これから旬のサンマ漁、水揚高イマイチで理由わからず

[ 2013/09/04 ]


8月28日、岩手県大船渡市で今季初となるサンマの水揚げが行なわれたが、量が少なく取引値が上昇していることが明らかとなった。(参照:北海道にてシジミ漁ストップ…異臭騒ぎにつき

Photo by t32k

サンマの水揚げ量は10トン。昨年は21トンだったことを考えるとほぼ半分となってしまった。一匹当たりの大きさは変わらないが、量が少ないために1キロあたりの取引値が1400~1500円となり、昨年よりも300円も上回ってしまった。

大船渡魚市場は、本州で一番のサンマの水揚高を誇っており、サンマは市場の主役といってもいい存在。今回サンマ漁を行なった199トンもの大型サンマ漁船「第8三笠丸」は同市赤崎町の蛸ノ浦漁港を17日に出航して、北海道根室の東方沖約900キロで漁をした。

懸念されている理由としては、漁場の遠さと、サンマが漁場へとたどり着くタイミングが例年より遅れ気味であること。独立行政法人「水産総合研究センター東北区水産研究所」(宮城県)資源海洋部の中神正康主任研究員によると、理由は分からないが今年はサンマが漁場へと来遊する時期が遅れていると発表した。


関連する記事

アーカイブス

DCMホールディングス 水に浸して使う土のう袋を発売

DCMホールディングス 水に浸すと膨らむ土のう袋を発売 (参照: 厚生労働省 平成31年度予算「災害拠点病院等 [&he・・・

記事全文

ラストワンマイル協同組合 水やペットボトル入りドリンク類専用新配送サービスを開始

ラストワンマイル協同組合 水やペットボトル入りドリンク類専用の新しい配送サービスを開始 (参照:ヒルトン名古屋 [&he・・・

記事全文

アトラスコプコ(株) 東ティモールで「Water for All」プロジェクトを始動

アトラスコプコ(株) 東ティモールで水や衛生環境改善のための「Water for All」プロジェクトを始動 [&he・・・

記事全文

ヤマハ発動機 新興国に向けた小型浄水装置、本格スタート

ヤマハ発動機 新興国に向けた小型浄水装置、セネガルで本格導入 (参照:三井住友建設(株) カンボジアでの上水道 [&he・・・

記事全文

未来工業と和仁農園 田んぼで使える自動止水装置を共同開発 

未来工業と和仁農園 田んぼの自動止水装置を共同開発 (参照:メタウォーター(株)の共同研究体 下水処理設備を統 [&he・・・

記事全文

サントリー 山梨県と「育水の推進等に関する連携協定」を締結

サントリーホールディングス(株) 山梨県と「育水の推進等に関する連携協定」を締結 (参照:(株)バスクリン 森 [&he・・・

記事全文

産総研 地下水情報が目で見てわかる地図「水文環境図」を更新

産総研 地下水情報が可視化された地図「水文環境図」を更新しWEBで公開 (参照:日大工学部 水田が持つ貯水機能 [&he・・・

記事全文

埼玉県 海のマイクロプラスチック問題を受け川の調査へ

埼玉県 海のマイクロプラスチック問題を受け、川のプラごみ調査を開始 (参照:美祢市 名水育ちの養殖ニジマス「ま [&he・・・

記事全文

鳥繁産業 大分県立看護科学大と共同で医療用除菌水の商品化を目指す

大分県産学共同で医療用除菌水の商品化を目指す (参照:メタウォーター(株)の共同研究体 下水処理設備を統合制御 [&he・・・

記事全文

JR前橋駅 自然環境に優しい駅「エコステ」モデル駅に

JR前橋駅 水をテーマとした自然環境に優しい駅「エコステ」モデル駅へ (参照:美祢市 名水育ちの養殖ニジマス「 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR