北九州市、ミャンマーのマンダレー市と技術協力事業推進へ

[ 2013/11/25 ]


11月8日、福岡県北九州市は、ミャンマー第二の大都市であるマンダレー市の水道水を水質向上させる目的で、技術協力事業を進めると発表した。
(参照:北九州市上下水道局の協力で「カンボジア日本水道セミナー」開催さる

北九州市
image from 北九州市

すでに、国内では首都圏の複数の自治体が、アジア圏の国を対象に水ビジネスを展開する兆しを見せている。北九州市は、これを機に上下水道技術を輸出する足がかりを作りたいと意欲を見せた。

北九州市が、海外の水ビジネス展開の足がかりとなる地を探していたのは、2012年3月のこと。今回、検討していたミャンマー三都市の中から、マンダレー市の要望を受けて事業が実現した。本事業は国際協力機構(JICA)が実施する「草の根技術協力事業」の一環として、費用全額6,000万円をJICAが負担する。

マンダレー市は人口106万人で、浄水場が2カ所設置されているが、いずれも塩素注入装置が備わっていないか機能していない状態に陥っているという。塩素消毒されていない水道水が供給されているのは不衛生であるため、北九州市が必要設備の整備にあたる。その間、マンダレー市からも職員が派遣され研修が進められる。また、職員が直接赴き、現地で研修をすることもある。


関連する記事

アーカイブス

レッドブル 「レッドブル・ ベースメント2020」英学生の節水型洗濯が最優秀賞を受賞

レッドブル 「レッドブル・ ベースメント2020」受賞作品決定 英学生の節水型洗濯 (参照:(株)フォレストホームサービ・・・

記事全文

株)日本トリム 電解水素水の飲用がストレス耐性を強化 研究発表へ

(株)日本トリム 電解水素水の飲用がストレス耐性を強化 理化学研究所との研究発表 (参照:(株)フォレストホームサービス・・・

記事全文

長崎大と粕谷製網 リアルタイムで養殖いけす内を監視する装置を開発

長崎大と粕谷製網 水中の養殖いけすを監視する「マルチセンサプラットフォーム」を開発 (参照:北海道大学 幻の魚「イトウ」・・・

記事全文

「ミズコム」による調査 新型コロナウイルスの影響でウォーターサーバーの需要増

「ミズコム」による調査 新型コロナウイルス影響か ウォーターサーバー導入検討増 (参照:(株)フォレストホームサービス ・・・

記事全文

経済産業省 「水上設置遊具の安全に関するガイドライン」を策定 関係事業者へ注意喚起

経済産業省 「水上設置遊具の安全に関するガイドライン」策定 としまえんの事故を受け (参照:インタービジネスブリッジ 「・・・

記事全文

ビーテック(株) オリジナルラベルの炭酸水が作れる「オリジナル炭酸水」発売

ビーテック(株) スマホ入力でオリジナルラベルが作れる「オリジナル炭酸水」発売 (参考:AQUA JACKET(株) 社・・・

記事全文

(株)日立製作所 ダム放流計画の自動作成技術を開発、放流計画を支援へ

(株)日立製作所 ダム放流計画の自動作成を開発、放流計画を支援へ (参照:南房総市 ダム渇水のため、断水で売上が減少した・・・

記事全文

JR東日本スタートアップ トンネル湧水を活用した「鉄道わさび」栽培実験へ

JR東日本スタートアップ トンネル湧水でわさびの栽培実験 グリーンインパクトと (参照:アサヒ 工場排水からのバイオガス・・・

記事全文

国土交通省 海における次世代モビリティに関する産学官協議会立ち上げ 本格化へ

国土交通省 海のドローン産業を本格化へ 2021年には実証実験も視野に (参照:(株)セキド 水中スクーター「SUBLU・・・

記事全文

北海道大学 幻の魚「イトウ」の生息場所を水中DNA解析で推定

北海道大学 幻の魚「イトウ」の生息域を最新技術ではじめて解明 環境DNAで (参照:環境省 瀬戸内海の「栄養塩」の濃度が・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR