国が信州大学の水研究を支援

[ 2013/11/20 ]


国立大学法人信州大学は、民間企業などとともに取り組んでいる造水および水循環システムの研究開発が、文部科学省などによる「革新的イノベーション創出プログラム」に採択され、国の支援を受けることになったと、2013年11月7日、大学キャンパス内で記者会見を開いて発表した。
(参照:旭化成水環保基金 北京市で「水環保シリーズ表彰活動2012表彰式」開催置

長野県公式ホームページ

Image from 長野県公式ホームページ

これにより年間最大10億円の研究開発費と、1億円の運営費最長9年間受け取れるようになる。

開発中のプロジェクトは、海水や地下水などから低コストで飲料水を作り出す技術を開発し、世界に後れをとる日本が水ビジネスに進出できるようにすることを目的としている。実際に実現できれば、日本の問題だけでなく、世界的な水不足解消に向けての大きな足がかりになる。

具体的には、同大学工学部が研究開発した炭素繊維を素材に、水プラント事業を手がける株式会社日立製作所インフラシステム社と、水処理膜や炭素素材を製造する東レ株式会社昭和電工株式会社が、長野県とも連携して丈夫な分離膜を開発することを目指している。

アジアやアフリカ地域を中心に人口が増加し、都市化が進んだことで、水不足は世界的な課題になっている。その中で有力な解決策となっているのが海水の淡水化だ。現在この技術ではフランスやスペインといった欧州の先進国が一歩抜きん出ているが、消費電力の多さという問題は解決できていない。

日本の技術が世界の問題を解決することに、期待がかかっている。


関連する記事

アーカイブス

ウォータージェン、空気から飲料水出来る装置の開発。

イスラエルの企業、ウォータージェンが空気から飲料水を作る装置を開発。 (参照:太陽光発電で空気から飲料水を作り [&he・・・

記事全文

和歌山市、水道水の濁りで3万5千世帯に影響

和歌山市、誤操作により水道水に濁り。3万5千世帯に影響。 (参照:霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍の [&he・・・

記事全文

福島第一原発、汚染水を巡り公聴会開催へ

福島第一原発の汚染水処理を巡り、今夏公聴会を開催することが決定 (参照:福島第一原発、台風の影響でで汚染水1万 [&he・・・

記事全文

アサヒ飲料、透明なのにカフェラテ?「アサヒクリアラテ from おいしい水」を新発売

アサヒ飲料、低カロリー・カフェインゼロ・脂肪ゼロのカフェラテ「アサヒ クリアラテ from おいしい水」を新発 [&he・・・

記事全文

成分は100%水の家庭用洗剤。「ウォータークリーナー」

成分が100%水の家庭用エコ洗剤、「クラスアッシュ ウォータークリーナー」発売中。 (参照:花粉を水に変えるス [&he・・・

記事全文

月に大量の氷か。月の隕石からその痕跡を発見。

東北大、月の隕石から月に大量の氷がある可能性を発見。 (参照:ブラジル、ブラジリアで第8回世界水フォーラム開催 [&he・・・

記事全文

霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍のヒ素検出。

霧島連山、硫黄山の噴火後、宮崎側の河川で2,4倍のヒ素検出も被害報告なし。 (参照:東京五輪、お台場会場で基準 [&he・・・

記事全文

新潟、「水と土の芸術祭」のパスポート前売り始まる

新潟で7月〜10月に開催される「水と土の芸術祭」。お得に回れるパスポート前売り発売始まる。 (参照:静岡・三島 [&he・・・

記事全文

アサヒ飲料、「ラベルレス」ミネラルウォーター発売。環境負荷軽減。

アサヒ飲料、商品にロールラベルをつけない(ラベルレス商品)「アサヒおいしい水 天然水 ラベルレスボトル」を発売 [&he・・・

記事全文

日東電工、滋賀事務所において今後5年以内に、「循環型グリーン工場」を目指す

日東電工、滋賀事務所において自社逆浸透膜技術を活用し、今後5年以内に「循環型グリーン工場」を目指す (参照:ラ [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR