9月1日の「防災の日」の時期に合わせ、岩手の保健所での津波対応マニュアルを公開

[ 2013/09/09 ]


9月1日の防災の日に時期を合わせ、家庭での防災にも役立つポイントがあるとして東日本大震災津波 岩手県保育所避難状況記録」が日本ユニセフ協会のホームページから閲覧できるようになっている。これは同協会と、岩手県が共同でまとめたものだ。(参照:滋賀県 災害時、パニックにならぬよう4つの市で給水訓練

Image from 日本ユニセフ協会

防災ずきんが防寒具としても役立ったり、手指の消毒液やウェットティッシュが避難所では活躍したり…こういった実用に基づいた経験はだれしもが持っている訳ではない。防災について考えてみても、なんとなく乾パンや水を備蓄して終わりという状況は珍しくはない事と思われる。しかし、実際災害に見舞われたときに重要書類をどうするかといったことや、避難所の衛生環境まで頭がまわるかどうか分からない。実際に被害に遭った人達がどのようにして危機的状況を過ごしていたかを知ることは、まだ災害に直面していない人達にとって大いに有益である。

この考えに基づき、東日本大震災で岩手県内の保健所にいた子供たちの状況記録を一冊にまとめ公開に至った。同県の保健所(許可保健所)は353か所あり、子供だけで約2万人の対応に追われた。しかし、職員や子供から犠牲者を出さずに預かった子供を無事に親に送り届けたという実績がある。

状況をまとめる際に行なった調査では、同県の保健所の7割が防災マニュアルを整備していることが分かった。また、保護者との連絡方法や地域との連携をどうとるかなどについても日ごろから細かく取り決めが行なわれていたことも被害状況時に役立っている。子供の体力に合わせた避難経路の選択など、その場にいあわせなければ想像もつかないようなことまで言及されており非常に役立つマニュアルとされている。

日本ユニセフ協会HP内、「東日本大震災津波 岩手県保育所避難状況記録」


関連する記事

アーカイブス

株式会社クボタ、次世代の水道管を開発

パイプメーカーの株式会社クボタが新耐震管のGENEX管を開発した。 (参照:和歌山市、水道水の濁りで3万5千世 [&he・・・

記事全文

自然環境を破壊しない水力発電、「Cappa」

茨城製作所が開発した新しい水力発電「Cappa」 (参照:ライオン、排水リサイクルシステムを開発、自社の千葉工 [&he・・・

記事全文

ウォータージェン、空気から飲料水出来る装置の開発。

イスラエルの企業、ウォータージェンが空気から飲料水を作る装置を開発。 (参照:太陽光発電で空気から飲料水を作り [&he・・・

記事全文

和歌山市、水道水の濁りで3万5千世帯に影響

和歌山市、誤操作により水道水に濁り。3万5千世帯に影響。 (参照:霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍の [&he・・・

記事全文

福島第一原発、汚染水を巡り公聴会開催へ

福島第一原発の汚染水処理を巡り、今夏公聴会を開催することが決定 (参照:福島第一原発、台風の影響でで汚染水1万 [&he・・・

記事全文

アサヒ飲料、透明なのにカフェラテ?「アサヒクリアラテ from おいしい水」を新発売

アサヒ飲料、低カロリー・カフェインゼロ・脂肪ゼロのカフェラテ「アサヒ クリアラテ from おいしい水」を新発 [&he・・・

記事全文

成分は100%水の家庭用洗剤。「ウォータークリーナー」

成分が100%水の家庭用エコ洗剤、「クラスアッシュ ウォータークリーナー」発売中。 (参照:花粉を水に変えるス [&he・・・

記事全文

月に大量の氷か。月の隕石からその痕跡を発見。

東北大、月の隕石から月に大量の氷がある可能性を発見。 (参照:ブラジル、ブラジリアで第8回世界水フォーラム開催 [&he・・・

記事全文

霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍のヒ素検出。

霧島連山、硫黄山の噴火後、宮崎側の河川で2,4倍のヒ素検出も被害報告なし。 (参照:東京五輪、お台場会場で基準 [&he・・・

記事全文

新潟、「水と土の芸術祭」のパスポート前売り始まる

新潟で7月〜10月に開催される「水と土の芸術祭」。お得に回れるパスポート前売り発売始まる。 (参照:静岡・三島 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR