ごみ焼却場、敷地の地下水から基準値の320倍のダイオキシンが検出 東大阪市水走

[ 2010/08/07 ]


東大阪市水走のごみ焼却場敷地の地下水から基準値の320倍のダイオキシンが検出されていたことがわかった。このごみ焼却場は、東大阪市大東市が共同で設立した「東大阪都市清掃施設組合」が運営している。「健康や環境に影響はない」として、汚染データを公表しなかった。


東大阪市の関係者によると昨年12月~今年2月にグラウンドを含む敷地内の13カ所で地下1~10メートルの土壌を調べたところ、1カ所で環境基準の3・5倍にあたるダイオキシンを検出。続いて、今年6月、ごみ焼却場の敷地内にあるグラウンドの地下水を調査。その結果、地下水から基準値の320倍にのぼるダイオキシンが検出されたということだ。

7月に、再調査が行なわれたが、敷地外への流出は確認されていないということだ。しかし、市民に開放していた隣接したグラウンドの土壌からも基準値を超えるダイオキシンが検出されている。東大阪都市清掃施設組合側は「数字だけ出すと不安を与える。安全対策で一定の方向性が見えてから公表したかった」と釈明。対応に問題はなかったとの見解を示した。一方で、半年間市民に開放していたグラウンドを8月7日に、使用禁止にしたと発表した。東大阪都市清掃施設組合では今後、有識者による委員会をつくり、汚染土壌や地下水への対応を検討する方針だ。


関連する記事

アーカイブス

ユニチカ コンクリートを高品質化させる湿潤養生シート開発

ユニチカ コンクリートを高品質化させる湿潤養生シート『アクアパック』開発 (参照:島津製作所 水中でも使用可能 [&he・・・

記事全文

皇太子さまの水問題に関する研究の書籍 初販売へ

皇太子さまの水問題に関する研究の書籍 4月に初販売へ (参照:龍谷大学講師 生息する魚を推定する新技術「環境D [&he・・・

記事全文

ウェルシィと三菱ケミカルアクア・ソリューションズ合併、新会社の社名発表

ウェルシィと三菱ケミカルアクア・ソリューションズ合併、新社名は「三菱ケミカルアクア・ソリューションズ」 (参照 [&he・・・

記事全文

岩手県 平成30年度水と緑を守り育てる知事感謝状 2団体に

岩手県 平成30年度水と緑を守り育てる知事感謝状 2団体に授与 (参照:熊本市 第4回「アジア・太平洋水サミッ [&he・・・

記事全文

マクセル 蛇口直結型オゾン水生成器を発売

マクセル 蛇口直結型オゾン水生成器「オゾネオアクア ウォーターミックス」を発売 (参照:Watergen US [&he・・・

記事全文

株式会社アプリックス 水処理システムをIoT化するプラットフォームサービス国内提供開始

株式会社アプリックス 水処理システムをIoT化する「HARPS」を国内提供開始 (参照:島津製作所 水中でも使 [&he・・・

記事全文

株式会社AQUA JACKET 「捨てさせない」デザイン力のミネラルウォーターを販売開始

株式会社AQUA JACKET 「捨てさせない」というECOから考えたミネラルウォーターの販売開始 (参照:全 [&he・・・

記事全文

龍谷大学講師 生息する魚を推定する新技術「環境DNA」の開発、普及に取り組む

龍谷大学山中裕樹講師 生息する魚を水から推定する新技術「環境DNA」の開発、普及に取り組む (参照:日大工学部 [&he・・・

記事全文

サントリー食品インターナショナル(株) 「CDPウォーターAリスト企業」に選定

サントリー食品インターナショナル(株) 「CDPウォーター Aリスト企業」に3年連続で選定される (参照:コカ [&he・・・

記事全文

熊本市 第4回「アジア・太平洋水サミット」の開催地に決定

熊本市 第4回「アジア・太平洋水サミット」の開催地決定を発表 (参照:IWA世界会議が東京で開催される。)

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR