水道設備、電気、ガス…サイバー攻撃に日本が狙われている

[ 2013/09/05 ]


8月29日、トレンドマイクロが重要な社会インフラを脅かすサイバー攻撃について調査・分析したレポート「産業制御システムへのサイバー攻撃実態調査レポート」を公開した。今回でこの調査は第二弾となる。
(参照:グローバルインフォメーション、米国の水処理装置市場報告書発売へ)

Image by misawakatsutoshi

トレンドマイクロが産業インフラ、つまり水道や電気・ガスなどを供給する設備などを司るシステムを混乱に陥れることを目的としたサイバー攻撃を意識し、実態を暴く為に活動を開始したのは2012年。今回は2013年3月から3カ月の期間、水道設備のシステムに似せた調査用おとりシステムを使って追加調査を実施した。日本を含む8カ国12か所に置かれたおとりを監視することで、攻撃の傾向を掴むのが目的だったが、今回はさらに細かな特性を知る事もできたという。

わかったことは、侵入してきたコンピュータがどこにあるかということ。発信元は16カ国判明したが中でもロシアが43件と最多であり、次いで中国(7件)、ドイツ(5件)となっている。そして、そのシステムの情報を分析したところ、74件見つかった攻撃のうち10件は危険度が高く、攻撃を受けた国の産業インフラの正常稼働を妨げるとされた。とりわけ日本を対象にした攻撃は綿密に標的を検索し情報収集を行なった上での攻撃であり、ポンプ圧や水温設定など細かな点から徐々に混乱させていずれシステムの大元に被害を与えるという極めて危険なものである。

危険度の高い攻撃は中国、パレスチナ自治区、ドイツ、イギリス、フランスなど世界各地から発信されている。これに対し攻撃を受けた国は最多がロシアで66件。次いで中国(6件)、日本とアイルランド(1件)となっている。


関連する記事

アーカイブス

(株) P.G.C.D. ジャパン 「水」画像または動画の投稿で浄水剤を寄付

(株) P.G.C.D. ジャパン 3月22日『世界水の日』にちなみ水画像の投稿で浄水剤の寄付 (参照:ナイキ [&he・・・

記事全文

大成建設 複数の汚染物質を同時に分解する分解菌「N23株」を開発 世界初

大成建設 地下水の複数の汚染物質を同時に分解する「N23株」を開発  (参照:名古屋大学、九州大学 1滴の水滴 [&he・・・

記事全文

鳥羽水族館 ジュゴンの生息を水中DNA「PCRプライマーセット」で調査

鳥羽水族館 水中のDNAからジュゴンの生息を確認できる調査法を開発 (参照:河川環境楽園オアシスパーク 水中探 [&he・・・

記事全文

中国 メコン川流域淡水魚水族館「メコン川水底世界」オープン 

中国 中国国内初メコン川流域の淡水魚水族館「メコン川水底世界」オープン  (参照:河川環境楽園オアシスパーク  [&he・・・

記事全文

大阪市大正区 川と一体化した複合商業施設「タグボート大正」オープン

大阪市大正区 河川敷に川と一体化した複合商業施設「タグボート大正」をオープン (参照:大阪水上バス アクアライ [&he・・・

記事全文

ヤンマー(株) 新しいマリンアクティビティ「Wheeebo(ウィーボ)」のサービスを開始

ヤンマー(株) マリンアクティビティ「Wheeebo(ウィーボ)」ハワイでサービス開始 (参照:河川環境楽園オ [&he・・・

記事全文

国土交通省 ダムの新たな洪水対策及び 発電容量の付け替え制度作りへ着手

国土交通省 洪水対策のダム容量減量時に発電容量の付け替えができる仕組み作りへ (参照: 国土交通省 内水氾濫の [&he・・・

記事全文

名古屋大学、九州大学 1滴の水滴で5ボルト以上の電気を生む素子開発

名古屋大学と九州大学の教授グループ 1滴の水滴で5ボルト以上発電する素子開発 (参照:神戸学院大学とブルボン  [&he・・・

記事全文

山形県南陽市 ふるさと納税で消滅危機の「白竜湖」復活を目指す

山形県南陽市 消滅危機の「白竜湖」復活の資金をふるさと納税で募集 (参照:長野県 諏訪湖の水質調査にIoTを活 [&he・・・

記事全文

2019年度「かわまち大賞」に新潟市の「信濃川やすらぎ堤」ほか

2019年度 かわまち大賞決まる 新潟市「信濃川やすらぎ堤かわまちづくり」ほか (参照:宮崎 大淀川右岸地区管 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR