ゲリラ豪雨、地下街・駐車場に対する地下浸水に素早く対応できるゴム製止水堰(せき)開発

[ 2010/08/10 ]


工業用ゴム製品の開発を手がける木下工業は、ゲリラ豪雨などによる地下街・駐車場に対する地下浸水に素早く対応できるゴム製止水堰(せき)を開発。販売に乗り出した。土嚢(どのう)に比べて止水効果が高く短時間で設置できるほか、大型の止水扉よりも安価という。

止水堰はゴム袋状。通常はしぼんだ状態で地下出入り口の溝(深さ約10センチ)に収納し、金属製のふたをかぶせておく。簡易式の窒素ボンベで膨らませる と、せきとなる仕組みだ。一緒に金属製のふたも押し上げるため、ゴム袋の直径の2倍程度の高さの水流をせき止められるという。

標準タイプの直径60センチ、長さ4メートルの止水せきの場合、人力で窒素ボンベの栓を開くと約1分で膨らむ。大型の機械や電気を使わないため、突発的な豪雨で電気系統などが切断されても簡単に設置できるのが特徴だ。

地下への浸水を防ぐには、土嚢を積み上げる昔ながらの対策が取られてきた。金属製の大型扉で出入り口をふさぐシステムも普及しつつあるが、出入り口幅1 メートル当たりの大型扉の単価が約150万円もかかるのに対し、同社の新製品は80万円程度とほぼ半額に抑えられるという。

木下工業はこれま で西日本を中心に河川用のゴムせきを300基以上設置。近年のゲリラ豪雨では人命が失われる被害も発生しており、地下街などでの地下浸水にも転用すること にした。主に地下街や地下鉄の出入り口、高級マンションの地下駐車場出入り口などを対象に今年度中に20~30基の販売を目指す。



関連する記事

アーカイブス

道立総合研究機構工業試験場 地下水からの採熱実証試験を本格スタート

道立総合研究機構工業試験場と当別町 地下水からの採熱実証試験を開始、地下熱の普及を目指す (参照:日立 10月 [&he・・・

記事全文

アスクル(株) 「LOHACO Water」が2019年度グッドデザイン賞を受賞

アスクル(株) オリジナル天然水「LOHACO Water」が2019年度グッドデザイン賞を受賞 (参照:(株 [&he・・・

記事全文

首都圏外郭放水路が台風19号による氾濫対策に貢献

東京「地下神殿」 台風19号による河川の氾濫対策に貢献 (参照:インド 大雨や洪水の対策に日本の首都圏外郭放水 [&he・・・

記事全文

神戸学院大学とブルボン 「ひょうごBOSAI天然水」共同開発、商品化へ

神戸学院大学とブルボン 兵庫県の協力を得て「ひょうごBOSAI天然水」共同開発、商品化へ (参照:福光屋 日本 [&he・・・

記事全文

河川環境楽園オアシスパーク 水中探検「水中ドローンアドベンチャー」をスタート

河川環境楽園オアシスパーク 水中の魚が見られる「水中ドローンアドベンチャー」をスタート (参照:(株)チック  [&he・・・

記事全文

葉山町 町管理施設でペット飲料販売廃止 ウォーターサーバー設置へ

神奈川県葉山町 町管理施設でペットボトル飲料販売廃止 ウォーターサーバー設置 (参照:ヒルトン名古屋 マイボト [&he・・・

記事全文

宮崎 大淀川右岸地区管理体制整備推進協議会「水の恵みカード」発行

宮崎 大淀川右岸地区管理体制整備推進協議会 天神ダムの「水の恵みカード」発行 (参照:国土交通省琵琶湖河川事務 [&he・・・

記事全文

(株)プリンスホテル 「南魚沼のおいしい湧き水」を使ったオリジナル日本酒「あさぎ」を発売

(株)プリンスホテル 「南魚沼のおいしい湧き水」を仕込み水に使った日本酒「あさぎ」を発売へ (参照: 福光屋  [&he・・・

記事全文

(株)日本トリム 整水器業界初 健康セミナー体験ARアプリをリリース

(株)日本トリム 整水器業界初 健康セミナー体験ARアプリ「日本トリム」をリリース (参照:日立 10月に高硬 [&he・・・

記事全文

インド 大雨や洪水の対策に日本の首都圏外郭放水路の導入を検討

インド・ムンバイ市 大雨や洪水等災害対策に日本の首都圏外郭放水路の導入を検討 (参照:三井住友建設(株) カン [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR