「災害の日」姫路には消防団や災害派遣医療チームらが駆けつけ大規模な実演も

[ 2013/09/12 ]


9月1日、兵庫県姫路市夢前町にて2500名が参加する大規模な合同防災訓練が行なわれた。これはこの地域の下を走っている山崎断層帯で地震が発生した事を想定して行なわれたもの。この断層帯は岡山県の東から兵庫県の南にかけて走っている。(参照:9月1日の「防災の日」の時期に合わせ、岩手の保健所での津波対応マニュアルを公開

Image by ysishikawa

今回のポイントは、地震や水害・火災など全てのケースにおいて車や家に閉じ込められた人々にどう対応するかという点。この日メイン会場となった夢前スポーツセンターでは、県警や陸上自衛隊、日本郵便近畿支社(大阪市)の配達員、赤穂市や加古川市などの消防本部の隊員など播磨地域の21市町、113機関2500名が集まった。この地域では同協議会が昨年の8月に発足されており、災害時に互いに協力し合いかけつける連携体制をとっている。

訓練は午前9時30分に市内で震度7の揺れが観測されたという前提で開始された。まず県警と陸上自衛隊、日本郵便の配達員らがバイクで土砂崩れ現場を巡って情報収集するところからスタート。そして、土砂の撤去やがれきの下などに埋まった人をどう助けるかというシミュレーションを行なった。消防本部の隊員らが車の屋根を油圧カッターで切断して負傷者を救助したり、倒壊家屋の屋根や壁を壊して救助したりする段取りを確認。さらに、災害派遣医療チームの医師らと声掛けをし合いながらスムーズに担架で運ぶ場面も。

参加した看護学校の学生らは、災害派遣医療チームの医師が迅速に診断を行ない治療の順番を決める「トリアージ」を見学。また、民家から出火して林まで燃え広がったとの想定で水をくみ上げ運ぶ火災訓練も行なう予定だったが、この日は雨が激しかったため中止となった。


関連する記事

アーカイブス

長崎大と粕谷製網 リアルタイムで養殖いけす内を監視する装置を開発

長崎大と粕谷製網 水中の養殖いけすを監視する「マルチセンサプラットフォーム」を開発 (参照:北海道大学 幻の魚「イトウ」・・・

記事全文

「ミズコム」による調査 新型コロナウイルスの影響でウォーターサーバーの需要増

「ミズコム」による調査 新型コロナウイルス影響か ウォーターサーバー導入検討増 (参照:(株)フォレストホームサービス ・・・

記事全文

経済産業省 「水上設置遊具の安全に関するガイドライン」を策定 関係事業者へ注意喚起

経済産業省 「水上設置遊具の安全に関するガイドライン」策定 としまえんの事故を受け (参照:インタービジネスブリッジ 「・・・

記事全文

ビーテック(株) オリジナルラベルの炭酸水が作れる「オリジナル炭酸水」発売

ビーテック(株) スマホ入力でオリジナルラベルが作れる「オリジナル炭酸水」発売 (参考:AQUA JACKET(株) 社・・・

記事全文

(株)日立製作所 ダム放流計画の自動作成技術を開発、放流計画を支援へ

(株)日立製作所 ダム放流計画の自動作成を開発、放流計画を支援へ (参照:南房総市 ダム渇水のため、断水で売上が減少した・・・

記事全文

JR東日本スタートアップ トンネル湧水を活用した「鉄道わさび」栽培実験へ

JR東日本スタートアップ トンネル湧水でわさびの栽培実験 グリーンインパクトと (参照:アサヒ 工場排水からのバイオガス・・・

記事全文

国土交通省 海における次世代モビリティに関する産学官協議会立ち上げ 本格化へ

国土交通省 海のドローン産業を本格化へ 2021年には実証実験も視野に (参照:(株)セキド 水中スクーター「SUBLU・・・

記事全文

北海道大学 幻の魚「イトウ」の生息場所を水中DNA解析で推定

北海道大学 幻の魚「イトウ」の生息域を最新技術ではじめて解明 環境DNAで (参照:環境省 瀬戸内海の「栄養塩」の濃度が・・・

記事全文

天王洲の運河に浮かぶ水上ホテル「PETALS TOKYO(ペタルストーキョー)」がオープン

水上ホテル「PETALS TOKYO(ペタルストーキョー)」がオープン 東京・天王洲 (参照:(株)星野リゾート 「星の・・・

記事全文

(株)Gloture 自動で水やりしてくれるスマート水耕栽培プランターを販売へ

(株)Gloture スマート水耕栽培プランター「Botanium」販売 自社ECサイトで (参考:(株)竹中工務店ら ・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR