ゲリラ豪雨、地下街・駐車場に対する地下浸水に素早く対応できるゴム製止水堰(せき)開発

[ 2010/08/10 ]


工業用ゴム製品の開発を手がける木下工業は、ゲリラ豪雨などによる地下街・駐車場に対する地下浸水に素早く対応できるゴム製止水堰(せき)を開発。販売に乗り出した。土嚢(どのう)に比べて止水効果が高く短時間で設置できるほか、大型の止水扉よりも安価という。

止水堰はゴム袋状。通常はしぼんだ状態で地下出入り口の溝(深さ約10センチ)に収納し、金属製のふたをかぶせておく。簡易式の窒素ボンベで膨らませる と、せきとなる仕組みだ。一緒に金属製のふたも押し上げるため、ゴム袋の直径の2倍程度の高さの水流をせき止められるという。

標準タイプの直径60センチ、長さ4メートルの止水せきの場合、人力で窒素ボンベの栓を開くと約1分で膨らむ。大型の機械や電気を使わないため、突発的な豪雨で電気系統などが切断されても簡単に設置できるのが特徴だ。

地下への浸水を防ぐには、土嚢を積み上げる昔ながらの対策が取られてきた。金属製の大型扉で出入り口をふさぐシステムも普及しつつあるが、出入り口幅1 メートル当たりの大型扉の単価が約150万円もかかるのに対し、同社の新製品は80万円程度とほぼ半額に抑えられるという。

木下工業はこれま で西日本を中心に河川用のゴムせきを300基以上設置。近年のゲリラ豪雨では人命が失われる被害も発生しており、地下街などでの地下浸水にも転用すること にした。主に地下街や地下鉄の出入り口、高級マンションの地下駐車場出入り口などを対象に今年度中に20~30基の販売を目指す。



関連する記事

アーカイブス

株式会社日立製作所が2018年10月よりIoTを活用した上下水道事業のクラウドサービスを提供開始

株式会社日立製作所は、IoTを活用した上下水道事業を支援するクラウドサービス「O&M支援デジタルソリ [&he・・・

記事全文

IWA世界会議が東京で開催される。

国際水協会(IWA:International Water Association)東京世界会議が9月16日か [&he・・・

記事全文

アメリカ中西部穀倉地帯におけるの水源の危機

アメリカでは1970年代から中西部穀倉地帯と呼ばれている地域におけるオガララ帯水層の水位低下が指摘されている。 [&he・・・

記事全文

バーチャルウォーターを考える

今日食べた食物を作るためにどれくらいの水が使われているか考えたことはあるだろうか (参照:プラスチックごみもC [&he・・・

記事全文

日本の名水百選

日本各地にある平成の名水選を紹介する。 (参照:静岡・三島の源兵衛川が世界水遺産に登録。)[ 2018/09/10 ]

記事全文

日本水フォーラムがはじめた水検定

水に関して知識に自信のある方受けてみませんか? (参照:東京都水道局、「東京水」のデザインをリニューアル)

記事全文

水道の検診にもスマートメーター

水道スマートメーターの活用に向けて開発・研究が動き始めている。 (参照:株式会社クボタ、次世代の水道管を開発)

記事全文

荒瀬ダム国内初のダム撤去

国内初の本格的なダムの撤去となった熊本県八代市坂本町の県営荒瀬ダムの工事が終わった。 (参照:八ッ場ダム 費用 [&he・・・

記事全文

株式会社クボタ、次世代の水道管を開発

パイプメーカーの株式会社クボタが新耐震管のGENEX管を開発した。 (参照:和歌山市、水道水の濁りで3万5千世 [&he・・・

記事全文

自然環境を破壊しない水力発電、「Cappa」

茨城製作所が開発した新しい水力発電「Cappa」 (参照:ライオン、排水リサイクルシステムを開発、自社の千葉工 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR