを「WF-SP900」10月27日に発売す [&he・・・

記事全文

全清飲、清涼飲料水の賞味期限表示を年月表示へ自主ガイドライン策定

2018年9月27日、全清飲が清涼飲料水の賞味期限表示を従来の年月日表示から年月表示へ切り替える自主ガイドライ [&he・・・

記事全文

現代につながる江戸時代からの上水

かつて世界最大の都市であった江戸から現代の東京に受け継がれている上水 (参照:東京都水道局、「東京水」のデザイ [&he・・・

記事全文

炭酸水・強炭酸の人気は定着化のきざし

炭酸水・強炭酸飲料は一過性のブームに留まらず、日常生活に溶け込みつつある。 (参照:サントリー食品インターナシ [&he・・・

記事全文

大阪の水族館「海遊館」 海水運搬船の座礁で海水供給ストップ

大阪の水族館「海遊館」、海水運搬船が座礁したため海水の供給がストップし人工海水で飼育 (参照:福島第一原発、台 [&he・・・

記事全文

水道水を充填したペットボトル水のモンドセレクション受賞が盛んに

日本の各水道事業体が発売しているペットボトル水が好評価を得ている。 (参照:日本の名水百選)[ 2018/10/11 ]

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR