水道設備、電気、ガス…サイバー攻撃に日本が狙われている

[ 2013/09/05 ]


8月29日、トレンドマイクロが重要な社会インフラを脅かすサイバー攻撃について調査・分析したレポート「産業制御システムへのサイバー攻撃実態調査レポート」を公開した。今回でこの調査は第二弾となる。
(参照:グローバルインフォメーション、米国の水処理装置市場報告書発売へ)

Image by misawakatsutoshi

トレンドマイクロが産業インフラ、つまり水道や電気・ガスなどを供給する設備などを司るシステムを混乱に陥れることを目的としたサイバー攻撃を意識し、実態を暴く為に活動を開始したのは2012年。今回は2013年3月から3カ月の期間、水道設備のシステムに似せた調査用おとりシステムを使って追加調査を実施した。日本を含む8カ国12か所に置かれたおとりを監視することで、攻撃の傾向を掴むのが目的だったが、今回はさらに細かな特性を知る事もできたという。

わかったことは、侵入してきたコンピュータがどこにあるかということ。発信元は16カ国判明したが中でもロシアが43件と最多であり、次いで中国(7件)、ドイツ(5件)となっている。そして、そのシステムの情報を分析したところ、74件見つかった攻撃のうち10件は危険度が高く、攻撃を受けた国の産業インフラの正常稼働を妨げるとされた。とりわけ日本を対象にした攻撃は綿密に標的を検索し情報収集を行なった上での攻撃であり、ポンプ圧や水温設定など細かな点から徐々に混乱させていずれシステムの大元に被害を与えるという極めて危険なものである。

危険度の高い攻撃は中国、パレスチナ自治区、ドイツ、イギリス、フランスなど世界各地から発信されている。これに対し攻撃を受けた国は最多がロシアで66件。次いで中国(6件)、日本とアイルランド(1件)となっている。


関連する記事

アーカイブス

三峰川総合開発工事事務所 美和ダム「再開発ストックヤード見学会」を実施

三峰川総合開発工事事務所 美和ダム再開発ストックヤード見学会、堆砂対策施設公開 (参照:(株)日立製作所 ダム放流計画の・・・

記事全文

東京大学ほか 海中ロボットによる海氷裏面の全自動計測に成功

東京大学ほか 自立型海中開発 海氷裏面の全自動計測に成功 南極海への調査に (参照:理研 水表面における「フェノール」の・・・

記事全文

熊本 球磨川の治水対策の新ダムが「重力式」になる見通し

熊本 球磨川の治水対策の新ダムが「重力式」になる見通し 「アーチ式」から変更か (参照:長野県 千曲川の治水対策として川・・・

記事全文

(株)ビッグカメラ 宅配水事業へ参入発表 2022年稼働を目指す

(株)ビッグカメラ 富士山地下水で宅配水事業へ参入発表 2022年稼働を目指す (参照:星野リゾート 「星のや 竹富島」・・・

記事全文

長野県 千曲川の治水対策として川幅拡張に着手 2027年度プロジェクト完成を目指す

長野県 千曲川緊急治水対策、川幅拡張に着手 2027年度プロジェクト完成を目指す (参照:ALSOK 相模川でドローンを・・・

記事全文

(株)らしゅえっと 高機能酸化水使用のマウスウォッシュを発売

(株)らしゅえっと 合成添加物不使用の高機能酸化水使用のマウスウォッシュを発売 (参照:アイリスオーヤマ(株) 飲料水事・・・

記事全文

理研 水表面における「フェノール」の光化学反応の直接観察に成功

理研 水表面における「フェノール」の光化学反応の直接観察に成功 5万倍の速さ (参照:株)日本トリム 電解水素水の飲用が・・・

記事全文

ALSOK 相模川でドローンを使った実証実験 AI判定や河川維持管理など

ALSOK 相模川でドローンを使った河川維持管理の実証実験 災害時の巡視や環境変化の解析など (参照:東京大学やNECネ・・・

記事全文

奈良文化財研究所 世界遺産「平城京跡」で大型の排水施設の出土を発表

奈良文化財研究所 世界遺産「平城京跡」東方官衙地区 大型の排水施設が出土 (参照:北海道大学 幻の魚「イトウ」の生息場所・・・

記事全文

アイリスオーヤマ 人気商品「リンサークリーナー」の新型を発売 水の連続噴射が可能に

アイリスオーヤマ(株) 新型リンサークリーナー発売 水の連続噴射が可能に (参照:株式会社Gloture スマホで管理で・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR