国が信州大学の水研究を支援

[ 2013/11/20 ]


国立大学法人信州大学は、民間企業などとともに取り組んでいる造水および水循環システムの研究開発が、文部科学省などによる「革新的イノベーション創出プログラム」に採択され、国の支援を受けることになったと、2013年11月7日、大学キャンパス内で記者会見を開いて発表した。
(参照:旭化成水環保基金 北京市で「水環保シリーズ表彰活動2012表彰式」開催置

長野県公式ホームページ

Image from 長野県公式ホームページ

これにより年間最大10億円の研究開発費と、1億円の運営費最長9年間受け取れるようになる。

開発中のプロジェクトは、海水や地下水などから低コストで飲料水を作り出す技術を開発し、世界に後れをとる日本が水ビジネスに進出できるようにすることを目的としている。実際に実現できれば、日本の問題だけでなく、世界的な水不足解消に向けての大きな足がかりになる。

具体的には、同大学工学部が研究開発した炭素繊維を素材に、水プラント事業を手がける株式会社日立製作所インフラシステム社と、水処理膜や炭素素材を製造する東レ株式会社昭和電工株式会社が、長野県とも連携して丈夫な分離膜を開発することを目指している。

アジアやアフリカ地域を中心に人口が増加し、都市化が進んだことで、水不足は世界的な課題になっている。その中で有力な解決策となっているのが海水の淡水化だ。現在この技術ではフランスやスペインといった欧州の先進国が一歩抜きん出ているが、消費電力の多さという問題は解決できていない。

日本の技術が世界の問題を解決することに、期待がかかっている。


関連する記事

アーカイブス

(株)サーフレジェンド 海専門の気象情報サービスにリアルタイム風予報を追加

(株)サーフレジェンド 海の気象情報「マリンウェザー海快晴」に風の新機能追加[ 2021/06/19 ]

記事全文

Apple社 水辺や水中での動作モードの自動切り替えで米特許を取得

Apple社 水辺や水中で動作モードを自動切り替えするスマホ 特許を取得 [ 2021/06/17 ]

記事全文

「From AQUA」 業務用商品「From AQUA リターナブル瓶」2021年4月発売開始

「From AQUA」 「From AQUA リターナブル瓶」発売開始 ホテルや飲食店向け[ 2021/06/14 ]

記事全文

豊かで清らかな「水」でつながる「にっぽんのKIREI」展開催 6月22日~7月7日まで 

豊かで清らかな「水」でつながる「にっぽんのKIREI」展開催 東京都昭島市にて[ 2021/06/12 ]

記事全文

滋賀 大戸川ダム建設凍結解除へ 6府県すべてが容認

滋賀 大戸川ダム建設凍結解除へ 6府県すべてが容認 治水効果の検証必須[ 2021/06/10 ]

記事全文

(株)クラダシ 長野県松本市の備蓄用飲料水を仲介しフードバンク団体へ寄付 

(株)クラダシ 長野県松本市の備蓄用飲料水を福島県のフードバンク団体へ寄付[ 2021/06/08 ]

記事全文

(株)商船三井ら3社 新造木材チップ船1隻にマイクロプラスチック回収装置を搭載

(株)商船三井ら3社 新造木材チップ船にマイクロプラスチック回収装置搭載 5隻目[ 2021/06/01 ]

記事全文

サントリーホールディングス(株) 水育「出張授業」オンラインでも 参加校募集始まる

サントリーホールディングス(株) 「出張授業」参加校募集始まる オンライン授業導入[ 2021/05/30 ]

記事全文

アンヴァール(株) 海水由来の水酸化マグネシウムの量産に向けた体制を強化へ

アンヴァール(株) 海水を利用した水酸化マグネシウムを量産へ 2021年度内に構築[ 2021/05/26 ]

記事全文

Refill Japan「Refill Japan給水スポット大賞2020」受賞団体決定 大賞は生駒市

Refill Japan「Refill Japan給水スポット大賞2020」受賞団体決定 生駒市が大賞を受賞 (参照:西・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR