汚染水漏れ、国際的基準での深刻度レベル3へ引き上げ

[ 2013/08/29 ]


8月28日、原子力規制庁が東京電力福島第一原子力発電所で起きた原子力事故の深刻さについて国際的な評価基準で当初は汚染水漏れに対しレベル1としていたものをレベル3に引き上げた。
(参照:福島第一原発の汚染水漏出を氷の壁で遮断

Photo by hige-darumaひげだるまattractive woman Version

原子力事故の深刻さを表わす国際的な評価基準は、レベル0~7までの8段階で分けられる。今回は上から5番目に相当し、重大な異常現象とされている。同様のレベルの事故は、平成9年に茨城県東海村で起きた動力炉核燃料開発事業団の再処理工場での爆発事故がある。このとき放射能が漏れだし、作業員37名が被ばくしている。平成11年に起きた東海村の核燃料加工施設JCOでの臨界事故は作業員2名が被ばくして死亡しレベル4とされた。

IAEAは福島原発の事故に関しては、最も上のレベル7と評価している。汚染水漏れに関しては今月高濃度の放射性物質を含んだ汚染水が300トンと大量に漏れ出したことがレベル引き上げの決め手となっている。今後、事故と汚染水漏れを切り離して検討することもあり得ると述べている。


関連する記事

アーカイブス

星野リゾート 「星のや 竹富島」で飲料水の自給をスタート

星野リゾート 「星のや 竹富島」で海水淡水化装置を利用した飲料水自給をスタート (参照:(株)星野リゾート 「星のや」ブ・・・

記事全文

西宮市 「給水スポット」設置へ 市役所本庁舎や公民館から

西宮市 「給水スポット」を市役所本庁舎や公民館に設置 プラ製品削減へ (参照:「ミズコム」による調査 新型コロナウイルス・・・

記事全文

東京大学やNECネッツエスアイ(株)ら、水中ドローンでカキの養殖を見守る実証実験

東京大学やNECネッツエスアイ(株)ら、水中ドローンでカキの養殖環境を確認へ (参照:長崎大と粕谷製網 リアルタイムで養・・・

記事全文

アサヒ飲料(株) ラベルレス飲料の単品販売をスタート タックシールに内容表示

アサヒ飲料(株) タックシール活用、転倒のラベルレス飲料の単品販売を開始 (参照:ビーテック(株) オリジナルラベルの炭・・・

記事全文

国土交通省 浸水リスクの高い区域の特定施設を建築許可制へ

国土交通省 「特定都市河川浸水被害対策法」改正へ動き 浸水区域の建築を許可制へ (参照:国土交通省 「水の里の旅コンテス・・・

記事全文

(株)マーフィード 洗車後の拭き取りが不要な超純水ユニットの販売を開始

(株)マーフィード 洗車後に水滴跡が残らない超純水ユニットの販売を開始 (参照:株)日本トリム 電解水素水の飲用がストレ・・・

記事全文

アイリスオーヤマ(株) 飲料水事業に参入 2022年2月稼働予定

アイリスオーヤマ(株) 飲料水事業参入計画で生産ラインを新設 春稼働予定 (参照:「ミズコム」による調査 新型コロナウイ・・・

記事全文

ロレアル 水の使用量を80%削減できるシャワーデバイスを開発

ロレアル 水の使用量を80%削減できるシャワーデバイスを開発 ヘアケア剤投入もOK (参照:(株)Gloture 自動で・・・

記事全文

(株)エルム 全国初、廃校のプールで水上太陽光発電

(株)エルム 全国初、廃校のプールで水上太陽光発電 プールサイドで通電式 (参照:岩手県立種市高等学校 潜水実習用の機材・・・

記事全文

新潟県長岡市 消雪パイプの効率的散水の実証実験 地下水節約のため

新潟県長岡市 地下水節約のため消雪パイプの効率化を模索 (参照:日本地下水開発(株) 地中熱で雪国に適した省エネ冷暖房を・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR