ゲリラ豪雨、地下街・駐車場に対する地下浸水に素早く対応できるゴム製止水堰(せき)開発

[ 2010/08/10 ]


工業用ゴム製品の開発を手がける木下工業は、ゲリラ豪雨などによる地下街・駐車場に対する地下浸水に素早く対応できるゴム製止水堰(せき)を開発。販売に乗り出した。土嚢(どのう)に比べて止水効果が高く短時間で設置できるほか、大型の止水扉よりも安価という。

止水堰はゴム袋状。通常はしぼんだ状態で地下出入り口の溝(深さ約10センチ)に収納し、金属製のふたをかぶせておく。簡易式の窒素ボンベで膨らませる と、せきとなる仕組みだ。一緒に金属製のふたも押し上げるため、ゴム袋の直径の2倍程度の高さの水流をせき止められるという。

標準タイプの直径60センチ、長さ4メートルの止水せきの場合、人力で窒素ボンベの栓を開くと約1分で膨らむ。大型の機械や電気を使わないため、突発的な豪雨で電気系統などが切断されても簡単に設置できるのが特徴だ。

地下への浸水を防ぐには、土嚢を積み上げる昔ながらの対策が取られてきた。金属製の大型扉で出入り口をふさぐシステムも普及しつつあるが、出入り口幅1 メートル当たりの大型扉の単価が約150万円もかかるのに対し、同社の新製品は80万円程度とほぼ半額に抑えられるという。

木下工業はこれま で西日本を中心に河川用のゴムせきを300基以上設置。近年のゲリラ豪雨では人命が失われる被害も発生しており、地下街などでの地下浸水にも転用すること にした。主に地下街や地下鉄の出入り口、高級マンションの地下駐車場出入り口などを対象に今年度中に20~30基の販売を目指す。



関連する記事

アーカイブス

双葉地方水道企業団 福島の安全な水をPR「ふくしま木戸川の水」発売

双葉地方水道企業団 福島の安全な水をPRする「ふくしま木戸川の水」約2万本を発売 (参照:水道水を充填したペッ [&he・・・

記事全文

株式会社MTG 「SIXPAD」シリーズに水を使った新たなトレーニングアイテムを発売

株式会社MTG  「SIXPAD」シリーズに新たなトレーニングアイテム、水で身体を鍛える「SIXPAD Wat [&he・・・

記事全文

株式会社ファーストリテイリング ジーンズの加工時の水使用量を最大99%削減

「ユニクロ」の株式会社ファーストリテイリングがジーンズ加工時の水使用量を9割以上削減する技術を開発 (参照:ト [&he・・・

記事全文

高知 豪雨対策に地下に巨大貯留管を整備

高知市、豪雨対策として江ノ口地区北部の地下に大規模貯留管を整備  (参照:現代につながる江戸時代からの上水)

記事全文

デンマーク 雨水を循環させて環境に役立てながら洪水を防止する画期的な歩道塗装を採用

デンマークの首都コペンハーゲンで雨水を自然循環させながら洪水を防止する歩道塗装を採用 (参照:運河の大掃除!オ [&he・・・

記事全文

関西電力、富山県と締結。「黒部ルート」を2024年6月から一般開放へ

関西電力、富山県と「黒部ルートの一般開放・旅行商品化に関する協定」締結。2024年6月から黒部ルート一般開放へ [&he・・・

記事全文

JR東海 リニアトンネル工事に伴う大井川水系流量問題で妥協案

JR東海、リニア新幹線南アルプストンネル静岡工区の大井川水系流量問題で妥協案 (参照:現代につながる江戸時代か [&he・・・

記事全文

アサヒ飲料、小学生向け出張「水育」授業~こどもSDGsスクール~

アサヒ飲料が小学生にSDGsの観点から「水育」の出張授業を行う (参照:アサヒ飲料、透明なのにカフェラテ?「ア [&he・・・

記事全文

国土交通省「ダムを見に行こう(秋号)」発刊

国土交通省は9月、平成25年6月以降第23回目となる「ダムを見に行こう(秋号)」を発刊した。 (参照:東北整備 [&he・・・

記事全文

滋賀 茨城ほか3県で「湖沼水環境保全に関する自治体連携」設立 世界湖沼会議で

滋賀県や茨城県を含む5県で水環境保全のため「湖沼水環境保全に関する自治体連携」を設立、世界湖沼会議で発表予定 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR